So-net無料ブログ作成

「ゆれる人魚」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で健康教室の日なので、
午前中は石田医師が外来を担当し、
午後は石原が担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ゆれる人魚.jpg
ポーランドの女性監督による、
人魚姫の物語をグロテスクなロックミュージカルとして蘇生させた、
奇怪なファンタジーホラー映画を観て来ました。

東欧というのはかなり変な映画の宝庫でもあって、
身もふたもないような、
変態の極致や残酷見世物の極致のような作品も、
これまでにビデオなどで見たことがあります。

ホラーのジャンルをかすめるロックミュージカルというと、
「ロッキー・ホラー・ショー」と「ファントム・オブ・パラダイス」が有名で、
この2作のカルト的な成功の後、
その亜流の酷い映画が一時期山のように製作されました。

「ファントム・オブ・パラダイス」は、
僕のオールタイムベストの1本でとても偏愛しているので、
一時的似たような映画を大量に見たのですが、
ほぼ100パーセントがクズ映画でした。

それでも矢張り、
変態的な愛を描いたホラー色のあるロックミュージカルと聞くと、
根が大好きなのでどうしても観に行ってしまうのです。

これは1980年代のワルシャワを舞台として、
人肉を好む少女の人魚ゴールデンとシルバーの2人が、
ストリップバーのスターになるというお話で、
愛する人に捨てられると海の泡になるとか、
人間になると声が出せなくなる、
といった約束事はそのまま使われています。
人魚が2人であるということと、
登場する世界がほぼストリップバーだけ、
と言う点が特徴です。

ストリップバーのレビューシーンが、
多く盛り込まれているのですが、
その得体の知れない雰囲気が好きかどうかが、
まずこの映画の好悪を分ける点ではないかと思います。

個人的には嫌いではなく、
特に昔ポランスキーの大傑作「水の中のナイフ」で、
青年を演じていた、バーのオーナーのおじさんが、
ヘンテコな目つきでヘンテコなダンスを踊る、
というようなビジュアルにはとても惹かれます。

ただ、全体にレビューシーンはメリハリに乏しく、
曲ももっと仰々しい感じや、
もっとオドロオドロしい感じ、
もっと抒情的な大バラードなどを期待してしまうのですが、
どうも中途半端なテクノロックみたいなものが多く、
あまり乗れませんでした。

メリハリのないのは物語も一緒で、
ただ愛する男とセックスがしたいためだけに、
壮絶な下半身取り換え手術をして、
人間の下半身を手に入れた筈なのに、
結局セックスにも失敗してしまうシルバーの悲惨な愛などは、
もっと切なく盛り上がってくれても良いと思うのに、
そこに至る段取りがあまり整理されておらず、
演出も何か稚拙な感じなので、
唐突な残酷シーンの印象のみで、
終わってしまった感じがするのは非常に残念でした。

とても良いのはラストの船のクライマックスで、
泡になったシルバーに怒り狂い、
青年の喉笛を掻っ切って海に身を躍らせるゴールデンの姿は、
ホラーミュージカルという様式でこそなし得た、
壮絶な歪んだ美の表現として卓越していました。

それと、途中でゴールデンが車の中で人間を食べ、
ずるずると長い尾を引きずって水に逃れる場面は、
楳図かずおの「蛇少女」のようで、
その動きの面白さと奇怪な美に魅了されました。

ただ、こうした優れたビジュアルがある一方で、
オープニングの海から人間を襲う場面などは、
女性の悲鳴でブラックアウトするという、
非常に凡庸な演出でガッカリします。

このようなトータルなバランスの悪さが、
この作品の評価を不安定にしている主因だと思います。

そんな訳で好きな世界ではあるのですが、
悪趣味と美意識やセンスとの匙加減があまり良いとは言えず、
演出の稚拙さも目立つので、
大満足とは言えませんでした。

これは…
こうしたものがお好きな方のみに、
控え目にお薦めする感じの作品です。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 
メッセージを送る