So-net無料ブログ作成

「RAW 少女のめざめ」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が外来を担当し、
午後は石原が担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
RAW.jpg
2016年のフランス・ベルギー合作で、
フランスの新人女性監督、
ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作が、
今ロードショー公開されています。
2016年のカンヌ国際映画祭でも賞を取っているのですが、
これがとんでもない変態映画で、
ちょっと仰天しました。

R15という規制になっていますが、
R18であるべきのようにも思います。
昔俳優座劇場のレイトショーで、
深夜に1回のみ上映していたような、
そうした質感の作品ですし、
それが相応しいように思います。

それをまともな映画館で、
昼間から上映しているのですから、
それにも驚きました。

ホラーと言えなくもないのですが、
お化けみたいなものは出て来ませんし、
怖いという感じの作品ではありません。

ただ、徹底して背徳的で悪趣味で露悪的でグロテスクなので、
観ていると気分が悪くなってつらくなるという感じです。
ホラーは好きなジャンルですし、
こうした悪趣味を追求したような映画も、
結構見てはいるのですが、
その中でもかなり趣味の悪さではヘビー級の方だと思います。
意図的な模倣の部分もどうやらありそうですが、
悪趣味とエロと残酷さのみを追求した、
見世物ホラーをなぞったような感じもあります。

主人公は感受性の強い天才少女で、
奔放で背徳的な姉を慕って、
姉と同じ獣医学部に入学します。
そこが新人いじめに動物の血を頭からかけたり、
ウサギの腎臓を生のまま食べることを強要するような、
異常な上下関係のある特異な場所で、
そこで主人公の「ある異常な嗜好」が開花するのです。

オープニングの遠景の場面からして、
いきなり衝撃的な展開を見せますし、
馬に気管内挿管をしたり、
牛の摘便や犬の解剖などが、
おそらくは本物を全て使っているようで、
極めて生々しく登場します。
教職者を含めて登場人物は皆ヘビースモーカーですし、
この辺りは日本やアメリカの映画では、
今では倫理的にとても出来ない趣向です。
しかしそれはまだ序の口で、
主人公の異常な嗜好が開花する場面は、
真に衝撃的で悪趣味の極みで、
生理的な不快感を煽りますし、
その後の展開も異常さのつるべ打ちで、
悪夢のようなクライマックスの後では、
ショッキングで滑稽でもある、
絶妙な「オチ」が待っています。

こうした映画は通例、
藝術になるかクズになるかのどちらかですが、
この作品は微妙なところで、
勿論藝術ではありませんが、
クズとも言い切れないところで浮遊している感じです。
やりようによっては、
もっと藝術にも振れるところですが、
悪意に満ちた作り手は、
意図的に安っぽさを志向しているようです。

それでいて主人公の演技などは、
極めてリアルで繊細で見応えがありますし、
ラストのオチに向けて、
周到に前半から伏線が張られたりもしているので、
余計に観客はこの周到な悪ふざけのような作品を前に、
当惑するよりないのです。

とても皆さんにお勧め出来るような作品ではありませんが、
話のタネにはなるような、
衝撃作であることは間違いがありません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 
メッセージを送る