So-net無料ブログ作成

柿喰う客「俺を縛れ!」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当します。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
俺を縛れ.jpg
スタイリッシュでアングラの雰囲気もある、
柿喰う客の本公演に足を運びました。

10年前の作品の再演ということですが、
初演は観ていません。

「柿喰う客」はこれまでに、
5本くらい観ているのですが、
個人的には何かいつもとらえどころがなく、
本質的な部分で理解が出来ていない、
というような気もします。

その中では今回の作品は、
話もシンプルで分かりやすかったですし、
意図もかなりはっきりしていて、
やや長すぎる感じはしましたが、
役者さんのインパクトもまずまずでしたし、
最後までテンションと勢いが持続した、
良い芝居だったと思いました。
これまで僕が観たこの劇団の作品の中では、
最も好印象で面白く鑑賞しました。

これは一応時代劇の設定になっていて、
徳川家重の治世に、
裏切り者のキャラを将軍から押しつけられた弱小の大名が、
忠義一途でありながら幕府に反乱を起こす、
という話ですが、
最初に服部半蔵を名乗る女忍者が登場して、
登場人物は全て忍者の装束、
という不思議な趣向になっています。

小劇場で時代劇をやるというのは、
なかなか成功することが少ない試みです。

セットや小道具、衣装などが揃わないと、
それらしく見えない一方で、
予算が少ない中で中途半端にそうした準備をすると、
却って貧相に見えてしまいます。

今回の芝居では役柄に関わらずキャストは全て忍者の装束ですが、
役者さんがなかなか頑張っているので、
中段くらいになるとそれほど混乱なく物語に入れます。
それでいて最終的には、
全員が同じ衣装を着ているということが、
作品のテーマとして機能しているのです。
なかなかクレヴァーな発想だと感心しました。

ただ、今回の作品では、
劇団新感線を意識し過ぎている印象があり、
100人斬りのパロディの辺りなどは、
ちょっと気恥ずかしいような感じもありました。
後半の殺陣はもう少し別の切り口や演出があっても、
良かったのではないでしょうか?

また、アンコールがいつも特殊な演出で、
今回もシェイクスピアみたいなことを、
ややアングラチックにしてやっているのですが、
あまり必然性は感じませんでした。

ちょっと変わったセンスのお芝居で、
自意識の臭みが鼻につくようなところもあるのですが、
今回はその意図と様式とが上手くかみ合っていて、
なかなか見応えがあったと思います。

頑張って下さい。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 
メッセージを送る