So-net無料ブログ作成

「セブン・シスターズ」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日はもう1本映画の話題です。

それがこちら。
セブンシスターズ.jpg
イギリスなどの合作で、
ちょっとユニークなSFサスペンス映画、
「セブン・シスターズ」を観て来ました。

これはオリジナルのストーリーが、
なかなか斬新で面白いのです。

遺伝子操作によって作られた作物の副作用で、
多胎児が増えるという異常が発生し、
人口が爆発的に増加したヨーロッパで、
人口を減らすために夫婦で1人の子供しか認めない、
という政策が実行され、
2人目以降の子供が生まれると、
保護されて冷凍睡眠にすると説明されます。

そこである資産家の娘が七つ子を産んでしまうので、
資産家は7人の娘を隠して教育を行い、
月曜日から日曜日という曜日の名前を1人1人に付けて、
その曜日のみ同じ人間として外出し、
他の曜日は家から出ない、
という奇想天外な仕掛けで、
7人1役で1人の女性を、
実際には曜日毎に別の姉妹が演じる、
という人生のプランを編み出します。

姉妹は30歳になり、
それぞれに個性はありながら、
曜日毎に1つの人格を演じ続けるのですが、
ある日最も祖父に従順で完璧な人格を演じていた、
「月曜日」が姿を消します。
翌日「火曜日」がその捜索のために外出しますが、
彼女もまた姿を消し、
その裏には7人の姉妹を抹殺しようとする、
大きな陰謀があるらしいことが分かって来ます。

ね、なかなか面白そうでしょ。

舞台はヨーロッパのようですが、
一人っ子政策というのがちょっと古めかしい感じで、
僕達も昔は人口増加の恐怖におののいたのですが、
実際には人口が減少に向かうと、
高齢化の方が余程恐怖なのが分かって来て、
人間というのは賢く見えて、
そんなことも分からない愚か者であったのかと、
自分も含めて嫌になります。

ただ、それ以外の部分については、
とても面白く物語は出来ていて、
国家の陰謀のように思われた物語が、
ラストになって家族の愛憎劇に落とし込まれる辺りも、
定番ではあっても良い感じで、
クライマックスもなかなか盛り上がりますし、
ちょっとデパルマの初期作のような情感があって、
惹き付けられました。
ただ、個人的にはデパルマのように、
ロマンチックな音楽をガンガン掛けて、
スローモーションも駆使した大仰な見せ場にして欲しかったのですが、
演出は実際にはもっと抑制的でした。
でも、良かったです。

こうした発想の映画は以前にもあったと思いますが、
同じ顔をした7人の姉妹が同じ画面で活躍するというのは、
最近の映像技術があってこそのビジュアルで、
ナオミ・ラパスの1人7役がなかなか素敵で、
特撮もとても良く出来ていますし、
適度に残酷描写も交えたアクションも、
なかなかの迫力です。
脇も政府の大物にグレン・クローズ、
姉妹の偏執狂的祖父にウィレム・デフォーと役者は揃っています。

トータルにはややB級映画ですが、
とても楽しめますし、
アイデアが抜群の娯楽作に仕上がっていたと思います。

これはなかなかのお薦めです。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

「ブレードランナー2049」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日は映画の記事が2本です。
まず最初がこちら。
ブレードランナー.jpg
1982年に公開されたカルトSF映画「ブレードランナー」の、
35年ぶりの続編が今ロードショー公開されています。

オリジナルの「ブレードランナー」は、
今はもうない渋谷パンテオンで公開時に観ています。

映画館は当時はガラガラでした。
ビジュアルは非常に印象的で凄いなと思いましたが、
イメージ映像のようで正直それほど乗れませんでした。

ただ、その後ビデオ化されるとジワジワと人気が上がり、
ディレクターズカット版が再公開されるなど、
むしろ時間が経つにつれてその評価は高いものとなったのです。

オリジナルの舞台となっているのは、
人類の大半が汚染された地球を逃れて宇宙に移住し、
レプリカントという人間の労働力の代用となる人造人間が、
人間に対して反乱を起こすという設定の未来で、
2019年という設定になっています。

もう来年の話ですね。

今回の続編は前作から30年後の2049年が舞台で、
従順なレプリカントが新たに製造されている世界で、
主人公はライアン・ゴズリングが演じる、
レプリカントを追跡する自身もレプリカントの捜査官です。

オリジナルのリドリー・スコットは制作総指揮に廻り、
監督はカナダの俊英ドゥニ・ビルヌーブです。

これはどんなものかと思って初日に観たのですが、
個人的にはなかなか良かったです。
アイマックスの3Dで観た映像は、
リアルさを追求した美しいもので、
一部はオリジナルとほぼ同じ風景を再現しながら、
より広い視点で、
様々な荒廃した地球の風景を見せています。

オリジナルの「ブレードランナー」も、
SF仕立てのフィルム・ノワールだったのですが、
今回の続編も前作の空気感そのままのノワールになっていて、
その点には好感が持てました。

主人公も従順なタイプのレプリカントで、
3D映像しか持たないAIの恋人と恋に落ち、
それが人間とレプリカントとの愛と対比されます。
肉体を持たないAIの女性が、
肉体を持つ娼婦と一体化することで、
主人公とセックスをする場面などは、
切なく美しく倒錯的な場面に仕上がっていました。

主人公と対決する美貌で凶悪なレプリカントを演じた、
シルビア・ホークスがとても素敵で、
悪役美女フェチの僕としては、
これだけで大分点数が上がりました。

監督のビルヌーブは、
今年公開されたSF映画の「メッセージ」も、
繊細な描写を積み上げて静かな感動に至る、
という段取りが素晴らしくて、
地味ですがとても魅力的な映画でした。

この作品でもその資質は生かされていて、
普通このような大作であれば、
もっと目を惹くようなドンパチをしたくなるところなのですが、
そうした部分は最小限に抑え、
滅び行く地球の感覚的描写と、
人間、レプリカント、そして今回はAIと、
それぞれの愛にターゲットを絞って、
繊細なドラマを紡いでいます。

評論家の批評は概ね悪いのですが、
個人的には「分かってないな」と感じました。
ただ、3時間近くの上演時間を、
悠然たるテンポで流して行きますから、
退屈に思われる方も多いとは思います。

そんな訳で万人向けの映画ではありませんが、
オリジナルのノワールの部分がお好きな方は、
満足をされるのではないかと思いますし、
「ダンケルク」と同様、
アイマックスで観る質感のある映像は、
一見の価値のあるものだと思います。

それでは次に続きます。
nice!(4)  コメント(0) 
メッセージを送る