So-net無料ブログ作成

「アウトレイジ 最終章」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも石原が外来を担当します。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
アウトレイジ.jpg
北野武監督の「アウトレイジ」シリーズの、
完結編となる「アウトレイジ 最終章」が、
今ロードショー公開されています。

「アウトレイジ」シリーズは最近のたけし映画では、
一番のヒット作で、
かつての東映の実録やくざ映画を、
たけし流にアレンジしたものですが、
「ソナチネ」などの焼き直しの感はあるものの、
開き直ってパロディに徹しているのが一般の観客には観やすく、
ちょっと不必要なほどに豪華なキャストが、
全てヤクザに扮して、
罵倒や恫喝の台詞芸と顔芸、
唖然とするほど即物的な暴力描写を連ねて、
それ以外の要素はほぼ何もない、
という潔い世界が展開されています。

今回はマンネリとか老害とか悪口を言われることは承知の上で、
ラスト以外はほぼかつての東映やくざ映画と同じ話にして、
たけし演じる狂犬大友が暴れまくります。

西田敏行、ビートたけし、塩見三省と、
3人とも病み上がりの高齢者が、
泥臭く滑稽な凄みを秘めた、
滋味に溢れた芝居を見せてくれます。

特に動きも台詞も不自由ながら、
残忍でお茶目で奇怪なやくざを演じた塩見三省さんが、
個人的には殊更印象に残りました。

今回一番のもうけ役は、
事件の発端となるトラブルを起こした、
お調子者で変態のやくざを演じたピエール瀧さんで、
ちょっと他のキャストとの不公平感はありますが、
こういうキャスティングもたけし映画ならではです。

好き嫌いはあるので、
全ての方が気に入るような映画ではありませんが、
一発撮りの緊張感に満ちた場面の数々は楽しく、
偉大なマンネリ映画として、
頭を空にして楽しむのが一興で、
個人的にはとても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 
メッセージを送る