So-net無料ブログ作成

あくびの伝染のメカニズム [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
あくびの伝染.jpg
今年のCurrent Biology誌に掲載された、
あくびがうつるメカニズムについての論文です。

他人が目の前であくびをすると、
特別眠くなくても、
何かつられるようにして自分もあくびをすることは、
皆さん誰でも経験があることではないかと思います。

まるで風邪がうつるように、
「あくび」という現象がうつるのは何故でしょうか?

あくびがうつるという現象は、
相手の行為や音声を無意識に真似るという意味で、
反響現象(echophenoena)の1つの典型と考えられています。

あくびの伝染という現象は、
当初は人間だけの特徴と考えられていましたが、
チンパンジーなどの類人猿でも確認され、
類人猿以外の猿や犬でも同様の現象が確認されています。

人間の脳にはミラーニューロンという、
相手の行動や音声をそのままに模倣する、
という仕組みがあり、
赤ちゃんがお母さんの動作や言葉を真似て、
そこから成長してゆくのも、
このミラーニューロンの経路が関与していると言われています。

反響現象も,
当初はこのミラーニューロンの関与が大きいとされていましたが、
上記文献の著者らのデータでは、
むしろ運動を司る大脳の一次運動野の興奮と、
その生理学的抑制との関連が強いのではないか、
という仮説が得られていました。

今回の研究では、
TMS(経頭蓋磁気刺激)という手法を用いて、
あくびが伝染する時に脳内で起こる現象を検証しています。

TMSは磁気刺激によって、
非侵襲的に脳の特定部位を刺激することにより、
その反応パターンを解析して、
脳のどの部分がどのような機能を持っているのかを分析するもので、
最近ではうつ病などの治療にも応用が試みられています。

ボランティアの成人36人に、
あくびをしたくても我慢する、
という指示と、
我慢をしなくても良いという指示を出して、
他人があくびをしている映像を見せ、
その時の反応を検証してみたところ、
あくびは我慢するようにという指示を出すことにより、
より伝染し易さが増し、
それは大脳運動野の興奮のしやすさと、
その生理学的抑制の強さとに関連していることが、
機能的に確認されました。

つまり、
運動野が興奮しやすいか、
その抑制が掛かりにくいという体質があると、
あくびの伝染が起こりやすく、
それはあくびをするな、という命令により、
増強されるというのです。

無意識の癖が、
それを指摘されしないように命じられると、
却って強くなったり、
それをしたいという衝動が強くなることは、
誰でも実感として感じていることだと思いますが、
それはこの反響現象のメカニズムと、
深い関連のある現象のようです。

チックや発達障害における同じ動作の反復など、
コントロールの困難な無意識の動作の異常は、
おそらく同様のメカニズムで生じている可能性が高く、
今回の知見はその非侵襲的で薬物を用いない治療の可能性を、
開くもののように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。



nice!(10)  コメント(2) 
メッセージを送る