So-net無料ブログ作成
検索選択

「銀魂」 [映画]

こんにちは。

北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
銀魂.jpg
宇宙人が黒船の代わりに来訪し、
それにより変貌した幕末が舞台のコミックを、
マニア向けの低予算ビデオみたいな演出を、
予算が大きくても平然と確信犯的に行う、
福田雄一監督が映画化しました。

脚本も福田監督自身です。

これはオープニングなどは物凄くチープで脱力する映像で、
深夜ドラマそのもののクオリティなので、
「まさかこんな馬鹿な…」と思うのですが、
そんなことは作り手も百も承知でツッコミを入れながら、
それでもそのテンションと絵作りのまま、
130分を押し切ったのには唖然としました。

ただ、そのチープな世界に慣れてしまうと、
それはそれで心地良く楽しめる感じになります。
そして、意外にもアクションは冴えていて、
もったいぶった「無限の住人」などより、
爽快な気分で観終わることが出来るのです。

日本映画としてはキャストはとても豪華で、
人気者が次々と登場して怪演を繰り広げます。
通常こうしたオールスターキャストになると、
見せ場のない顔見世的な出演の人が多いと思いますが、
今回の映画では皆かなり役柄を作り込んで、
勝負をしているのが分かるので、
その演技合戦だけでも結構元は取った気分になります。

福田監督作品では常連の、
佐藤二朗さんやムロツヨシさんは、
出鱈目の極致を喜々として演じていますし、
漫画に溶け込んだような安田顕さんのテンション、
勘九郎さんの裸芝居の馬鹿馬鹿しいまでの迫力、
渋いところでは座頭市のような新井浩文さんが、
抜群の存在感でした。

脚本もかなり練れていて、
そのままマーベルコミックのヒーロー物にして、
予算を掛けて大作にすれば、
世界的にヒットするようなアクション映画になっても、
おかしくはない水準のものです。
前半のオトボケから、
謎の辻斬りの出現と主要キャストの失踪、
幕府転覆を企む組織と新選組と主人公達との三つ巴の抗争。
男主体の芝居に女性キャストも上手く絡めていますし、
因縁の対決とか、
マッドサイエンティストとその娘の悲劇など、
定番の娯楽活劇の趣向も盛り沢山です。
その上ラストは空中戦艦によるバトルで堂々と盛り上がりますから、
これはもう間然とするところのない作劇なのです。

しかし、アメリカのようにお金は掛けられないので、
チープなパロディだと開き直って、
完成度の高い台本を、
わざわざ深夜低予算ドラマの演出で、
描いているのです。

何と言うか、
サブカルチャーの凄味のようなものを、
この作品には感じました。

ビックリしたのは客席の雰囲気で、
騒ぐガキのいる家族や、
ヤンキーの怖そうな少年少女の一団などがいて、
そのどちらもが、
映画のギャグには大笑いをしながら、
「真面目に」この映画を鑑賞していました。

なるほどこうしたものが、
日本の幅広い層に受ける娯楽であるのかと、
福田雄一さんの実力に、
改めて感心するような思いもあったのです。

カルト的な怪作です。
一見の価値は充分にあると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 
メッセージを送る