So-net無料ブログ作成
検索選択

鴻上尚史「ベター・ハーフ」(2017年再演版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師の担当で、
午後は石原が外来を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ベターハーフ.jpg
鴻上尚史さんの作・演出で、
2015年に初演されて好評だった4人芝居「ベター・ハーフ」が、
3人は同一キャストで再演されました。
風間俊介さん、中村中さん、片桐仁さんは再登板で、
初演の真野恵里菜さんだけが、
今回は松井玲奈さんに代わっています。

これはトランス・ジェンダーを扱った恋愛喜劇で、
4人の恋愛模様が高度な知的パズルのように、
何度も組み直されて展開され、
それ以外の要素はラストに至るまで全くない、
というある意味とても潔い作品です。

初演も観ているのですが、
その時の感想を読み直してみると、
前半の軽快で完成度の高い展開には、
とても感心しながらも、
たとえば性別の問題やトランスジェンナーの問題などに、
テーマが深化してゆかないところに不満がありました。

ただ、再演を観て思うことは、
この作品は薄っぺらな恋愛以外に何もテーマがない、
という潔さこそが値打ちであり魅力で、
鴻上さんの新境地として評価するべきではないか、
ということです。

一緒に行った妻は、
これまで観た芝居の中で、
最も面白かったような気がした、
と絶賛していましたから、
娯楽作品として間違いのない成功であったのだと思います。

鴻上さんは「偉大なる素人」というようなタイプの劇作家で演出家だと思います。
良い意味でも悪い意味でも、
高校演劇のようなテイストが全編に溢れていて、
こんなことは普通プロはしないよなあ、
というようなことを臆面もなくやるところが、
その魅力でもあり欠点でもあると思うのですが、
今回の作品は非常に垢抜けたプロっぽい仕上がりになっていて、
映像の使い方もセンスのあるものでしたし、
場面転換や雰囲気の変え方なども鮮やかでした。
4人だけの出演者であるのに、
あまりせせこましい感じの物語にはならず、
他に登場人物がいないことの違和感も、
殆ど感じさせない、と言う点も凄いと思います。

4人のキャストはいずれも好演で、
再登板の3人の遣り取りの軽快な心地良さは、
ある意味第三舞台時代を超えるテンポ感だったと思います。
松井玲奈さんも良く3人に食いついていたと思います。
ただ、何と言ってもこの作品の成功は、
完全なあて書きの中村中さんの存在にあって、
随所に挟まれる弾き語りの歌も素晴らしく、
初演時より更に自然な演技が、
しっかりと作品の中心に存在をしていました。

そんな訳で観終わってまたすぐ観たくなる楽しい舞台で、
鴻上さんの最近のスマッシュヒットであることは、
間違いがないと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る