So-net無料ブログ作成
検索選択

「ドクター・ストレンジ」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも、
石原が診療を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ドクターストレンジ.jpg
マーベルコミックのスーパーヒーローものの新作、
「ドクター・ストレンジ」をアイマックス3Dで観て来ました。

マーベルコミックの映画化は暗い話が多いですし、
世界観や正義の捉え方も嫌らしいし、
続編に次ぐ続編で多くの作品が絡み合っていて、
知識がないと何が何やら人物関係が分からないことが多いので、
あまり好んで観ないのですが、
今回の作品はニューヒーロー登場編なので、
予備知識は必要ありませんし、
上演時間も115分と長過ぎず、
見どころは満載なのでなかなか楽しめました。

自動車事故に遭った天才外科医が、
チベットの秘法で時空を操る魔術師となり、
闇の力を復活させようとする悪党と戦うのですが、
魔術の師匠にも秘密があって…
と言う感じでストーリーも凝っていますし、
語り口も巧みで人物も魅力的なので、
娯楽作品としては誰でも楽しめる作品に仕上がっています。

設定は矢張りちょっと嫌らしくて、
世界の秩序を守るスポットが3か所あって、
それがニューヨークとロンドンと香港、
ということになっています。
その3か所が悪に制圧されると世界は終わりなのです。
要するに世界はアメリカとイギリスと中国とで分け合って、
支配されているのが正義という発想で、
トランプさんの頭の中みたいな世界です。
まあでも多分、その通りなのだから仕方がありません。

何よりこの作品は映像が圧倒的で、
「インセプション」の町が折りたたまれるビジュアルが、
圧倒的な大スケールで繰り広げられるのですが、
本当に細部まで目が眩むが如くに作り込まれていて、
3D効果も圧倒的です。
また、主人公が多重世界に投げ込まれるような場面があるのですが、
そこのビジュアルも本当に圧倒的で、
実際に別世界を体感したような気分になります。

これは絶対大画面の3Dで体感する意義があります。

凄まじいですよ。

ただ、この作品はそれだけではなくて、
キャストも非常に魅力的なキャラが揃っています。

主人公のベネディクト・カンバーバッチの、
尊大だけれど憎めない感じも良いですし、
かつての同僚の救急医の女性を演じた、
ヒロインのレイチェル・マクアダムスもとても良い感じです。
魔法合戦なのですが、
死に掛けた時はガールフレンドの救急救命医に、
病院のERで助けてもらうのです。
こういう発想はクレヴァ―で楽しいと思います。
更には主人公の師匠を演じるティルダ・スウィントンが、
人間離れのした美しさで、
ストーリーの核になっています。

もちろん観終わった瞬間に忘れてしまうような、
そんな映画ではあるのですが、
ビジュアルは現在の特殊技術の到達点と言って良い完成度で、
ストーリーの完成度も高く、
キャストも充実しているので、
暇つぶしに何か映画を、という向きには、
是非にとお勧めしたいと思います。
是非大画面の3Dでご覧ください。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


メッセージを送る