So-net無料ブログ作成

男性ホルモンを使うと嘘を吐かなくなる? [ゆるい論文]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
テストステロンが嘘を予防する..jpg
2012年のPLOS ONE誌に掲載された、
男性ホルモンの使用により嘘を吐かなくなるという、
ちょっと信じがたいような心理研究の論文です。

非常に面白いのですが、
そんなことがある訳がない、
というのが常識的な考えで、
特に追試が行われている、という感じもなく、
掲載されているのが、
速報性重視でネットのみのPLOS ONEですから、
ゆるい論文という扱いが妥当だと思います。

どうか真顔では読まないようにお願いします。

テストステロンは男性ホルモンで、
脳の発達にも大きな影響を及ぼし、
また社会生活における行動の仕方にも、
影響を少なからず及ぼしている、
と言われています。

男性ホルモンは男性の攻撃的な言動と、
関連があるとする報告があります。
こうしたネガティブな面がある一方で、
プライド(自尊心)や向上心にも、
影響を及ぼしているという、
ややポジティブな側面もあります。

誰も見ていない場所で、
目先の損得のために嘘を吐くという行為は、
プライドが低いと発生しやすいという考え方があります。

それが事実であるとすると、
男性ホルモンであるテストステロンの使用により、
男性は嘘を吐かなくなるのではないでしょうか?

この仮説を大真面目に検証しているのが今回の研究です。

対象は平均年齢24歳の健康な男性91名で、
試験の実行者にも本人にも分からないように、
くじ引きで2つのグループに分け、
一方は試験の前日に男性ホルモンのゲルを皮膚に塗り
(テストステロン50㎎相当)、
もう一方は偽薬を同じように塗って、
その翌日に心理テストのような試験を行います。
外用剤の効果は21から24時間は持続すると想定されています。
検査が終了してから血液検査を行い、
テストステロンの外用剤が有効であったかを確認します。

心理テストの項目の中に、
サイコロを振ってその目を申告すると、
その目の数に従って報酬が支払われる、
というものがあります。

これが誰も見ていないので、
実際にはサイコロの目は違っていても、
高い報酬の数字を申告すれば、
要するに嘘を吐けば、
報酬は高く支払われるということになるのです。

その試験の結果を解析すると、
最も報酬の高い目の申告された頻度は、
実際に想定される確率分布より遥かに高かったのですが、
偽薬より男性ホルモン使用群で、
その頻度は有意に低くなっていました。

つまり、嘘を吐いて報酬を高く受け取った人は、
偽薬より男性ホルモン使用者で少なかったということになります。

検査法も厳密で結果も比較的クリアなものなのですが、
健康な若者の男性ホルモンの濃度を、
少し上昇させただけで嘘を吐かなくなる、
というのは如何にも不自然で、
何か別個の要因があったのではないか、
とどうしても考えたくなります。

ただ、はっきり嘘とも断定は出来ません。

これが事実なら男性ホルモンが低下する高齢男性は、
全て嘘吐きということになりますが、
「うーん。ひょっとしたらそうかもね…」
などと思えてしまうところが、
なかなかしたたかな結果だとも思うのです。

今日は男性ホルモンを使用すると、
たちどころに嘘を吐かなくなるという、
ゆるい論文についての話でした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る