So-net無料ブログ作成

焼酎は水よりも血糖を下げる!? [ゆるい論文]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前中で診療は終わり、
午後は事務作業や大掃除の予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
飲酒後の血糖値.jpg
今年のPeerJ誌に掲載された、
非常に不思議な雰囲気の論文です。

PeerJというのは、
比較的掲載のハードルが低い、
オープンアクセスでウェブのみの医学誌です。

そこに発表された論文の評価は、
発表されたこと自体にあるのではなく、
いわばウェブの読者がその値打ちを決める、
というタイプの雑誌です。
PLOS oneというのも同じタイプの医学メディアです。

今日ご紹介する論文は、
鹿児島大学の研究者によるものです。
鹿児島大学の医学部には心身内科学という講座があり、
二日酔い防止薬の特許を取っていたりする、
ほんのりと香しいにおいがするような教室なのですが、
そこの研究者と、
農学部の焼酎・発酵学教育研究センターの、
共同研究ということのようです。

内容はなかなかに凄いもので、
焼酎が身体に良いことを証明するために、
おそらくスタッフか学生でしょうか、
6人のボランティアに、
別々の日にビール、焼酎、日本酒、水を、
食事と一緒に飲んでもらい、
その後の血糖やインスリンの数値と、
飲酒後の睡眠時の脳波などの解析を行っています。

食事は病院食ということのようで、
お酒の量はアルコールで40グラムというのですから、
なかなかの酒量です。

ビールは1リットル、
焼酎は1.5合、日本酒も1.5合で、
それぞれ水で1リットルに薄め、
そして水も1リットルです。
これを病院食の夕食と一緒に、
午後7時からの30分で飲み干します。

こんなことをして体調を崩さないのかと不安に感じるところですが、
案の定、6人のうち1人の女性は飲み干すことが出来ずに、
リタイアしたと書かれています。
(これはパワハラではないのでしょうか?
非常に気の毒です)

その結果がまた驚くべきもので、
ただの水を飲んでも食後1時間の血糖値は、
140mg/dLに上昇しているのにも関わらず、
焼酎を飲んだ時には100mg/dLくらいしか上がっていません。
一方でビール1リットルを飲んだ後では、
血糖値は180mg/dLくらいまで上昇しています。

つまり、これを見る限り、
焼酎は糖尿病の治療薬としても有効なレベルで、
水を飲むよりも食後血糖を低下させ、
インスリン分泌も抑えています。

本当にこんなことがありうるのでしょうか?

焼酎には糖質が少ないので、
あり得ない結果ではないのですが、
だからどうなんだ、
それでトータルに健康的とか、
糖尿病を予防するとかと言って良いのか、
と突っ込みどころは色々とありそうです。

まずデザイン的に疑問なのは、
短時間で1リットルの水分やアルコール飲料を、
一気飲みするという人工的な条件です。

こうしたことをするのであれば、
まず食事とは別に空腹でアルコールや水を飲み、
その時の血糖値の推移を測定してから、
そこに食事を加えた効果を比較するべきではないでしょうか?

1日アルコール換算で25グラムを超える飲酒を継続することは、
健康に害のある可能性が高い、
というのが現在の基本認識であるかと思いますが、
40グラムという、
それを遥かに超える量のアルコールを一気に飲ませて、
それで食後血糖が低下したから焼酎は健康的だ、
というような結論は、
何処かお花畑のにおいを感じてしまいます。

ただ、読むとケトン体や乳酸なども測定をされていて、
冗談でこんな実験をしたとも考えにくいのです。

睡眠時の脳波も真面目に計測されています。
その結果は水とビールと比較して、
REM睡眠に至るまでの時間が、
日本酒と焼酎ではより短かった、
というものでした。
要するに深酒をすると眠りが浅くなっているという結果で、
こんなことをわざわざ証明するために、
ボランティアに焼酎の水割りを1リットル飲ませたのか、
と思うと、
何か頭がぼんやりとしてしまいます。

結論はなかなかに興味深いのですが、
食事内容も病院食だと言うだけで、
完全に同一とは書いてありませんし、
どのくらいの間隔でこの飲酒実験が繰り返されたのかも分かりません。
人数も5人ではちょっとな、と思います。
飲酒量はせめて健康に害がないとされる、
1日20グラム程度にとどめるのが、
倫理的には適切ではなかったかと思います。

この論文をそのまま真に受けて実行される方も、
いないとは思いますが、
内容的に焼酎の水割りを1リットル食事の度に飲めば、
糖尿病が予防出来ると読めなくもないのですから、
真面目に引用をされている医療者の方もいるのですが、
ちょっとおかしいのではないかと、
個人的には思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


メッセージを送る