So-net無料ブログ作成
検索選択

月影番外地その5「どどめ雪」(福原充則) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

本日は所要のため、
午後の診療は休診とさせて頂きます。
ご了承下さい。

午前中は石原が外来を担当します。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
どどめ雪.jpg
先日高田聖子さんが主宰の月影番外地のシリーズとして、
福原充則さんの新作「どどめ雪」が、
峯村リエさんや利重剛さんの魅力的なキャストと、
木野花さんの演出で下北沢ザ・スズナリで上演されました。

これは牛久を舞台とした「細雪」のパロディで、
オリジナルの4人姉妹を、
峯村リエさん、高田聖子さん、内田慈さん、藤田記子さんという、
いずれ劣らぬ芸達者が演じ、
高田聖子さんの夫に利重剛さん、
内田慈さんの婚約者に田村健太郎さん、
という布陣です。
物語はオリジナルと同じように、
内田さんの結婚を巡る騒動から始まり、
天変地異などもあり、
多くの理不尽な不幸が家族を襲うのですが、
最後にはちょっとした奇跡が用意され、
家族はそれでも文句は言いながら、
運命に抗いつつ、たくましく生きてゆきます。

オリジナルの「細雪」とは異なり、
アーヴィングやガルシア・マルケスに似た、
所謂「マジック・リアリズム」の物語で、
現実ではありえないような事件が起こり、
主人公の高田さんにはちょっとした超能力が備わっています。
クライマックスでは事故で死んだ峯村さんが甦ります。

ただ、現実の牛久を非現実世界に反転させる手際は、
あまりレベルの高いものとは言えず、
主人公の超能力も、
平凡で面白みのないものなので、
あまりワクワクするような感じで、
主人公達の人生を見守る、
という気分にはなりません。

福原さんの作品としては、
正直凡庸で、
意外な展開や、
生き生きとした人物描写には乏しい、
という感じがします。

更には木野花さんの演出が、
鵜山仁さんを思わせるような渋くて地味な感じのもので、
地味な物語が更に地味な感じになって、
正直かなり退屈を感じました。

セットも色彩が乏しく、
素通しの骨組みだけのような舞台に、
背後の茶色い壁には、
古新聞のようなものがペタペタ貼り付けてあるだけです。

こうしたイメージ重視の地味な芝居であるからこそ、
舞台にはある種の華やかさが必要ではないでしょうか?
牛久の大仏も、
何等かの形で登場をして欲しかったな、
と思いました。

キャストは皆ベテランで演技も成熟しているので、
それなりに楽しく観ることは出来るのですが、
高田聖子さんが地味なおばさんを演じるというのも、
どうもあまり面白いという気持ちになれなくて、
暗く全体が沈んだ舞台の中で、
もう少し光る部分や瑞々しい部分が、
何処かにあると良いな、と思いました。

峯村リエさんは僕が大好きな女優さんですが、
たとえばケラさんの舞台では、
彼女が上手く嵌るようなポジションが用意され、
他に若い女優さんなども華やかに出演されるので、
そのバランスが取れているのですが、
今回の芝居では峯村さんタイプの女優さんが、
4人並んでしまったという感じになり、
互いが潰しあうような舞台になったのは、
非常に残念に思いました。

木野花さんの演出は昔から堅実なのですが、
台本の良さと悪さが、
そのまま舞台に出てしまうような感じがあり、
今回は作品の地味さと暗さが、
そのまま演出されて増幅されてしまった、
という感じがありました。

そんな訳で今回は乗れない観劇であったのですが、
また次には期待をしたいと思います。
出来れば高田さんには、
関西ノリらしい派手な世界を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


メッセージを送る