So-net無料ブログ作成
検索選択

吹奏楽器による過敏性肺炎の発症について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。
台風の影響で、
朝から雨が急に降ったり止んだりと、
不安定な天気になっています。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
バグパイプによる過敏性肺炎.jpg
今月のThorax誌に掲載された、
バグパイプの使用により誘発されたと思われる、
過敏性肺炎の症例報告の論文です。

内容が興味深いため、
ケースレポートに過ぎないものですが、
複数の医療ニュースなどに紹介されていました。

過敏性肺炎というのは、
一種のアレルギー反応により引き起こされる肺炎のことです。

カビや化学物質、
キノコの胞子や動物の糞便などに含まれる蛋白質などが、
アレルギー反応の原因となる抗原となり、
そうした物質を繰り返し吸入することにより、
身体が感作されると、
その後同じ抗原を吸い込むことにより、
肺にアレルギー性の炎症が起こります。

たとえば、カビが原因と言っても、
カビが肺の中で増殖して炎症を起こすのではないのです。
カビの抗原に対して、
身体が過剰反応を起こし、
免疫が過剰に反応することにより、
「アレルギー性の炎症」を起こすのです。

肺炎ですので、
肺のレントゲンやCTを撮ると、
すりガラス様と表現される淡い陰影が検出されます。

過敏性肺炎の原因抗原としては、
日本では「夏型過敏性肺炎」と言って、
古い日本家屋などでトリコスポロンというカビによるものが有名で、
鳩やインコなどの鳥の糞が原因で、
飼っているご家庭で発症するものもあります。

総じて、
原因となる抗原が判明して、
そこから離れる環境が維持されれば、
病状は改善しますが、
抗原と触れ続けるような環境では、
病状は悪化して呼吸困難が進行し、
別の感染などを併発して命に関わることもあります。

今回の論文で紹介されている事例は、
61歳のイギリスの男性で、
長年に渡り過敏性肺炎と診断されて、
ステロイドを主体とする治療を継続していましたが、
病状が悪化して、
結果的には亡くなられたケースです。

この方はバグパイプを趣味としていて、
毎日その演奏をしていました。
結果的には予後の改善には結び付かなかったのですが、
バグパイプの中の培養から、
複数のカビの抗原が同定されました。

これは推測ですが、
オーストラリアで生活していた時期に、
著名に症状が改善していて、
その時にはバグパイプは使用していなかったため、
バグパイプ内のカビの抗原による、
過敏性肺炎と診断されました。

バグパイプに起因する過敏性肺炎の報告は、
上気論文によればこの1例のみですが、
他にトロンボーンとサキソフォン奏者における、
同様の事例が報告されていて、
そのケースはどちらもステロイドの投与と、
当該の楽器の消毒と洗浄により、
病状は改善しています。

個人的な経験では、
尺八を趣味にしている男性で2例、
慢性の呼吸困難や咳嗽の事例を診たことがあり、
その当時は関連を意識していませんでしたが、
ひょっとしたら同様のケースであったかも知れません。
その方々も、
何故か尺八の演奏を繰り返している発表会の前などの時期に、
病状の悪化をみていたからです。

このように、
決して報告の多い訳ではないのですが、
楽器演奏と呼吸器症状というのは、
盲点の部分があり、
実際にはこうした事例はもっと多いのかも知れません。
通常吹奏楽器の演奏は、
むしろ肺活量を増し、
呼吸器疾患のある方では推奨されることなので、
それで実は悪化していても、
気づかないケースが多いのでは、
と考えられるからです。
また、間違いなく吹奏の楽器の内部は、
カビの繁殖には適している環境でもあるからです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る