So-net無料ブログ作成

「娼年」(作 石田衣良 脚本・演出 三浦大輔) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の演劇の記事になります。

それがこちら。
娼年.jpg
石田衣良さんの「娼年」と「逝年」を、
ポツドールの三浦大輔さんが戯曲化して演出し、
松坂桃李さんと高岡早紀さんが主演した、
見てビックリの舞台が、
今池袋の芸術劇場プレイハウスで上演されています。

三浦大輔さんは最近は舞台から、
映画などに軸足を移していて、
ポツドールのような活動はもうされないようですが、
今回はまあ期待された過激さを演じている、
という感じはあるもの、
ほぼ全編セックス描写のみが連続する、
という作品を臆面もなく上演していて、
普段は裸にはまずならないような役者さんが、
ほぼ全裸で次々と絡みを演じ、
勿論偽物ではありますが、
実際にザーメンが飛び、女性が放尿し、
フェラチオの効果音まで流れるという、
空いた口が塞がらないような作品になっています。

ストーリーラインはそれでいて、
正攻法の純愛と難病と少年の成長物語として成立していて、
後味は決して悪くはありません。

それほど舞台は出ていない映像のスターに、
何もこんな芝居をさせなくてもいいじゃないか、
という気はしますし、
これを本当に三浦さんがやりたいのだとすれば、
もっと小さな劇場で、
名前のそれほど知られていない役者さんでやった方が、
より完成度の高い伝説的な芝居になったのではないか、
という気もします。
劇場は大きすぎ、立派過ぎて、
客席の雰囲気も含めて、
今回のような煽情的な芝居を上演するには、
かなりの違和感がありました。
僕は2階の最前列での鑑賞だったので、
全体像を観ることが出来ましたが、
客席によっては、
「何をしているのか分からない」
という感じもあったのではないかと思います。
隠すところは隠さないといけないので、
死角が多く、
観客に不親切な舞台ではあったと思います。

ただ、前例のない作品であることは間違いがなく、
小劇場の劇団の多くが、
性を主題にした作品をしばしば上演していながら、
レオタードや露出の少ない衣装で、
腰の引けた絡みを演じている中で、
プロの凄みを見せたと言っても良いと思います。

内容は意外にオーソドックスで、
セックスシーン以外の場面の芝居も、
極めて普通に演出されています。
これはポツドール時代の三浦さんとは違いのあるところで、
かつては新劇的な芝居を拒絶するようなところがあったのですが、
今回は絡み以外は極めてオーソドックスで教科書的です。
破天荒なようで、
その辺のバランス感覚はなかなか的確だ、
という印象を持ちました。

メインのセックスシーンが、
作品として成立しているかというと、
それはかなり微妙なところで、
役者さんもこうした芝居は初めての人が多く、
何かたどたどしくぎこちない感じはあります。
こちらが気恥ずかしくなるような感じもあります。
腹を括ってセックスを主題にするのであれば、
もっと別の方法論もあり得たのではないか、
という気もしますが、
この気恥ずかしさが、
三浦さんの持ち味である、
という思いもあります。

そんな訳でかなり趣味的な作品なので、
とても一般の方にお勧め出来るような芝居ではありませんが、
三浦さん以外では、
まず絶対になしえなかった作品であることは間違いがなく、
再演なども間違いなくされないと思いますので、
ご興味のある方は一見の価値はあると思います。

怪作です。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

劇団☆新感線「ヴァン!・バン!・バーン!」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
ヴァン・バン・バーン2.jpg
劇団☆新感線の新作秋興業が、
生田斗真さんをゲスト主役に迎え、
赤坂ACTシアターで賑々しく上演されています。

今回の脚本は宮藤官九郎さんで、
3回目の新感線への脚本提供になります。

前回は「蟷螂峠」という、
物凄く暗い時代劇で、
あまり新感線の世界にフィットしているとは思えませんでした。
その前に「犬顔家の一族の陰謀」という作品があり、
これはクドカンワールド全開という感じの、
楽しい作品でした。
交流は深いと思われるクドカンと新感線ですが、
意外にクドカン台本の新感線の舞台は、
多くはありません。

今回は内容的にはいのうえ歌舞伎の世界に近いもので、
平安時代のパートはもろそうなのですが、
その後現代が舞台になると、
ビジュアルバンドの演奏や夏フェスなどの歌物の世界になり、
またそこにヤクザの抗争劇などが絡み、
最後は得意の長大な立ち回りが待っています。

背景に複数の巨大なLEDパネルを交差させ、
ダンスや殺陣とバンド演奏、
ど派手な音響や照明効果が一体となり、
計算され尽くした演出は、
さすが新感線というクオリティです。

ただ、人間の移動などはあまりに計算され過ぎていて、
演劇というより、オリンピックの開会式のような、
大イベント的な演出でした。
手作り感はあまりなく、無機的な印象で、
役者さんも段取りの動きにとらわれている感じがありました。

内容は盛り込み過ぎで、
ディテールに面白みが乏しく、
人物が入り乱れて筋立てが複雑な割には、
ダラダラと長い場面が多い、
という印象でした。

主人公は初恋の人の生まれ変わりを、
1000年待ち続ける吸血鬼で、
ビジュアルバンドのボーカルという設定なのですが、
そこにエイリアンの侵略みたいなテーマを絡ませているので、
悲恋の切ない感じや、
死ぬことの出来ない吸血鬼の悲しみのようなものは、
何処かに消えてしまっています。

クドカンとしては珍しく、
ラストに伏線が回収されるようなところがなく、
中途半端に思いつきだけで終わってしまった、
という感じでした。
意外に新感線の世界とクドカンとは、
相性が悪いのかも知れません。

スタッフワークの完成度は高いので、
何となく見れてはしまうのですが、
今回は新感線としては、
消化不良に終わった1本であったように思います。
生田斗真さんは頑張っていましたが、
役柄がちょっと間抜けな感じなので、
損な役回りに終始していたのは残念に感じました。
概ね歌ものはそんな感じになりますね。

今日はもう1本演劇の記事があります。

引き続きそちらもどうぞ。

石原がお送りしました。
メッセージを送る