So-net無料ブログ作成
検索選択

歌舞伎座七月大歌舞伎(昼の部) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
歌舞伎座7月.jpg
もう先月になりますが、
今年初めての歌舞伎座の昼の部に足を運びました。

七月の歌舞伎座は、
先代猿之助(猿翁)が元気であった頃は、
猿之助一座での座組と決まっていました。

それが新装歌舞伎座となってからは、
猿之助の出演自体がない状態が続きました。

今回の七月公演では、
海老蔵とのツートップという形ではありますが、
久しぶりに中車を含めて澤瀉屋ほぼ総出演、
という感じの座組になりました。

演目は昼は宇野信夫の新歌舞伎で殆ど上演のない、
「柳沢騒動」の通しが昼のメインで、
そこに宙乗りを入れた猿之助の「流星」という踊りが付きます。

「柳沢騒動」は、
老中柳沢吉保を国崩しのような、
成り上がりものの大悪党として描いた一代記で、
主役の吉保を海老蔵が演じ、
敵対する高僧を猿之助が、
そして将軍綱吉を中車が演じます。

古典の面白みはありませんし、
派手なセットや立ち回り、宙乗りやケレンのあるような芝居ではないので、
何故こんな地味なものを出して来たのかしら、
とは思わなくもないのですが、
絶えそうな演目の継承、
という文化的な意味合いがあるのだと思います。

出世に取り憑かれて、
権謀術策の限りを尽くした男が、
権力の座から滑り落ち、
1人の女の愛に回帰して、
共に毒を飲んで死んでゆくという話で、
今の時代あまりこうした筋立てを、
長時間のドラマにするというようなことはないので、
鑑賞には忍耐を要しますが、
意外に面白く、
こうしたものも演劇の1つの妙味ではないかと思います。

同じ場面の中で昼から夕景までを、
たっぷりと時間を取って描くというような芝居は、
改めて観ると意外に新鮮な感じがするのです。

役者は中車がなかなか上手くなっていて、
大分歌舞伎役者らしくなっていたのが好ましく感じました。
猿之助との関係は、どうも微妙な感じで、
共演の機会もそれほど多くはないのですが、
歌舞伎役者としての中車は、
これからも追いかけたいと思います。

もう1本の舞踊劇は猿之助ワンマンショーですが、
最後のやや能天気な感じのする宙乗りを見ながら、
彼の飛んでゆく先には、
何となく不安を感じざるを得ませんでした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごしください。

石原がお送りしました。
メッセージを送る