So-net無料ブログ作成

SU剤の種類による低血糖リスクの差について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
SU剤と低血糖と腎機能.jpg
今月のBritish Medical Journal誌に掲載された、
糖尿病治療薬の種類による、
低血糖のリスクと腎機能との関連についての論文です。

SU剤というのは、
飲み薬の血糖降下剤として、
最も強力な作用を持つ薬です。

日本で現在使用されている薬としては、
グリクラジド(商品名グリミクロンなど)、
グリベンクラミド(商品名オイグルコン、ダオニールなど)、
グリメピリド(商品名アマリールなど)が
がその代表です。

SU剤は膵臓のインスリン分泌細胞の受容体に結合して、
通常のインスリン分泌の仕組みを刺激することにより、
インスリンを分泌させ、
それにより血糖を降下させるのがそのメカニズムです。

SU剤の特徴はその強力な血糖降下作用と、
そのメカニズムがクリアであることです。
その一方で膵臓のインスリン分泌細胞が、
一定レベル以上死滅しがような状態で、
その効果は発揮されず、
血糖値とはあまりかかわりなく、
強制的かつ持続的にインスリン分泌を刺激するので、
低血糖が多いことがその欠点です。

近年低血糖が2型糖尿病の患者さんの予後を、
大きく左右するという考え方が認知され、
そのため低血糖を起こし易いSU剤は、
その評価が低下しているのが実際です。

特に高齢者や腎機能が低下した状態では、
SU剤やその代謝物が身体に蓄積するので、
より低血糖が起こり易くかつ遷延することが想定されます。

日本ではグリメピリドが、
他のSU剤と比較して低血糖を来たしにくい、
というメーカーの宣伝がされ、
それが定着していて、現在ではもっぱら使用されています。
一方で欧米ではグリクラジドが、
代謝物が活性を持たないことなどから、
低血糖のリスクが低いと考えられて、
他のSU剤より安全性が高いと考えられています。

ただ、実際に複数のSU剤の安全性を、
厳密に比較したようなデータは、
これまであまり存在していませんでした。

今回の研究では、
イギリスのプライマリケアのデータベースを活用して、
年齢が18歳以上で、
少なくとも1種類のインスリン以外の血糖降下剤を使用している、
トータル120803名の糖尿病の患者さんを対象として、
個々の薬剤の低血糖のリスクを検証しています。

その結果…

SU剤を単独で使用している患者さんは、
メトホルミンを単独で使用している患者さんと比較して、
2.50倍(2.23から2.82)有意に増加していました。
そのリスクは腎機能が低下するほど増加していて、
腎機能の指標である推計の糸球体濾過量が、
30mL/min//1.73㎡未満であると、
4.96倍(3.76から6.55)とより高くなっていました。

SU剤の用量が多いほどそのリスクは高く、
薬剤間の比較では、
グリベンクラミドが7.48倍(4.89から11.44)と最も高くなっていましたが、
それ以外の薬剤では大きな差はなく、
グリクラジドもグリメピリドも、
そのリスクには有意な差はありませんでした。

要するに、
SU剤ではメトホルミンと比較した低血糖のリスクは高く、
特に腎機能が低下するほど、
そのリスクは高くなります。
従って、原則推計の糸球体濾過量が30mL/min//1.73㎡未満であれば、
SU剤の使用は行わないことが妥当であると考えられます。
グリベンクラミドは最も強力なSU剤で、
そのため低血糖のリスクも最も高いのですが、
それ以外にSU剤には大きな差はなく、
グリクラジドやグリメピリドを、
他剤より安全性が高いとする見解には、
それほどの根拠はないと、
考えておいた方が良さそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る