So-net無料ブログ作成

SGLT2阻害剤の効果と安全性について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
SGLT2阻害剤のメタ解析.jpg
今年のLancet Diabetes Endocrinol誌に掲載された、
SGLT2阻害剤という糖尿病の新薬の、
効果と安全性を検証したメタ解析の論文です。

2型糖尿病の治療において、
最近注目を集めている新薬が、
SGLT2阻害剤です。

この薬は腎臓の近位尿細管において、
ブドウ糖の再吸収を阻害する薬で、
要するにブドウ糖の尿からの排泄を増加させる薬です。

この薬を使用すると、
通常より大量の尿が出て、
それと共にブドウ糖が体外に排泄されます。

これまでの糖尿病の治療薬は、
その多くがインスリンの分泌を刺激したり、
ブドウ糖の吸収を抑えるような薬でしたから、
それとは全く別個のメカニズムを持っているのです。

確かに余分な糖が尿から排泄されれば、
血糖値は下がると思いますが、
それは2型糖尿病の原因とは別物で、
脱水や尿路感染の原因にもなりますから、
あまり本質的な治療ではないように、
直観的には思います。

しかし、最近この薬の使用により、
心血管疾患の発症リスクや総死亡のリスクが有意に低下した、
というデータが発表されて注目を集めました。

こうした効果が認められている糖尿病の治療薬は、
実際には殆ど存在していなかったからです。
2015年のNew England…誌に掲載されたその論文によると、
SGLT2阻害剤の3年間の使用により、
総死亡のリスクが32%、
心血管疾患による死亡のリスクが38%、
それぞれ有意に低下しています。
実際に使用されているのは、
SGLT2阻害剤の1つである、
エンパグリフロジン(商品名ジャディアンス)です。

SGLT2阻害薬のもう1つの特徴は、
血圧の低下作用のあることです。

この薬は一種の利尿剤のようなものですから、
血圧が降下することはある意味当然ですが、
2型糖尿病の患者さんの多くでは、
高血圧を合併していますから、
血糖と共に血圧を降下させる作用のあるSGLT2阻害剤は、
一石二鳥という面があります。

ただ、その一方でSGLT2阻害剤はグルカゴンを上昇させ、
LDLコレステロールを増加させる可能性があり、
骨折リスクを増加させる可能性や、
泌尿器系や婦人科系の感染症を増加させるなど、
その安全性に危惧がないという訳ではありません。

現状のSGLT2阻害剤について、
最も知りたいことの1つは、
心血管疾患の予後を改善するという知見が、
エンパグリフロジンのみで成り立つ特性なのか、
それとも全てのSGLT2阻害剤で成り立つことなのか、
ということです。

この薬の個々の特徴をみてゆくと、
血糖減少や体重減少、血圧低下などは、
確かに心血管疾患のリスクを下げる方向に働きそうですが、
その一方でLDLコレステロールの増加やグルカゴンの増加は、
心血管疾患のリスクを上げる方向に働く指標だからです。

そこで今回の論文では、
2015年の9月までの最新のデータを含む、
これまでの臨床データをまとめて解析することで、
SGLT2阻害剤のトータルな効果と安全性とを検証しています。

その結果…

SGLT2阻害剤は全体として、
心血管疾患のリスクを16%、
心血管疾患による死亡のリスクを37%、
心不全のリスクを35%、
そして総死亡のリスクを29%、
それぞれ有意に低下させていました。

致死性ではない心筋梗塞や狭心症のリスクに対しては、
一定の傾向は示さず、
脳卒中(非致死性)については、
むしろリスクは増加する傾向を示しました。

ただ、こうした心血管疾患のリスクの低下は、
主にエンパグリフロジンのデータが元になっていて、
他のSGLT2阻害剤においてそうしたリスクの低下が、
同じように認められることを、
否定するような結果はなかったものの、
現時点で同等の効果があるとする、
明確な根拠は認められませんでした。

有害事象については、
矢張り性器感染症は有意に2倍を超えて増加していましたが、
データによりかなりその程度にはばらつきが見られました。

SGLT2阻害剤は非常に興味深いメカニズムの薬で、
2型糖尿病の治療薬としては、
これまでにない特徴を多く持っているのですが、
エンパグリフロジンの心血管疾患リスク改善のデータに関しては、
まだ単独の結果と考えて、
それがSGLT2阻害剤の特徴であるかどうかは、
今後の研究を待つ必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る