So-net無料ブログ作成

5年間のスタチン治療のその後の影響について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
20年間のスタチン治療の効果.jpg
今年のCirculation誌に掲載された、
5年間のスタチンの治療が、
その後の20年間の患者さんの予後に、
与える影響についての論文です。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の高値が、
心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の大きなリスクであり、
そのリスクの高い方に限定して治療を行えば、
スタチンというコレステロール降下剤により、
心筋梗塞などの予防効果のあることは、
多くの精度の高い臨床試験で実証された事実です。

ただ、実際の治療効果は、
概ね5年から10年程度の期間で検討されていて、
それを超える長期間の患者さんの予後については、
そのデータはまだ不足しています。

今回の研究はスコットランドにおいて、
45から64歳で心筋梗塞の既往がなく、
血液のLDLコレステロールの数値が平均で190mg/dL程度の、
トータル6595名の男性に対して、
くじ引きで2つの群に分け、
一方はプラバスタチン(商品名メバロチンなど)という、
スタチンを1日40ミリグラム使用し、
もう一方は偽薬を使用して、
平均で4.9年の経過観察を行なったデータが元です。
その試験が終了後、
15年を超える経過観察を行い、
結果として治療期間を含め、
20年を超える経過観察を行われています。

これは5年間は治療群はプラバスタチンが使用されていますが、
その後は使用が継続されているケースもあり、
そうでないケースも混在しています。

その結果…

20年間を超える観察において、
5年間のプラバスタチンによる治療は、
総死亡のリスクを13%、
心血管疾患による死亡のリスクを21%、
それぞれ有意に低下させていました。

一方で癌による死亡リスクや、
心血管疾患以外による死亡リスクについては、
両群で有意な差はありませんでした。

観察期間の累積の冠動脈疾患による入院は18%、
心筋梗塞による入院は24%、
心不全による入院は35%、
こちらもプラバスタチン群で有意に低下していました。

つまり、
スタチンの治療を5年間行なった効果は、
20年に渡り心血管疾患による予後の改善に寄与する、
ということになります。

こうしたデータは実際には大規模なものは殆ど存在していないので、
非常に貴重なものだと思います。

スタチンの治療が心血管疾患の予防に有益であることは、
ほぼ間違いのない事実ですが、
問題はこの治療を一生続けるべきなのか、
それとも一定期間の治療の後に、
中止しても問題のないものなのか、
と言う点にあると思います。

今回のデータなどを見る限り、
最も必要性の高い時期に、
5から10年を目安に治療を行ない、
その間に病気の発症が認められなければ、
中止して様子を見るのも、
1つの考え方であるように思います。

病気を起こした場合の再発予防としては、
原則期限は決めずに継続の方針で良いと思いますが、
まだ病気を起こしていない場合の、
いわゆる一次予防としては、
どの程度の期間、どのタイミングで治療を行うことが、
最も効率的であるのかの検証が、
もっと行われるべきではないでしょうか。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る