So-net無料ブログ作成

石井岳龍「蜜のあわれ」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の記事は映画の話題です。
それがこちら。
蜜のあわれ.jpg
室生犀星の昭和30年代に書かれた晩年の小説を、
石井岳龍(石井聰亙)さんが幻想的に映画化した作品が、
今映画館で上映されています。

これは原作は会話だけの作品で、
犀星自身がモデルの老作家が、
自分の持て余した性欲の対象として、
昼間は人間に変身する金魚を妄想して、
その妄想相手と対話する、という、
エロティックで詩的な怪作ですが、
作家自身それが妄想であることを承知しているので、
ちょっとメタフィクションのような趣があります。

原作は特に結末などはなく終わるのですが、
映画では原作の趣向は活かしつつ、
老作家の死までを描いて、
もう少し話を膨らませて結末を付けています。

これはなかなか面白い映画で、
鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」を、
彷彿とさせるような感じがあります。

老いと死とエロスがテーマになっていて、
幽霊も出来きますし、
ノスタルジックな風景を繊細に描きながら、
二階堂ふみさんの金魚が、
赤い衣装でヘンテコな踊りをするような、
遊び心もあります。
障子を開けると雨が降っていたり、
鏡が突然割れて、
そこに多くの女の顔が映る、
というような幻想的なカットもあります。

ただ、「ツィゴイネルワイゼン」のような、
全編を貫く「謎」がなくて、
現実の奥さんの声が聞こえてくるような、
思わせぶりなところはあるのですが、
全然別個の時空が不意に現れるような、
ミステリアスな部分が希薄であったことが、
個人的には少し残念でした。

せっかくここまでやったのなら、
もっと徹底してやって欲しかったな、
という思いはあるのです。

以下少しネタバレがあります。

原作は室生犀星自身が登場する訳ではないのですが、
映画ではほぼ室生犀星自身として、
老作家を描いています。

演じるのは大杉蓮さんですが、
意外に老年期の犀星に似ています。
昭和34年が舞台ということになっていますが、
雰囲気はもっと古い感じで、
大正モダニズムみたいな雰囲気もあります。

金魚を二階堂ふみさんが演じ、
幽霊を真木よう子さんが演じます。
ここまでは原作通りですが、
高良健吾さんが芥川龍之介の幽霊を演じ、
死んだ芥川と老作家が対話する、
という趣向は映画のオリジナルです。

芥川が犀星の詩に天才を見て嫉妬し、
犀星が芥川の死に衝撃を受けた、
という史実を巧みに取り込んでいて、
この趣向は面白いと思いますし、
演じる高良さんがまさに芥川そっくりです。

犀星は「蜜のあわれ」(原作は勿論「蜜のあはれ」です)を、
書き上げて数年後に肺癌で死ぬのですが、
映画では肺癌で余命が数ヶ月という診断を医師から受け、
それが金魚の妄想を生むきっかけであった、
という設定になっています。

原作は金魚との他愛のない対話のうちに幕が下りますが、
映画では愛憎の末に金魚を追い出し、
金魚の死が金魚屋から告げられ、
ラストは死んだ犀星の頭の中で、
金魚とダンスを踊るという素敵な妄想で幕が下ります。

実際には犀星には妻と娘がいて、
妻は卒中で死に、最後までその看病をしていたのですが、
妻か娘のどちらの声かは分かりませんが、
目に見えない「お父さん」という声が、
何度か聞かれるという場面もあります。

死と生の境が曖昧になる感じは、
なかなか素敵に描かれていて、
二階堂ふみさんも大杉蓮さんも、
着実にその世界を生きている感じがして素敵です。

ただ、もう少し幻想のほころびから無残な現実が覗くような感じが、
あった方が僕の好みではありました。

いずれにしても、
なかなか素敵な映画なので、
特に鈴木清順の幻想映画がお好きな方には、
お薦めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

ハイバイ「おとこたち」 [演劇]

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
ハイバイ「おとこたち」.jpg
岩井秀人さん率いる劇団ハイバイの、
「おとなたち」を観て来ました。

この劇団は恥ずかしながら今回が初見です。
何となくタイミングが合わず、
スルーすることが続いていました。

今回の作品は2014年に初演された作品の再演ですが、
練り上げられた作劇と、
巧みな演出とアンサンブルに見応えがありました。

4人の男の愚かしい人生をそれぞれに辿る、
というような内容で、
演劇ではある種定番の趣向ですが、
ダラダラとした芝居になり易いところを、
ちょっと俯瞰的な視点と、
登場人物たちによる解説的なナレーションなどを、
巧みに利用して変化を付けた構成が活きています。

内容には少し不満もあるのですが、
クオリティの高い面白い芝居として、
お薦めはしたいと思います。

以下ネタバレを含む感想です。

クレーム対応の仕事を孤独に勤め上げた男と、
製薬会社のMRで、計画通りの人生を、
仕事においては進んでいながら、
1人息子の子育てで計画を誤った男。
酒で人生を棒に振る役者と、
自由人を気取りながら、
妻と愛人に翻弄される男という、
それぞれの人生を送る4人の男の人生を、
20代から80代まで辿る、という趣向の作品です。

オープニングでもっと若い設定と思っていた役者さんが、
実は老人ホームの入所者で認知症だった、
と分かる趣向が斬新で、
一気に物語に引き込まれます。

役者は主人公の4人の男を演じる4人の役者が、
時にはナレーターを務めて物語を進め、
それ以外の男性の役も交互に演じ分けます。
これは記録を見ると初演では、
作・演出の岩井さんが役者としてサポートしていたようですが、
今回の再演では全ての男性の役を、
その4人が演じる形にブラッシュアップされています。
それ以外に2人の女優さんが出演し、
4人の男性に絡む複数の女性の役を演じています。

3つの高さの違うほぼ方形の舞台が作られていて、
一番下を一種の楽屋スペースとして使用し、
そこで話し合われた事項が、
上の2つの舞台で演じられます。
この辺りの演出は、
非常に練られていると思いました。
普通の発想だと、
1つの方形の舞台の下に、
役者が待機するようなスペースを作って、
上と下で芝居を展開させることが多いと思うのですが、
それでは変化が少なく面白みが乏しくなるのです。
それを複雑な立体感で、
変化を付けたことがクレヴァーだと感じました。

4人の主人公の人生については、
もう少し変化があっても良いように感じました。
2人の女性に翻弄されるフリーターの男性は、
どのような仕事をどのように続けていたのかが、
途中から不鮮明になってしまいますし、
破天荒な役者さんが、
新興宗教に入って早逝してしまうのも、
唐突で物足りなく感じます。
製薬会社勤務の仕事人間も、
中年の時期をすっとばして定年を迎えますが、
何処まで会社で上り詰めたのかも定かではありません。
お互いの人生の結びつきが、
もっとあっても良かったと思いますし、
そこに人生の驚きのようなものが、
もっと潜んでいても良かったのではないでしょうか?

個人的にはオープニングの趣向が斬新で面白かったので、
何歳であっても老けた演技などせずに、
全編をそのまま演じた方が、
より面白かったのではないかと感じました。
前半はそうするつもりなのかな、
と思ったのですが、
実際には後半では半端に老けた芝居などもするので、
その点がちょっと一貫性がないように感じたのです。

総じて、小劇場版人生スケッチとしては、
水準を超える出来栄えで、
役者さんの芝居も趣があり、
楽しく観ることが出来ました。
ただ、内容にはちょっと食い足りない部分もあったのです。

今日はもう1本映画の記事があります。
メッセージを送る