So-net無料ブログ作成

「僕だけがいない街」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の記事も映画です。
それがこちら。
僕だけがいない街2.jpg
三部けいさんの漫画を原作にしたSFタッチのミステリー、
「僕だけがいない街」を、
何となく気の迷いで観てしまいました。

原作はコミック版を7巻まで読みました。
これは最初の2巻目くらいまでは、
かなり絶妙に面白いのですが、
その後は基本的に主人公が、
少年時代に戻って、
かつての事件を解決しようとする、
というだけの物語になってしまうので、
次第に最初のワクワク感は、
消えてゆくように感じました。

映画はラスト直前までは、
非常に忠実に原作をなぞる感じになっているのですが、
監督はテレビドラマ畑の演出家で、
テレビドラマと全く同じ質感で、
画面は展開されてしまうので、
巻頭5分くらいで、
「しまった。僕の考える映画とは、
違う世界の代物だった」
ということに気づいてしまいました。

以下少しネタバレがあります。

この作品は一種のタイムリープもので、
主人公が修正の必要な惨劇や悲劇の前に、
何度か時間が巻き戻される、
という趣向になっています。
そうしているうちに、
周りでどんどん事件が起こり、
主人公は母親殺しの犯人にされてしまいます。

ここまではとても面白いのですが、
その後事件の裏には、
自分が小学生の頃の出来事が絡んでいそうだ、
ということになると、
今度は小学生の頃まで一気に時間が戻ってしまいます。

これは時間の巻き戻しというより、
タイムトリップという感じのものなので、
それまでの短時間の時間の繰り返し、
という趣向とは明らかに違っていて、
こうしたことの起こる理由も、
全く明らかにはされないので、
ちょっとついていけない感じがありました。

勿論フィクションですから、
突拍子のないことが起こっても、
何ら問題はないのですが、
主人公だけに何故こうしたことが起こるのか、
この時間の巻き戻しには、
どのようなルールや法則性があるのか、
という点については、
もう少し説明や前提がないと、
幾らフィクションとは言え、
あまりに何でもあり過ぎて、
まずいように思いました。

原作でも最初は時間の巻き戻しに、
何らかの意味を持たせている感じなのですが、
一旦時間が子供時代に戻ってしまうと、
「子供時代に戻って歴史を修正する話」
になってしまって、
それまでの謎めいた巻き戻しには、
あまり意味がないことになってしまったように思いました。

これが原作の一番の不満です。

映画は正直テレビドラマと同レベルのクオリティで、
それ以上の物にしようという姿勢や、
映画の大スクリーンならではの表現などは皆無でした。
出演する役者さん達の演技も、
テレビドラマで披露するものと同質か、
それよりもむしろ準備不足のように見えました。
カット割りや構図にも、
特色や工夫が感じられませんでした。
刃物が刺されて血が流れるような場面がありますが、
偽物の赤い液体がただ出るだけ、
という感じのやる気のない絵作りでした。

特に原作の犯人の設定は、
まあ格別意外ということはないのですが、
その発覚の場面を含めて悪くないと思っていたので、
映画の役者さんの演技や、
不自然な老けメイクなどは、
落胆するしかありませんでした。

そんな訳で全く乗れない鑑賞だったのですが、
原作の完結とアニメシリーズの完結と、
シンクロした企画のようなので、
独立した映画としてその出来を云々するのは、
お門違いなのかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

タランティーノ「ヘイトフル・エイト」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
何もなければ1日家で過ごす予定です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ヘイトフルエイト.jpg
タランティーノの新作が比較的地味に公開されました。
感想など読むと「詰まらなくて長い」、
というものが多かったので、
どうしたものかな、と思っていたのですが、
実際に観た人から話を聞くと、
「最近のタランティーノでは一番面白かったよ」
と言われたので、
急遽観ることにしました。

観た感想としては、
初期の「レザボア・ドックス」と「パルプ・フィクション」を、
ミックスしたような作品で、
「遊星からの物体X」を換骨奪胎した後半になると、
とてもワクワクしながら観ることが出来ました。

タランティーノ好きには、
まずはお薦めしたいと思います。

ただ、確かに上映時間は長くて、
話が転がるまでが2時間近くあるので、
さすがにもう少し切り詰めるべきではないかと感じましたが、
この常識外れなところも、
ある意味タランティーノらしいと思わなくもありません。

以下少しネタバレがあります。

タランティーノが仕掛ける密室ミステリー、
のような宣伝になっているのが、
ちょっとミスリードで良くないと思うのですが、
実際には前作と同じマカロニ・ウェスタンの世界で、
吹雪のロッジに閉じ込められた8人の男女が、
血みどろの殺し合いを演じ、
全員が結局死亡して終わりになります。

元ネタはカーペンターの「遊星からの物体X」です。
これはSFサスペンス仕立てのグランギニョールの傑作で、
雪に閉じ込められた南極基地という設定が、
吹雪のロッジに変換され、
そこで捨て身になったカート・ラッセルが、
ライフルを構えて、
誰がエイリアンの変身であるのかを詰問する場面が、
サミュエル・L・ジャクソンが、
矢張り銃を構えて、
他ならぬカート・ラッセルを殺した犯人が誰かを、
詰問する場面に変換されています。

前半は本当に淡々と進むのですが、
コーヒーに毒が混入されたことが、
ナレーションで示されたところから緊迫が高まり、
2人の男が盛大に血を吐いて倒れると、
タランティーノお馴染みの、
残酷暴力絵巻が開幕します。

クライマックスに畳み込むと思うところで、
一旦時制が巻き戻されます。

これもお馴染みのタランティーノ・マジックですが、
巻き戻しのタイミングは絶妙で、
殺されたり、あっさりと殺されかかったりしている面々が、
元気にいっぱしの悪党を、
喜々として演じる姿が挿入されることで、
人間の儚さが漂い、
生と死が逆転したような不思議なムードが高まります。

多くの過去作品をモチーフにしながら、
こうした時制を操る巧さは、
さすがタランティーノだと思います。

閉じ込められる8人は、
1人を除いて同情の余地のない悪党ばかりで、
一般庶民は物語の開幕前に皆殺しにされています。
微妙な1人は北軍の将軍を演じるボケ老人ですが、
彼は一番恰好良く、
血みどろ残酷劇が始まる前に処刑されます。

観ている僕らは、
最初に既に殺されているような立ち場なのですが、
ある種神の視点になって、
その後の残酷絵巻を見守る他はないのです。

これがタランティーノの傑作であるかは、
微妙なところで、
どちらかと言えば目立たない地味な作品に分類されると思いますが、
それでも立派にカルトにはなっていて、
また何度か見直したい魅力には満ちているのです。

最後に上映環境についての不満ですが、
上映されている劇場はビスタサイズにしか対応しておらず、
70ミリフィルムで撮影されているのに、
テレビでシネスコ画面を観るのと同じ、
上下の切れた画面での上映になっていました。

昔フィルムの映画館では、
シネマスコープや70ミリの映画では、
ガーと横に画面が広がって、
それだけでワクワクしたものなのですが、
今の映画館の多くでは、
シネスコは上下がビスタサイズより小さくなってしまうので、
画面が横に大きく広がるということがなく、
とてもガッカリしてしまいました。

こんなことで良いのでしょうか?

それでは今日はもう1本映画の記事が続きます。
メッセージを送る