So-net無料ブログ作成

コウモリの免疫の謎 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
コウモリの免疫.jpg
今月のPNAS誌に掲載された、
コウモリの遺伝子を解析した、
興味深い論文です。

コウモリはエボラウイルスやSARSウイルスを始めとして、
多くの病原性の高いウイルスを媒介する動物として知られています。

コウモリの体内で生きているウイルスが、
その糞便などを介して、
人間にも感染を起こすのです。

それでいて、
コウモリ自身はエボラウイルスが体内にいても、
特に熱を出したり、
飛べなくなったりすることはないようです。

それは一体何故でしょうか?

今回の研究では、
その人間を含む他の哺乳類と、
コウモリとの違いが、
免疫にあるのではないかという推論の元に、
免疫系の中でもウイルス感染の防御の主力武器である、
インターフェロンというサイトカインの、
産生能の違いを解析しています。

その結果…

1型インターフェロンの遺伝子座(loci)は、
他の哺乳類のそれが350から1000kbあるのに対して、
250kb以下と極めて小さく圧縮されていて、
インターフェロンαに関して見ると、
他の哺乳類は7から18種類の遺伝子が関与しているのに対して、
たった3種類の遺伝子しか機能していません。

しかし、他の哺乳類では、
1型インターフェロンは通常は産生されず、
ウイルスが体内に侵入した時のみに、
産生されて外敵の攻撃に使用されるのに対して、
コウモリの1型インターフェロンは、
常時体内の全ての組織において、
その産生が継続されています。

人間ではインターフェロンα1のmRNA(蛋白合成を反映)は、
脾臓、肝臓、腎臓には検出されますが、
健康な状態ではそれ以外の組織では検出されません。
その一方でコウモリでは、
身体の全ての組織で検出されるのです。

要するにコウモリの体内では、
人間などの他の哺乳類では、
命に関わるような重篤な症状を来たすような、
ウイルス感染の防御に、
特化したインターフェロンのみの産生が、
常時行なわれていて、
そのためにウイルスを保有していても、
健常な状態を保つことが出来る、
ということのようです。

ただ、インターフェロンの産生増加は、
発熱などの感染症状の原因でもある訳ですから、
コウモリでは常時免疫が亢進していながら、
それが定常状態で平気でいられることの、
説明にはあまりなっていないようにも思います。

いずれにしても、
ゾウは癌抑制遺伝子が多いので癌にならず、
コウモリはインターフェロンが常時産生されているので、
ウイルス感染があっても平気など、
動物の生態を知ることは、
病気の治療や予防に有用な情報を、
提供してくれることは間違いがなく、
今後の研究の積み重ねを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る