So-net無料ブログ作成
検索選択

小児甲状腺癌の遺伝子変異(2016年アメリカの報告) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
小児甲状腺癌の遺伝子変異.jpg
今年のThyroid誌に掲載された、
小児甲状腺癌の遺伝子変異の頻度を検証した論文です。

甲状腺癌の頻度は成人でも子供でも、
世界的に増加しています。

ただ、症状のない段階での超音波検査などが、
以前より広く行われるようになったので、
そのために見掛け上頻度が増えている、
という可能性も指摘されています。

20歳以下もしくは18歳以下の小児甲状腺癌は、
成人の甲状腺癌と比較して、
その生命予後はトータルには良く、
甲状腺癌による死亡率は2%未満と報告されています。

その一方で、
小児甲状腺癌はその診断の時点で、
より進行していることが多く、
リンパ節や肺の転移も多いことが知られています。

甲状腺癌には、
幾つかの特徴的な遺伝子変異のあることが報告されていて、
その変異の有無と、
病状の経過や癌の組織型との間には、
一定の関連があることも指摘されています。

こちらをご覧下さい。
甲状腺癌の遺伝子変異の頻度の図.jpg
これは成人の甲状腺の遺伝子変異の一覧ですが、
一番頻度の多いのはBRAFの変異で、
基本的に乳頭癌には多いが濾胞癌にはなく、
進行した乳頭癌の場合には、
その予後に一定の影響を与えると考えられています。

次に多いのがRET/PTCの再配列の変異で、
これもBRAFと同じように濾胞癌にはなく、
主にRET/PTC1とRET/PTC3の2種類があり、
RET/PTC3の再配列の異常は、
放射線誘発癌の特徴の1つと考えられています。

RAS変異というのは、
非常に多くの固形癌に見られる遺伝子変異ですが、
甲状腺乳頭癌には少ないことが特徴です。

甲状腺癌の場合、
この3種類の遺伝子変異が、
重複せずに単独で存在していることが、
1つの大きな特徴だと考えられています。

それ以外に、
PAX8/PPARγの再配列の異常があり、
これはその意義は明確ではありませんが、
乳頭癌にはなく、
濾胞癌に多く見られることが特徴だと報告されています。

ただ、これは敢くまで成人のデータです。

小児甲状腺癌の遺伝子変異は、
成人甲状腺癌とは異なる特徴があるとされています。
BRAF変異が成人より少なく、
RET/PTC再構成の頻度は成人より多い、
ということは複数の報告がありますが、
そのデータは成人と比べると限られています。

今回のデータは、
アメリカ、サンディエゴの単独施設によるものですが、
39名の18歳以下の甲状腺癌の患者さんの切除組織において、
遺伝子変異の有無と種類を検証しています。

39名中29名は女性で、
平均年齢は14.7歳(7.9から18.4歳)でした、

その結果…

39例中53.9%に当たる21名で、
BRAF、RAS、RET/PTC、PAX8/PPARγの、
いずれかの遺伝子変異が認められました。
BRAF変異は9例に、
RET/PTCの再配列異常は6例に認められ、
いずれも甲状腺乳頭癌でした。

甲状腺乳頭癌の患者さん28例中、
57.1%の患者さんで上記4つの変異のいずれかが認められ、
32.1%はBRAF変異で、
21.4%がRET/PTC再配列異常
(5例がRET/PTC1で1例のみRET/PTC3)、
3.6%にRASの変異がある、
という比率になっていました。

濾胞癌5例のうちでは、
1例にRAS系の変異が、
もう1例にPAX8/PPARγ再配列異常が認められ、
濾胞癌の要素を含む乳頭癌6例のうち3例では、
いずれもPAX8/PPARγ再配列異常が認められました。

また、
BRAF変異を持つ患者さんの88.9%は、
15歳を超えていましたが、
RET/PTC再配列異常の患者さんは、
その全てが15歳以下でした。

今回の結果は、
これまでの報告とほぼ一致するもので、
15歳を超える年齢層では、
ほぼ成人と同じ遺伝子変異のパターンを示し、
甲状腺乳頭癌においては、
BRAF変異が主体ですが、
15歳以下においては、
RET/PTC再配列異常が遺伝子変異としては最も多く、
平均2.9年程度の観察期間においては、
その予後には特に差は見られなかったようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る