So-net無料ブログ作成
検索選択

オイスターズ「この声」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の記事になります。

それがこちら。
この声.jpg
名古屋を中心に活動している劇団
「オイスターズ」の新作公演が、
先日駒場アゴラ劇場で行われました。

この劇団は初見です。
何か初物で面白いものはないかと思っていて、
不条理な会話劇というような感想を読んだので、
どんなものかしら、
と思って観てみたのです。

役者は4人だけで、
ただの平板を置いただけの舞台に、
ちょっとした小道具が置いてあるだけのセットです。
暗幕もなく、
劇場の黒い壁を剥き出しのままで使用し、
ドアやエレベーターもそのまま使用しています。
音効も殆どなく、
照明も地あかりから始まり、
場面により少しアクセントを付けて方向を変え、
ラストに向けて色を少し入れて絞ってゆく、
というだけのシンプルなものです。

上演時間は1時間10分ほどの短さで、
役者の動きもあまりなく、
主に身体を固定したまま2人で会話を繰り返すだけの場面が、
その時間の多くを占めています。

不条理劇と言えなくもないのですが、
会話のすれ違いに、
あまり冴えたところを感じないので、
ただまどろっこしいだけ、
というように感じて、
2場面くらいを過ぎると、
観ているのが苦痛になります。
演技レベルがそれほど高いものではないので、
台詞にリズムがなく、
役者の動きや表情を見ていても、
明確な意識や感情の流れが感じられません。
棒読みと棒立ちは意図的なものだということですが、
仮にそうだとしても、
それを体現する演技水準は低く、
棒立ちと棒読みが芸にはなっていません。

つらいなあ、と思いながら、
最後までどうにか観た、
という感じで芝居は終わってしまいました。

他の方の書いた感想などを読む限り、
過去の作品には面白そうなものもあるので、
この作品のみで評価することは良くないと思うのですが、
正直最近観た芝居の中では、
技術的な面を含めて、
最も低レベルのもので、
この作品でお金を取って上演するのは、
ちょっときついなあ、
と感じたのが正直なところです。

辛口の感想になり申し訳ありません。

以下ネタバレを含む感想です。

舞台は女子高(おそらく)で、
中年の美術の先生(男性)と、
3人の女子生徒が登場人物です。

先生が油絵を描いているところに、
1人目の女子生徒が現れ、
友達がゾンビになりそうなので、
どうすれば良いのか、
という相談を先生にします。

ゾンビになってしまったら、
凶暴で押さえつけるのは難しいので、
ゾンビになる前に友達を押さえつけるべきでないか、
というような話になり、
女性徒は姿を消します。

入れ替わりに2人目の女性徒が現れ、
自分のクラスにいじめがあり、
ある生徒が別の生徒を鎖で縛ろうとしている、
というような話をします。

また入れ替わりに3人目の女性徒が現れ、
死んだらどうなるのか、
というような話をします。

先生はその3人の話を結び付け、
ゾンビになるというゲームをして、
友達をいじめている女性徒がいて、
3人目の女性徒がそのいじめられている生徒だ、
というように思うのですが、
3人目の女性徒にした天国と地獄の話が、
セクハラを受けた、
というような話になってしまい、
自分が責められる様な展開になるので、
慌てて弁明を始めます。
どうやら先生にも裏の顔があるようで、
自分の妻と子供を描いたという、
最後まで観客には見えることのない先生の絵は、
猟奇的な作品であるようにも思われます。
そのうちに、
鎖が舞台に持ち込まれ、
1人目の女性徒によって、
先生は鎖で椅子に縛り付けられてしまいます。

最後に3人の女性徒が一同に会すると、
実際には3人は初対面であったことが分かり、
3人が退場した後に、
先生は縛られて1人残されます。

誰かが虐待されている、
というような話をしているうちに、
している本人が同じように虐待される、
というような話は、
別役実の芝居などでは、
お馴染みの趣向です。

ただ、こうした趣向は、
最初はその人物が部外者であることが明確なのに、
知らず知らずのうちに当事者になってしまう、
という自然な移行にその妙味があるのですが、
この作品では、
1人目の女子生徒が鎖を引きずって登場し、
何の段取りもなく先生を縛り付けてしまうので、
不条理にも感じませんし、
ショッキングにも感じません。

ストーリーの核は先生にあり、
先生の心理が観客に共有されないと、
こうしたドラマは成立しないのですが、
先生役のキャストの芝居が、
あまり自然なものではなく、
大仰なアクションが唐突に挟まれながら、
意識の流れを観客に伝える技術がなく、
表情も乏しいので、
とてもそうした効果は出ていません。

要するにこうしたシンプルな会話劇で、
かつ自然な会話ではなく、
食い違いから物語が進行するような性質の舞台では、
自然に感情を伝えられるような役者の技量が、
何より重要なもので、
それがないと芝居自体が、
体をなさないものになってしまうのですが、
今回の舞台では演技がその水準には達していない、
ということなのではないかと思います。

ただ、戯曲自体もそれほど完成度の高いものとは思えません。

最初にゾンビが出て来て、
それからいじめが出て来て、
最後に天国と地獄が出て来るのですが、
死と暴力とエロスのイメージとして、
あまり観客の想像力を喚起するものではなく、
ゾンビの説明なども、
これまでの引き写しでオリジナルではなく、
イメージが固定化する一方で、
説明は詰まらないので退屈に感じます。

これはもっとオリジナルな設定を用意して、
それを徐々に説明するような手法が、
より良かったのではないでしょうか。

また、先生の内面にももう少し踏み込まないと、
物語が膨らまないと思うのですが、
猟奇的な絵を匂わす場面はあるものの、
それも展開しないままに終わってしまうので、
非常に物足りなく感じてしまうのです。
謎の絵は勿論、
最後まで謎のままで良いのですが、
謎がそれだけで展開がない、
という点が良くないと思うのです。

演出は、
オープニングに上演中の注意事項を、
校内アナウンスとして流す趣向が冴えていて、
そこだけは抜群に面白いのですが、
それ以外は感心しません。
暗幕も吊らずに劇場の壁を剥き出しにしているのですが、
それで壁に向かって結構大声を出すので、
声が反響して聞きづらくなっていました。
これではいけません。

何もない舞台で演じるのであれば、
演技がもっと水準の高いものでなければいけません。
お金を取ってプロとして見せている以上、
「何でお金を取るのか」
という点をもっと考えるべきではないでしょうか?

すいません。
期待が結構大きかったので、
辛口の感想になってしまいました。

これからも頑張って下さい。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

刈馬演劇設計社「クラッシュ・ワルツ」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
クラッシュワルツ.jpg
名古屋を中心として活動している、
刈馬演劇設計社の代表作の1つ、
「クラッシュ・ワルツ」が、
今駒場アゴラ劇場で上演中です。
今回が再々演になります。

これは非常に気合の入った面白い作品で、
観て良かったと思いました。

3年前の交通事故の加害者と被害者が、
事故のあった交差点に面する家で顔を合わせます。

このシンプルである意味平凡な設定から、
果たしてどのような演劇的興奮が、
導かれるでしょうか?

刈馬カオスさんによる台本は、
ちょっと詰め込み過ぎの感はありますが、
重層的で巧みな構成力で、
観客の想像力を簡単に超えて見せます。

その内容は、
市井の一事件を扱いながら、
最近の社会問題から人間の精神のあり方まで、
非常に普遍的で俯瞰的な構図を見せます。
それでいて、何処かの劇団のように、
安易に昨今の事件や社会問題を、
そのまま取り上げるようなことはしていません。

その凛とした姿勢に、
非常に共感と感銘を受けました。

更には、
舞台上で女優さんが生着替えをして、
そこで舞台の空気感が一変するような、
鮮やかな演劇的な仕掛けもあります。

ただ、言葉がかなり硬くて、
全て直球勝負の感じなので、
レトリックの面白みが希薄に感じます。
別役実にしても岩松了にしても、
本筋に関わりのない表面的な会話や、
レトリックのようなもの、
ある言葉や行為に対する固執のようなものがあって、
それが作品に深みを与えているのですが、
この作品には基本的にそうしたところがなく、
生の感情がぶつけ合うだけで終わってしまうので、
劇作としての深みには乏しい、
という印象がありました。

もう少し遊びがあり、
もう少し説明されない部分が、
あっても良いのではないでしょうか。

劇作の素晴らしさと比較すると、
役者さんの演技や演出面は、
素人的なものを感じます。

演技は部分的に様式化されていて、
すり足的な動きをしたり、
激情を身体は固定したまま至近距離で吐き出したりと、
かなり演出されている印象で、
転位21時代の山崎哲演出のような雰囲気もあるのですが、
それが徹底されている訳ではなく、
5人の役者さんの演技の質はかなり違いますし、
バタバタと身体を動かして、
コミカルな表現を見せたりもするので、
トータルなバランスは、
あまり良いとは思えません。

刈馬さんは平田オリザさんのところに、
以前は在籍していたそうですが、
それでどうして、
このような不自然でバランスの悪い演技スタイルを好むのか、
ちょっと理解の出来ないようなところがあります。

舞台も布を使い白い花を散らした、
ちょっと様式的なものですが、
あまり効果的なものではなく、
特に舞台の後方を役者さんが横切る姿を見せるのは、
見え方も良くないので、
まずいと感じました。

照明も素人臭く、
特にラストのワルツの場面で、
沢山の色の明かりが無造作にバッと点くのは、
幾ら何でも…と思いました。

以下ネタバレを含む感想です。

3年前に信号や横断歩道のない交差点で、
若い女性が5歳の子供を、
交通事故で死なせてしまいます。
それからその交差点に、
1日も休むことなく、
犯人の女性は白い花を供えます。

しかし、交差点に面した家に住む中年の夫婦にとっては、
家をマンションに建て替える計画があり、
そこが交通事故の現場であることを示すような花の存在は、
風評被害でマンションの価値を落とす結果になります。

それで、夫婦が別々に、
白い花を手向けたと思われる若い女性を、
家に連れて来るのですが、
それが犯人の女性と、
同じくらいの年齢の、
死んだ子供の母親であったので、
ひょんなことから、
立場の違う2人の女性が、
その家で顔を合わせる事態になります。

そこに更に、
今は離婚している死んだ子供の父親も、
姿を現します。

交差点に面した家の男は、
風評被害になるので白い花を手向けることをやめて欲しい、
と加害者の女性に言いますが、
女性はそれには答えず、
被害者の父親は強行にそれに反対します。
犯人は一生苦しむべきであり、
そのために花をこれからも手向けるべきだと言うのです。
交差点に面した家の妻は、
自分に事故の責任があるのだ、
と言い出します。
その交差点は信号や歩道がなく危険であることは、
以前から分かっていたのに、
安全神話のようなものを信じて、
事故の危険性を無視していた。
だから、自分達は罪を負うべきで、
加害者に何かを強制することは出来ない、
と言うのです。

そこで被害者の母親は、
加害者の女性を許すと言い、
派手な衣装を取り出すと、
黒い地味な服を着ていた加害者の女性に、
その場で着替えるように強制します。
彼女がその場で着替えた時、
犯人の女性が被害者の父親に強要され、
関係を結んでいたことが明らかになり、
その子供がお腹にいることも示唆されます。

その秘密が明らかになったことで、
白い花を毎日捧げるという儀式は、
その意味を失います。
客が去った交差点に面する家では、
実は妻は胃癌で長い命ではないことを、
夫が知っていて、
それでマンションを建てて家を売り、
余生を沖縄で静かに過ごそうと、
計画していたことが分かります。

隣家の子供の弾くたどたどしい「花のワルツ」の調べに乗せ、
妻は「誤りをおかしながら、それでも少しずつ良い方に向かっている」
という意味のことを話し、
2人は不器用にワルツを踊って終わります。

作劇はなかなか巧みで、
意外性もあり、
交通事故を扱いながら、
福島の原発事故を想定した台詞もあって、
随所にハッとさせるようなディテールがあります。

加害者役の女優さんが舞台上で生着替えをして、
それが予想外の展開を生む、
という段取りも、演劇的で良いのです。

別役実や岩松了、山崎哲に平田オリザという先達を、
巧みに咀嚼して独自の構成に活かしているのもよく分かり、
真摯なテーマに対する姿勢が、
それを単なる物真似に終わらせていません。

ただ、この作品を活かすのであれば、
もっとリアルな演技を普通にこなせる水準の役者が、
不可欠であると思いますし、
舞台装置もリアルな茶の間を、
基本的には感じさせるものの方が良かったと思います。
演出も着替えの場面にもっと神経を使うべきで、
そこでそれまで隠されていた、
1人の生身の女が立ち上がる、
というような情感が必須ではないでしょうか。

作品自体は素晴しいと思うので、
また違った演出での上演を、
期待したいと思います。

今日はもう1本あります。

それでは次に続きます。
メッセージを送る