So-net無料ブログ作成

プロトンポンプ阻害剤と認知症との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日のため、
診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
プロトンポンプ阻害剤と認知症.jpg
今月のJAMA Neurology誌の解説記事ですが、
プロトンポンプ阻害剤という胃薬で、
認知症の発症が増えるのでは、
というショッキングな内容です。

プロトンポンプ阻害剤は強力な胃酸の抑制剤で、
その効果の高さから、
世界中で広く使用されている薬剤です。

その使用は通常は一時的とされていますが、
逆流性食道炎の治療や、
抗凝固剤や抗血小板剤を使用時の副作用予防には、
継続的な使用が認められているので、
継続の長期処方も多いのが実際です。

これは海外の統計ですが、
65歳以上の人口の2から3%は、
この薬を長期使用している、
というデータもあります。

このように広く使用されているプロトンポンプ阻害剤ですが、
その胃酸を抑える作用の強力さから、
長期使用の際の有害事象も、
しばしば報告されるようになりました。

以前同じJAMA系列の医学誌の解説をご紹介しましたが、
ほぼ確定したものとして、
プロトンポンプ阻害剤の長期使用により、
急性と慢性を含めた腎機能障害と、
低マグネシウム血症、
クロストリジウム・デフィシル菌による腸炎、
そして骨粗鬆症のリスクが増加します。

それに加えて、
今回指摘されているのは認知症の発症リスクの増加です。

2015年に発表されたドイツの認知症研究の疫学データでは、
2911名の75歳以上の対象者を解析した結果として、
プロトンポンプ阻害剤の使用により、
認知症の発症リスクは1.33倍(1.04から1.83)、
アルツハイマー型認知症のリスクが1.44倍(1.01から2.06)、
それぞれ有意に増加した、
と報告されています。
これはやや微妙な結果ではあるのですが、
上記解説記事と同じ紙面に掲載された、
矢張りドイツの健康保険のビッグデータを解析した結果でも、
プロトンポンプ阻害剤の使用により、
認知症のリスクは1.44倍(1.36から1.52)、
有意に増加したとする結果になっています。
例数は7万例を超えます。

数千例程度のデータでばらつきはあるものの若干の傾向があり、
それが数万例規模のデータによって、
より絞り込まれている感がありますから、
どうやらこうした現象があること自体は、
間違いのないことのようです。

それでは、
プロトンポンプ阻害剤は、
認知症の原因の1つなのでしょうか?

それについては、
まだ断定的なことは言えません。

高齢者でプロトンポンプ阻害剤を長期間飲んでいるような人は、
他にも多くの病気を持ち、
別の薬も複数飲んでいる可能性が高いからです。

たとえば、
アスピリンを心血管疾患の予防のために使用していて、
その副作用を予防するために、
プロトンポンプ阻害剤を使用しているような患者さんでは、
アスピリンを使用しているような状態、
すなわち心臓病や脳梗塞などが、
認知症のリスクを上げている可能性もあります。

勿論ある程度の認知症の別個のリスクについては、
補正した上で統計データは出されているのですが、
全てのそうした要因を、
補正するようなことは、
実際には非常に困難です。

従って、
この問題については、
もう少し対象者の条件を同じに設定したような臨床データが、
必要不可欠なものになるのです。

それでは、
仮にプロトンポンプ阻害剤が認知症の原因になるとして、
そのメカニズムは想定されているのでしょうか?

幾つかの知見が存在しています。

まず、プロトンポンプ阻害剤は、
血液脳関門を通過するので、
脳に作用する可能性は否定出来ません。

動物実験のレベルでは、
プロトンポンプの阻害により、
アミロイド蛋白の産生や分解が、
共に促進される、というデータがあります。
プロトンポンプ阻害剤であるランソプラゾールにより、
脳内にβアミロイドが蓄積した、
という論文もあります。

また、ビタミンB12などの神経の成長に関わる栄養素の吸収を、
プロトンポンプ阻害剤が阻害する、
という知見も、認知症のリスクに関連がないとは言えません。

こうした知見からは、
プロトンポンプ阻害剤が認知症、
特にアルツハイマー型認知症のリスクになることが、
場合によっては有り得ることのようにも思われます。

いずれにしても、
現時点で分かっているのはここまでです。

今後プロトンポンプ阻害剤と、
認知症との間のミッシングリンクが、
その存在の有無はともかくとして、
解明されることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る