So-net無料ブログ作成

パラドックス定数「東京裁判」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日からクリニックは年末年始の休診となります。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
東京裁判.jpg
男のみのキャストで、
骨太な会話劇が特徴の劇団「パラドックス定数」の、
代表作である「東京裁判」が、
今数回目の再演として、
閉館が決まっているpit北/区域で上演されています。

僕はこの劇団は今回が初見ですが、
非常に素晴らしい舞台で、
小劇場ならではの美しい結晶体のような芝居です。

後半は切なくてボロボロ泣いてしまいましたし、
本当に観て良かったと思いました。

その題名の通り東京裁判を扱っているのですが、
5人の日本人の弁護人が主人公で、
目には見えない戦勝国の判事と検事達に対して、
「勝者が戦争を裁くことが出来るのか?」
という一点突破の無謀な弁論に挑む姿が描かれます。

舞台は地下倉庫のような、
かつての渋谷ジャンジャンを思わせるような小劇場で、
黒い素の舞台に机と椅子だけが置かれ、
最初から最後まで音効は一切なし。
唯一の演劇的な仕掛けは、
ラストに被爆者である弁護士が立ち上がると、
照明が絞り込まれるという演出のみです。
それ以外は照明も地明かりのままなのです。

つまりは、ほぼ史実通りの台詞だけで、
1時間40分ほどの上演時間を、
動きも殆どなく押し切るのです。

普通はかなり無謀な試みと思えるところです。
音効くらいちょっと入れないともたないかな、
と思ってしまうところですし、
もう少し個々のキャラクターを浮かび上がらせるような、
人物描写の台詞も入れたくなるところです。

しかし、そうしたことは一切せずに、
純粋な台詞劇として成立させているところに、
この作品のある種の潔さがありますし、
この作品に限って言えば、
その試みは成功していると思います。

正直、最初の30分くらいはまどろっこしい感じもあります。
実際は聞こえる筈の判事や検事の台詞や、
実際には聞こえていた筈の効果音などを、
一切取り払っていながら、
その間合いだけは空けているので、
観客として会話のリズムを掴むのが難しいのです。
しかし、中盤から後半になると、
そんなことはあまり気にならなくなります。
前半は全ての声が聞こえていた方が、
勿論わかり易いのですが、
後半もその調子であれば、
今度はそうした音は全て邪魔になると思います。
この辺の引き算の発想は、
なかなか普通の演出家や作家には、
真似の出来ない芸当ではないかと思いました。

トータルにはモノトーンの三谷幸喜、
というような感じがあります。
三谷幸喜さんでも書きそうな話の展開ですし、
後半の盛り上げ方や落としどころは良く似ている部分もあります。
ただ、三谷さんであれば、
もっと人物をコミカルに彩色して、
「食べやすい芝居」に仕上げたと思うのですが、
そうしたことはしていない分、
後半の感動はより大きなものになっているのです。

役者さんは5人とも水準を超えた芝居で、
これも成功の一因です。
ただ、とても1946年に生きていた人には見えない、
というところが、
仕方のないことですが少し残念には感じます。
劇団チョコレートケーキの実録ものは、
意外に「昔いたのじゃないか」
と思えるような役者さんを配置していて、
その辺りは一考の余地があるように思いました。

いずれにしても小劇場としては、
必見と言って良い水準の見事な舞台であることは確かで、
その上ちょっと歴史のお勉強も出来たような気分になります。
公演は大晦日まで続きますので、
本物の小劇場のマスターピースに触れたい方は、
是非劇場に足をお運び下さい。
心にちょっと刺さりますよ。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る