So-net無料ブログ作成
検索選択

心筋梗塞後の患者さんへの消炎鎮痛剤使用のリスクについて [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わります。
朝から診療の準備をして、
それから今PCに向かっています。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
心筋梗塞後の消炎鎮痛剤の使用リスク.jpg
先月のJAMA誌に掲載された、
心筋梗塞をされていて、
「血をサラサラにする薬」を使用されている患者さんが、
痛み止めや解熱剤を使用することで、
どのようなリスクがあるのかを検証した論文です。

実地の臨床において、
日々悩ましい、
僕にとっては身近な話題です。

非ステロイド系消炎鎮痛剤と呼ばれる一連の薬剤があります。

アスピリン、メフェナム酸(ポンタール)、
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)、
イブプロフェン(ブルフェン)、ロキソプロフェン(ロキソニン)、
セレコキシブ(セレコックス)などがその代表で、
COXと呼ばれる酵素を阻害することにより、
炎症性物質のプロスタグランジンを抑え、
それにより痛みを和らげたり、
熱を下げたりする作用のある薬です。

非常に簡便ですぐに効果が実感出来るため、
痛みや熱の症状に対しては広く使用されています。
医療機関での処方以外に、
多くの薬剤が既に処方箋なしで、
薬局で気軽に買える薬となっています。

しかし…

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、
多くの副作用や有害事象のある薬でもあります。

一番多いのが消化管出血で、
これは胃粘膜で防御因子であるプロスタグランジンを、
抑制することが主な原因と考えられています。
また、心筋梗塞や脳卒中などの、
心血管疾患の発症リスクを増加させることも知られていて、
心血管疾患の患者さんでは、
その使用は控えるべきだとされていますが、
実際にはそうした患者さんに対しても、
痛み止めや解熱剤として、
こうした薬は広く使用されているのが実態です。
特に心筋梗塞後の患者さんなどでは、
抗血小板剤の使用が行われているので、
その場合の非ステロイド系消炎鎮痛剤の使用は、
より出血系の合併症などを増やす可能性が否定出来ません。

それでは、
実際にどのくらいの期間非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用すると、
心血管疾患の患者さんにおいて、
どのくらいのリスクがあるのでしょうか?

今回の文献では、
国民総背番号制を取るデンマークにおいて、
診療と処方のデータを解析することにより、
初回の心筋梗塞発症後の患者さんにおける、
非ステロイド系消炎鎮痛剤の処方と、
患者さんの予後との関係を検証しています。

61971名の心筋梗塞後の患者さんを登録し、
そのうちの34%が非ステロイド系消炎鎮痛剤の使用を行なっていました。
平均で3.5年の観察期間中に、
そのうちの29.2%に当たる18105名が死亡し、
8.5%に当たる5288例で出血系の合併症が、
30.0%に当たる18568例で心血管疾患が新たに発症していました。

非ステロイド系消炎鎮痛剤の使用により、
未使用と比較して出血系の合併症は2.02倍(1.81から2.26)、
心血管疾患のリスクは1.40倍(1.30から1.49)、
それぞれ有意に増加していました。
この消炎鎮痛剤によるリスクの増加は、
3日程度の短期間の消炎鎮痛剤の使用においても、
既に認められていて、
薬の種別による差は有意には認められませんでした。

つまり、
心筋梗塞後で抗血小板剤を使用しているような患者さんでは、
短期間の使用でも非ステロイド系消炎鎮痛剤の使用により、
出血系の合併症や心血管疾患のリスクが、
最大で2倍程度増加する可能性があり、
その意味でそうした患者さんには、
痛み止めや解熱剤は極力使用を控え、
使用する場合にも、
アセトアミノフェン以外は極力使用しないことが、
現時点では望ましいと思われます。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る