So-net無料ブログ作成

吸入型インスリンの効果と安全性について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後とも通常通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
吸入インスリンの効果と安全性.jpg
今月のLancet Diabetes Endocrinol誌に掲載された、
吸入型インスリン製剤の効果と安全性についての論文です。

インスリンが高度に欠乏した状態における、
糖尿病の治療薬の柱は、
インスリン注射ですが、
毎日自分で皮膚に針を刺して注射をする、
という方法には、
抵抗のある患者さんが多くいらっしゃることは事実です。

より早期にインスリン注射を導入して、
膵臓への負担を避ける、というような治療もありますが、
現実的には自己注射という方法がネックになって、
その導入はあまり積極的には行われていません。

それでは、
注射以外の方法で、
インスリンを補充することは出来ないのでしょうか?

インスリンはアミノ酸が繋がったペプチドホルモンですから、
飲み薬として使用しても、
消化酵素の働きで分解されてしまうので、
有効な形では体内に吸収はされません。

それで次には、
口や鼻の粘膜から吸収させるような方法が考案されました。

ただ、点鼻のインスリンは血液中には、
あまり効率的には移行しません。
口腔粘膜も同じように不安定で、
インスリンの効きを調節することが難しいのです。
そのため、この方法も血糖コントロール目的としては、
現実的でありませんでした。
この点鼻のインスリンは、
脳の刺激作用から、
認知症に対する効果が研究されています。
これは裏を返せば、
あまり全身的に血糖を下げる面での有効性は乏しい、
ということを示しているのです。

そして、唯一残った可能性が、
インスリンを含む粒子を、
口から吸入して肺から吸収させる、
という手法です。

これが吸入型インスリンで、
要するに喘息や慢性閉塞性肺疾患に使用するような、
細かい粉を口から吸引するような方法です。

2006年にファイザー社から、
世界初の吸入型インスリンが発売されました。

しかし、この製剤は発売後1年で販売は中止されています。

その理由は1つには、
吸入器が使いづらく、
あまり実用的な器具ではなかった、
ということで、
もう1つはインスリン粒子の吸引により、
肺が障害され肺の機能が低下する可能性が、
危惧されたからです。

その後、
今度はサノフィ社とアメリカ医薬ベンチャーにより、
Afrezzaと名付けられた吸入型インスリンが、
2014年にアメリカのFDAで認可され、
2015年には全米でその使用が開始されました。

この製品は吸入器が使い易く改良されているのが、
一番の特徴で、
肺への障害性は、
完全に否定された訳ではありませんが、
それほどリスクの高いものではない、
という判断で、
喘息や肺疾患の患者さんには禁忌で、
しかも定期的な肺機能検査を義務付けるという限定の元に、
その使用が許可されたのです。

口からこのインスリンを吸入すると、
15分以内には血液のインスリン濃度がピークに達します。

つまり、従来の食前15分くらいで使用する、
即効型インスリンと同様の効果を示しています。
製剤は4単位用と8単位用が用意されています。

従って、
この吸入インスリンのみでコントロールが可能なのは、
ある程度はインスリン分泌の残っている、
食後血糖が主に高いタイプの患者さんで、
インスリンの分泌が殆どない、
1型糖尿病の患者さんでは、
吸入インスリンの使用に加えて、
持続型のインスリンの注射も併用する必要があります。
つまり、現時点では、
注射をなくす、ということにはならないのです。

今回の論文では、
このタイプの吸入型インスリンに関する、
これまでの臨床試験の結果をまとめて解析して、
その効果と安全性を、
従来注射型のインスリンと比較しています。

その結果…

同じ単位のインスリンで比較すると、
皮下注射より吸入型インスリンのHbA1c低下効果は低く、
その一方で重症の低血糖や体重増加のリスクも有意に低い、
という結果になっていました。
吸入型インスリンの有害事象としては、
軽度の一時的な咳症状と、
呼吸機能の1秒量の有意な低下を認めました。(平均で0.038リットル)

つまり、
これまでのインスリン製剤の問題であった、
低血糖や体重増加という面では、
吸入型インスリンは優れていて、
勿論注射のように針を刺すようなことはないので、
その点では大きな利点があります。

しかし、
肺に吸入することによる肺障害の可能性については、
僅かにはせよ肺機能が低下していることや、
一時的にはせよ咳症状が出ていることなどは、
気がかりな部分ではあります。

今後日本においても、
吸入型インスリンは導入されると思われますが、
注射のインスリンに完全に代用出来るようなものではなく、
吸入インスリン特有の問題点も残っているので、
今後の知見の蓄積に注意を払いつつ、
その導入を待ちたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る