So-net無料ブログ作成
検索選択

大人計画ウーマンリブ13「七年ぶりの恋人」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
電子カルテのレセプト作業がまだ慣れず、
昨日はペースが掴めずに徹夜に近い感じになってしまいました。
まだ、ボーッとしています。

今日は日曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
7 年ぶりの恋人.jpg
大人計画で官藤官九郎さんが作・演出を務めた、
ウーマンリブのシリーズが、
7年ぶりに新作で上演されました。

主催の松尾スズキさんとしては、
ほぼ開店休業状態の大人計画ですが、
劇団員のみ8人の精鋭での今回の上演は、
クドカンワールド全開の、
とても楽しい舞台に仕上がっていました。

以前のような毒は影を潜めていますが、
その分抵抗なく全編を、
ただ楽しみだけで観ることが出来ます。

阿部サダヲ、池津祥子、伊勢志摩、皆川猿時、
村杉蝉之介、荒川良々、少路勇介、官藤官九郎、
と名前を並べただけでワクワクします。
この面々がホームグラウンドで、
彼らを知り尽くしたクドカンの脚本の元、
自由自在に演技合戦を繰り広げるのですから、
それで面白くない訳がありません。

以前のクドカンであれば、
観客の期待は分かっていながら、
敢えてそれを裏切るようなことをしたと思うのですが、
今回はそうしたことはなく、
阿部サダヲさんの役柄での司会によるアンコールまで、
王道の観客サービスが続きます。

キャストの皆さんも大人になり、
大人計画は完了した、
ということなのかも知れません。

今回は完成度が高く、
とてもお勧めです。

以下ネタバレを含む感想です。

オープニングは「夜のヒットスタジオ」的な、
懐かしの音楽番組の生収録風景から始まり、
7年間活動していなかったアイドル・デュオが、
楽屋に籠ったまま出て来ない、
という何処かで聞いたような展開になります。

このアイドル2人は、
池津祥子さんと伊勢志摩さんの、
疲れたおばさんの2人組で、
かつての衣装がパツパツで入らないので、
密かにスタジオを脱出しようとしています。

これがオープニングで、
そこから、中学生が季節外れのサマフェスに、
そのおばさんアイドルを呼んでしまった話とか、
自宅でパーティーの最中に発情する大学の先生の話、
パチンコのCRの格闘ゲームの撮影の話など、
それぞれ独立しつつ、
オープニングにも微妙に絡む9本のコントが展開して、
最後はオープニングから繋がるエンディングで終わります。

基本的にはいつものウーマンリブのパターンですが、
構成は緻密に練り上げられていて、
歌謡曲の時代に対する郷愁と、
ちょっとした年を重ねたアイドルの悲哀もあるのですが、
それもさらっと流して、
対立する2人が合体するという、
いつものクドカンのテーマも入れながら、
円熟した怪優たちの競演を、
心ゆくまで楽しむことが出来ます。

過激な部分は影を潜めた、
かなり穏当な仕上がりなので、
物足りなく感じる方もいるかも知れませんが、
僕は充分堪能しましたし、
キャストの皆さんも、
最近では一番生き生きと演じていたと思います。

非常にクドカンとしては観やすく、
得をした気分になる作品なので、
是非にとお勧めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
メッセージを送る