So-net無料ブログ作成
検索選択

月刊「根本宗子」第11号「超、今、出来る、精一杯。」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日ですが、
石田医師が休診のため、
午前午後とも石原が診療します。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ネモシュー11号.jpg
根本宗子さんの二本立て公演の、
新作の2本目に足を運びました。

1本目は2013年の作品の再演だったのですが、
緻密な舞台で感銘を受けました。

今回の2本目もそのためにかなり期待をしたのですが、
期待が大きかったのと、
もう少し別個のものを想像していたからかも知れません。
最初は面白い構想だな、
と思ったものの、
キャストが1人ずつ正面を向いてモノローグを語り出すので、
この調子でこれを人数分何度もやるつもりなのか、
と、その安易さにちょっとガッカリして、
その後も前作の緻密さは欠片もない、
かなり荒っぽい作劇だったので、
最後まで乗り切れませんでした。

セットは前作と全く同一ですが、
舞台の上方があまり生かされていないなど、
使い回しの感じにも疑問が残ります。

今回の作品はクドカンに似ていて、
クドカンなら2時間くらいにまとめて、
もう少し猥褻さやグロな感じを入れるところを、
そうした点を除外して、
1時間40分にスリムにしています。

一緒に行った妻は、
「雑で準備不足だけど、前のものより良かった」
と僕とは真逆の感想で、
「どうせオタクに見せることを想定しているんだから、
目的は果たしているんじゃないの」
と身も蓋もないようなことを言っていました。

観客が満足ならそれで良いのかも知れませんが、
僕には何か釈然としませんでした。

以下ネタバレを含む感想です。

舞台は明日までなので、
観劇予定の方は、
必ず観劇後にお読み下さい。

スーパーマーケットの店長が、
スーパーマーケットアイドルを募集して、
スーパーの宣伝とバイトの両方を掛け持ちさせよう、
というずるい企画を立ち上げます。

宣伝もするただのバイトに過ぎないのですが、
それでも30名近い応募が来て、
そこから6名が選抜され、
店長の恋人を含む7名がアイドルグループとして、
ローカルデビューすることになります。

ソーセージの店頭販売の売り上げで、
センターが決まるという段取りになるのですが、
一旦決まったセンターは、
策略により店長の恋人に代わってしまいます。

これに怒った他のメンバーは、
次々と店長と関係を結び、
それに伴って猫の目のようにセンターも代わります。

そして、39歳で純粋にアイドルを目指していた女性1人を除き、
残りの6人の女性は店長の子供を妊娠します。

誰が子供を堕ろし、
誰が子供を産むかでもめ事になるのですが、
そこに登場した店長が、
あまりに無自覚であることに腹を立て、
39歳の女性が店長を殺害します。

それから6人のライブ中に、
全員が切迫になってライブ中に出産。
ラストは赤ちゃんを皆で抱いての舞台で終わります。

こうしてあらすじを書くと、
意外に破天荒で面白そうですが、
実際にはそれほど弾んだ舞台にはなりませんでした。

それは何故かと言うと、
構成が雑で細部が練られていません。
お芝居の間に、7人の女性が、
それぞれ正面の客席を向いて、
自分の生い立ちや何故アイドルに応募したのか、
というような内面を独白するのですが、
本来お芝居の中で判明するべきことを、
そのまま客席に内面の声として話してしまうので、
舞台の面白みが説明し過ぎで減弱してしまうのです。

別にモノローグ自体が悪い、
ということではないのですが、
語られている内容が、
舞台を見ていれば、
何となく想像出来る範囲の事項で、
格別の意外性はないので、
二重に説明を重ねるような、
効率の悪い感じになってしまっています。

作家は作品を書く前に、
個々の登場人物の背景やキャラを決める訳ですが、
その設定表のようなものを、
そのまましゃべっているような感じなのです。

これではいけないのではないか、と感じました。

台詞に重複と無駄が多過ぎます。

店長の人物像も、
加藤啓さんの雰囲気におんぶにだっこの感じがあり、
細かいディテールが書き込まれていないので、
全てのキャストが妊娠する、
というような流れに説得力がありません。

そもそも、インチキアイドルであっても、
売り込みから振り付けやダンスの指導。
プロデュース面も含めて、
様々な労力が必要な筈で、
それが何も知らないような店長と、
その後輩の男性の2人だけで、
成り立ってしまうことにも無理があるように思います。

ほら噺であるからこそ、
そうした細部にそれなりの説得力がないと、
観客を惹き込めるような作品には、
ならないのではないでしょうか?

ここまでは比較的客観的な感想ですが、
ナイロン100℃でも異彩を放つ大好きな新谷真弓さんが、
あまりに魅力なく損な役回りに描かれていることには、
個人的にかなり失望しました。
彼女は確かに作品で描かれているような、
鈍臭い感じのキャラでもあると思うのですが、
人間離れをしているような役柄を、
平気で出来るようなところが一番の魅力なので、
余人には真似出来ないオーラで、
もっと堂々と唯一無二のアイドルを演じて欲しかったと思います。

総じて勢いのみで成立してしまったような処があり、
劇団員の演技もキャラもいつも同じというのも、
あまりに工夫がないように感じます。
もう少しじっくり準備をして、
納得のいく作品に仕上げて欲しかったと思います。

次に期待します。
頑張って下さい。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る