So-net無料ブログ作成

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診ですが、
往診とグループホームの診療には出掛ける予定です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
歌舞伎ワンピース.jpg
人気漫画のワンピースを原作とした、
当代猿之助のスーパー歌舞伎の第二弾が、
今新橋演舞場で上演されています。
11月1日の昼の部の舞台に足を運びました。

当代猿之助の手によるオリジナルのスーパー歌舞伎の第一弾は、
佐々木蔵之介とのダブル主演で、
イキウメの前川知大さんが台本を手掛けるという、
かなり思い切った企画でしたが、
かなり迷走した感じの作品になっていました。

地味で暗い話で爽快感はなく、
歌舞伎役者よりゲストの歌舞伎以外の役者さんに、
主立った役の多くを任せるというキャスティングにも、
違和感がありました。

そして、次は有名な漫画が原作という、
とても歌舞伎との相性が良いとは思えない企画です。

本当に大丈夫なのか、というのは、
多くの歌舞伎ファンが、
率直に抱いた気持ちだったのではないかと思います。

ただ、実際に幕を開けた、
このスーパー歌舞伎版ワンピースは、
意外に躍動感のあるワクワクする作品に仕上がっていて、
前作のスーパー歌舞伎の10倍は間違いなく面白く、
最大のライバルと言って良い、
劇団新感線の井上歌舞伎と比較しても、
少なくともこの数年の新感線の舞台よりは、
遥かに胸躍る作品でした。

特に1幕の掴みと2幕の怒涛の展開が素晴らしく、
3幕はかつての先代のスーパー歌舞伎のイメージに近い世界に回帰して、
作・演出の横内謙介さんの悪いところが出た感じになったのが、
ちょっと残念ではありましたが、
それでも充実した舞台であったことは、
トータルにも間違いはありません。

耳にすぐ馴染むテーマ曲を、
オープニングからガンガン掛けて、
ストーリーの世界を、
プロジェクション・マッピングを使いながら、
影絵と字幕だけでシンプルに表現する出だしが巧みで、
幕が開いて奴隷市場から物語が開始され、
そこで人魚が売り物にされると、
主人公と仲間たちがそれを阻止しようと集まる、
という趣向も気が利いています。

今回の白眉は2幕で、
大監獄インペルダウンでの攻防戦を、
巨大な城壁やプロジェクション・マッピングの屋台崩し、
おそらくこれまでで最も大規模な本水の滝の立ち回り、
そして客席上をサーフィンで飛ぶ斜め宙乗りに、
巨大な鯨バルーンのおまけまで付く大サービスぶりで、
費用も掛かっていると思いますが、
それが無駄には決してなっていません。
展開としても、
毒の攻撃で半死半生になった主人公が、
地下のオカマの王国で救われるという辺りが、
場面の変化という点でも抜群で、
カマーランドのロッキーホラーショーの雰囲気が、
アングラ魂を揺さぶるのです。

劇団新感線も全く同じようなストーリーラインを、
何度も舞台に掛けていますが、
特に最近の作品は、
爽快感のない暗い話が多く、
善悪もはっきりせず、
あまりに映像に頼りすぎているので、
舞台が平面的でまるで迫力がありません。

つい最近の新感線の舞台では、
「ワンピースの歌舞伎は大丈夫なのか?」
というような、
やや悪意を感じるくすぐりがありましたが、
今回の作品はその不安を吹き飛ばしたと思いますし、
猿之助丈としても、
してやったりの感があるのではないかと推察します。

ただ、かなりキワどい企画ではあったと思うのです。

ビジュアルもかなりスレスレの感じで、
前半はかなり原作や映画に近い感じを意識し、
後半は徐々に以前のスーパー歌舞伎の、
京劇もどき的なスタイルに回帰してゆきます。
音効はほぼ完全に洋楽で、
マイクも使いまくりです。
役者も歌舞伎出身のグループは、
かなり台詞は歌舞伎調を意識していますが、
そうでないゲストの役者さんは、
普通の台詞廻しで、
新感線調の棒読み力押しで笑いを取ります。
その方が得というところが、
ちょっとずるい感じがします。

何処が歌舞伎なのか、というと、
にわかに答えられないような感じですが、
生粋の歌舞伎役者の右近を、
3幕のみに登場させ、
海賊白ひげを、
義経千本桜の知盛として演じさせる、
という辺りに、
ギリギリのラインが引かれているように思います。
ただ、全体としては、
その部分が場面としては沈んでいたことが、
この企画の難しさを感じさせました。

いずれにしても、
ちょっと枠を破る感じの舞台になったことは間違いがなく、
最近停滞した舞台が続く新感線の皆さんには、
是非観て欲しいな、と思いました。

意外に猿之助はしたたかなところを見せたと思います。
この企画をこの水準に着地させるのは、
控え目に言っても凡手ではありません。
ただ、良くも悪くもそれは宮本亜門的な技術でもあり、
その点が今後の危うさを感じさせることも、
事実のように思いました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
メッセージを送る