So-net無料ブログ作成

放射性物質拡散をどう考えるか? [身辺雑記]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

朝から色々とやることはあったのですが、
何となくボーっとして、
それから今PCに向かっています。

それでは今日の話題です。

こうした話題ももううんざり、
という感じもあるのですが、
過去記事に非常に重要な点をご指摘頂いたので、
今日はその点についての話です。

原発事故後、福島で飼育されていた肉牛が、
全国各地に移動し、
原発付近でたっぷりと放射性物質を浴びた稲藁や汚泥、
廃棄物なども全国に移送されました。

それが今になって深刻な事態を引き起こしているのは、
皆さんもご存じの通りです。

東大の児玉龍彦先生の国会答弁によれば、
福島の原発事故でこれまでに放出された総放射線量は、
熱量の換算で広島原爆の29.6個分に相当するそうです。
プルトニウム換算で20個分とのことです。
「医学のあゆみ」の先月号の先生の記事にも、
ほぼ同じ内容が書かれています。

びっくりですね。

この数字の真偽はともかくとしても、
途方もない量の放射性物質が、
日本の国土のかなりの範囲に放出され、
一部は海などを通じて国外にまで達していることは事実です。

巷には放射性セシウムを身体から排泄するための、
様々な方法がトリビア的に溢れていますし、
薬剤としてのラディオガルダーゼやリンゴペクチンの効果などについては、
ブログの過去の記事でも取り上げました。

所謂「除染」です。

除染というと如何にもその放射能自体が消失するかのように、
何となく思えますが、
実際には放射性物質を、
体内や身体の表面から、
それ以外の場所へと移動させるだけのことです。

放射性物質のトータルな量自体は、
その物質固有の物理的半減期による、
崩壊を待たなければならないのです。

トータルでたとえば1京ベクレルの放射性セシウム137が放出されたとすれば、
その量が半分になるのは30年後のことで、
それはもう確定した事項です。
何かの薬剤を使っても、何処かに埋めても、フィルターを通しても、
海に流しても、
それはその場所から移動したり、
拡散したり濃縮したりはするでしょうが、
その量は急に減るようなことはないのです。

たとえばあなたが1000ベクレルの放射性セシウム137を含む牛肉を食べ、
その後で不安に駆られてリンゴペクチンを食べたとしましょう。

あなたの身体から便や尿を介して、
ある程度の量のセシウムは身体から排泄されます。

しかし、その排泄されたセシウムは、
トイレの排水抗から下水を流れ、
周辺の水系に拡散します。

つまり、セシウム137自体は全く減ってはいないのです。
この凶悪な物質は人間がその手で作ったにもかかわらず、
人工的に消滅させたり、
減衰を早めたりする方法はないのです。

それが現実であり、その現実を直視する必要があります。

「3000ベクレルのセシウムを毎日食べても云々」
という安全性を訴える方の、
いつもの決まり文句がありますね。

これはね、汚染されているのが、
日本の国土のほんの一部分であったり、
被曝を受けた人がほんの一握りの人である場合には、
その通りに成り立つのです。

しかし、原発から100キロ200キロ圏内全域に、
放射性物質がばら撒かれている、
というような状況では、
その正当的な意味合いを失ないます。

その地域においては、
全てが汚染され、汚染の連鎖が起こるからです。

もう1つの例を出しましょう。

少し前に、大阪の市街地の川の水から、
微量のヨード131が検出された、
という報道がありました。

何故こんな場所に今、
という疑問をお感じになった方も、
いらっしゃるのではないかと思います。

これは原発から飛来したものではなく、
放射性ヨードの治療を受けた患者さんが、
退院してその方のおしっこや便、
そして場合によっては呼気から、
周囲に拡散した放射性物質が検出されたものと考えられます。

放射線科の医者は、
これは極微量であり、
環境に影響を与えるものではない、
と考えるのです。

勿論それは極少数の患者さんが、
その治療を受ける、という前提であれば事実です。

しかし、一度に数百万人の患者さんが、
同時にその同じ地域で、
同じ放射線治療を受ければ、
どういうことになるでしょうか?

大阪の街は回復不可能な、
放射線の汚染を受けることになるでしょう。

そうです。

問題は個別の人間や牛が、
その体内に貯め込む放射線の量ではないのです。

勿論それも問題ではありますが、
今回のような大事故の際には、
より問題にしなければならないのは、
トータルの放射線量がどれだけであるか、
ということと、
そのトータルな量の、
環境に与える影響が、
どの程度のものか、
ということなのです。

その本質的な部分を、
多くの方が忘れているように、
僕には思えます。

放射性ヨードは半減期が短いので、
急速に減衰して、
現時点ではγ線の放出源としては、
無視出来るレベルになりました。
被曝を受けた方の影響は、
10年は経たないと検証は出来ません。

今主に問題になっているのはセシウムで、
137と134とが、
主に半々で放出されたと考えると、
134の半減期は2年と短いので、
もう数ヶ月でトータルなγ線の放出量は、
その分は減少し、
後には137が残ります。

セシウム137の身体への影響については、
山下俊一先生は低線量のセシウムで、
チェルノブイリ周辺でも癌の発症などが増えた事実はない、
と断言をされていましたが、
前述の児玉先生は膀胱癌の増加についての、
福島昭冶先生らのデータを、
国会でも示されていました。

これについては元の論文の内容などについて、
また後日記事にしたいと思います。
ただこれは端的に言えば、
セシウムが原因だ、という根拠は、
汚染地域とそうでない地域とで、
膀胱癌の発症に差があった、
というだけのもので、
セシウムとの関連性の根拠には乏しいのです。

セシウム汚染地域にのみ特異的な膀胱上皮の組織所見がある、
という趣旨なのですが、
これは甲状腺癌とヨードのように、
その部位への蓄積が明らかであれば意味を持ちますが、
セシウムは基本的には排泄時に尿管と膀胱とを通過するだけですから、
それが病変の主因である、
と確定することにはやや無理があります。
勿論その可能性を否定するものではなく、
僕は個人的な感想としては、
そうしたことも有り得るかな、
とは思いますが、
腎臓から主に排泄されるのは、
他の多くの放射性物質でも違いはないのですから、
たとえば放射性カリウムでも、
同様のことが起こる理屈になり、
バナナの食べ過ぎは膀胱癌のリスクになる、
ということになってしまいます。

しかし、低線量の放射線の長期の影響を、
膀胱癌というちょっと特異な癌を用いて検証した、
という点では意義のあるものだと思います。
この推論の真偽は、
悲しいことですが、
数十年後の日本が証明してくれることに、
なるのかも知れません。

β線を放出するストロンチウム90は、
半減期29年でこの環境に存在し続けます。

α線を放出する物質が、
どの程度拡散しているのかは分かりません。
ただ、そのエネルギー量はγ線の20倍で、
その恐ろしさは過去に造影剤のトロトラストと、
夜光塗料のラジウムで証明されています。

前述の児玉先生の話の中にも登場した、トロトラストは、
レントゲン撮影に使用する造影剤で、
1930年代から40年代に掛けて非常に多く使用されました。
日本でも勿論使われたのです。

その主成分は放射性物質の二酸化トリウムで、
トリウム232の半減期は140億年でα線を放出します。

人間の体内に取り込まれたトリウムは、
骨髄や肝臓に集まり、
肝臓癌や白血病を高率に発症させることが確認されています。

勿論その使用は現在では行われていませんが、
これも使用された当初には、
「画期的で安全な検査法」であったのです。
当時の全ての医者が、
「ああ綺麗な画像が撮れて良かったね」
と喜んでいたのです。

科学者の言う「安全」というものの実態は、
常にそうしたものです。
その「安全」は時間という自然に存在するパラメーターを、
意図的に無視した次元に成立しています。
自分の研究のみは進歩をし続け、
それ以外の事象はそのままの姿で存在し続ける、
というのが基本的な彼らの世界観です。
皆さんが彼らの「安全」を信じるかどうかは、
今この瞬間の「科学の恩恵」というものを、
刹那的に信じることが出来るかに、
懸かっているのです。
彼らが保障するものは常にそれだけです。

夜光塗料にかつて用いられたラジウム226は、
半減期1600年でα線を出す放射性物質ですが、
それを筆で舐めながら作業をした作業員に、
内部被曝をもたらし、
高率な骨髄障害や骨の悪性腫瘍の発症をもたらしました。

人間の身体に取り込まれたラジウムは、
骨に集積する性質を持っています。

ストロンチウム90の内部被曝自体で、
癌が増加したというデータはないと、
これも山下俊一先生は断言をされていましたが、
それでも骨の癌の発症を危惧する意見が多いのは、
このラジウムの事例があるからです。
ただ、ストロンチウムはβ線を放出し、α線は出さないので、
その意味合いはラジウムとは異なります。

日本人が現時点で被ばくしている放射線の量は、
確かに「低線量」と言って誤りではないと思います。

ただ、それだから安心で何の心配もない、
という考え方は誤りです。

問題はトータルな放射線量の膨大さで、
それによりこの僕達の身近な環境が汚染され、
その「汚れ」は決してすぐには解消しない、
という事実です。

その土地自体が汚染されていれば、
繰り返し繰り返し「低線量の」被曝は積み重ねられるのです。
それを排泄し続ける行為が、
却って膀胱癌の発症を生むのではないか、
というのが前述の福島先生の警告するところです。
人間は生物としてその土地から離れて生存することは出来ないのです。
環境そのものを守る努力をしなければ、
肉やお茶や米や人間の放射線量だけを測定して、
それに一喜一憂してみたところで、
本質的な解決にはならないのではないでしょうか?

震災から5ヶ月。
僕達はその事実を、
もう少し直視した上で、
その膨大な量の放射線を、
果たして拡散させるべきなのか、
それとも集約させるべきなのか、
もう一度根本から考え直す必要があるのではないか、
と僕は思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
メッセージを送る