So-net無料ブログ作成

「彼女がその名を知らない鳥たち」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
彼女がその名を知らない鳥たち.jpg
沼田まほかるさんの原作を、
白石和彌監督がほぼ忠実に映画化し、
魅力的で実力派のキャストが顔を揃えた、
「彼女がその名を知らない鳥たち」を観て来ました。

これは原作がとても良いのですよね。

湊かなえさんと比較されることの多い、
イヤミスのまほかるさんですが、
湊さんよりは格段にミステリーの趣向は上手いですし、
僕は湊かなえさんは嫌いですが、
まほかるさんはそう悪くないと思います。
僕の読んだ中では「彼女がその名を知らない鳥たち」が、
その持続する凄まじい熱量というか、
筆圧のようなものが素晴らしくて、
この手の話としてはラストを含めて、
格別目新しくはないのですが、
キャラは抜群に立っていますし、
ミステリーとしての趣向も成功している、
完成度の高い作品だと思います。

ラストには独特の余韻がありますし、
絶望的な中に陶酔的なカタルシスがあって、
ラストの一文も見事に決まっています。

題名も良いですよね。
多分大した意味はないと思うのです。
謎めいていて、要するに、
「彼女が何かを知らない」
というのがポイントなのだと思うのですが、
そこに幻惑的で無意味な装飾句を付けて、
不可思議な感じを出しているのだと思うのです。
映画では鳥を飛ばしたりして、
それなりの意味をそこに含ましているのですが、
多分それはあまり意味のあることではなく、
「ティファニーで朝食を」と同じで、
映画というのは本質的に、
そうしたジャンルなのかも知れません。

仕掛けのある話なので、
あまり内容を言えないのですが、
どちらかと言えば原作を読んでから、
映画を観て頂いた方が良いと思います。
ラストの衝撃性は、
矢張り原作に分があるように思うからです。

ただ、映画もかなり頑張っています。

蒼井優さん演じる主人公が、
元の恋人の竹野内豊さん演じる黒崎のところに、
電話をしてしまうと、
その折り返しで奥さんが出てしまうというところがあるのですが、
映画では幻聴として黒崎の声が聞こえ、
その場面が浮かぶという表現になっています。
それからDVDに記録された黒崎と主人公との性行為の映像など、
黒崎の登場場面の不気味さの表現の仕方や、
中嶋しゅうさんの最初の登場のさせ方など、
映画のオリジナルの趣向がなかなか成功しています。
この辺り、演出も優れていますし、
台本も原作をリスペクトしながら、
効果的に映像化するために、
非常に時間を掛けて練られていることが分かります。

ただ、不満はラストで、
原作のシャープさと比較すると、
色々と工夫をし過ぎて、
同じ場面を何度も重ねすぎて、
結果として緊迫感が損なわれているように感じますし、
情緒的に盛り上げるのであれば、
デ・パルマの「愛のメモリー」くらいに、
仰々しくやって欲しかったと思います。
ちょっと中途半端でしたよね。
原作のラストの一言と似た台詞を、
最後にブラックアウトで声のみで聞かせるのですが、
これは原作を尊重しているようで、
映画的表現になっていないので、
あまり感心しませんでした。
最後は絵で締めて欲しかったですね。

後松坂桃李さん演じるゲス男が、
主人公にキスをするのは、
原作では2回目に訪問した時なのですが、
映画では最初の訪問の時なので、
それが原作より展開を唐突にしていました。
元々不自然な展開ではあるのですが、
これは原作通りであった方が、
良かったのではないかと思いました。

キャストは蒼井優さんが抜群の安定感で、
この役でヌードにならないのは違和感がありますし、
何となく大竹しのぶ化が危惧されますが、
今回は良かったと思います。
阿部サダヲさんは原作のイメージとは少し違うと思うのですが、
結果としては違和感はありませんでした。

竹野内豊さんと松坂桃李さんが新旧ゲス男で共演するのですが、
こちらもなかなか見応えがあったと思います。

そんな訳で不満もあるのですが、
原作の好きな方にも、
充分満足が出来る映画に仕上がっていたと思います。

なかなかお薦めです。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(2) 

nice! 8

コメント 2

non

まほかるさんの作品を読んだのは確かこれが初めてでした。
衝撃でした。。。人間の奥底にはびこる醜さなのか人間らしさなのか・・
沼田まほかるさんが描く 十和子の闇の描写が、とても繊細で緻密で、あるいは汚くて下品で。人間の暗い奥底をのぞき見たくなるような感覚で、どんどん引き込まれていってしまう、そんな感じでした。。。映画も見てみたいです。蒼井さんはぴったりなイメージだなと思いました。

湊かなえさんのことですよね?湊かおるさん。
by non (2017-11-21 15:28) 

fujiki

nonさんへ
「湊かおる」はうっかりしていました。
皆川猿時さんのキャラと混じってしまったようです。
直しました。
これはなかなか壮絶な作品ですよね。
映画は原作に忠実で、
なるほどと思う変更もあって面白いと思います。
お時間があれば是非ご覧ください。
ただ、ラストは原作の方が良いと思います。
by fujiki (2017-11-21 18:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る