So-net無料ブログ作成

「ジグソウ:ソウ・レガシー」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が外来を担当し、
午後は石原が担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ジグソウ:ソウ・レガシー.jpg
第1作がこれまでにない新しいホラー・スリラーとして、
大ヒットし、
これまでに7作品がシリーズとして製作された、
「ソウ」シリーズの最新作が、
今ロードショー公開されています。

日本では乙一さんの小説などがあるので、
公開当初はそれほど目新しいという印象はなかったのですが、
ある日気がつくと見知らぬ部屋の中にいて、
謎の声が聞こえ、
サバイバルのための残酷なゲームが始まる、
という趣向の面白さと、
徹底した「痛さ」を感じるような残酷描写、
そしてラストに意外な真相が明らかになり、
それを超高速の早回しのように説明するネタばらしなど、
必ずしもこのシリーズがオリジナルとは言えないのですが、
1つの定番の趣向として確立され、
その後のホラーやミステリーに多大な影響を与えました。

ただ、シリーズの常で、
初期の新鮮さは次第に失われ、
残酷描写だけが売り物の粗雑なスリラーにレベルダウンして、
7作目をもって一応の打ち止めとなったのです。

さて、今回久しぶりに復活した「ソウ」シリーズの新作は、
ゲーム殺人鬼のジグソウが、
死亡して10年後が舞台となっています。
死んだはずのジグソウをそのままコピーしたような、
連続殺人が起こり、
何処かで死のゲームが行われているらしい、
という話になり、
その死のゲームの模様と、
それを追う捜査官や検死医の行動が並行して描かれ、
途中で死んだ筈のジグソウが実は生きているの?
という話になり、
そして意外な真相が明らかになります。

正直これまでの「ソウ」シリーズを観ている人には、
ほぼほぼ真相は分かってしまうような内容です。
過去作のあるものと良く似たトリックが使われています。

ただ、そうした点を差し引いても、
原点に戻ろうという姿勢が強く感じられて、
とても楽しく観賞出来ました。
台本もなかなか練り上げられていたと思いますし、
即物的な残酷描写も悪くありませんでした。

悪趣味でグロな映画であることは間違いがありませんので、
万人向きではありませんが、
こうした物がお好きな方には、
「今回のソウは悪くないよ」
くらいは言って間違いがないと思います。

マニアにはお勧めです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(9)  コメント(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る