So-net無料ブログ作成

ほりぶん「牛久沼」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日は演劇の話題が2本になります。

まずはこちら。
ほりぶん4回公演.jpg
カナゴーの異能の人、鎌田順也さんが、
川上友里さんと墨井鯨子さんと組み、
ワンピース姿の女優さんだけが出演するユニット、
ほりぶんの第4回公演が、
本日まで北とぴあのカナリアホールで上演されています。

今年も極めて精力的に活動を続けている、
ナカゴ―と鎌田さんですが、
前回の「地元ののり」が最高に面白かったので、
今回も楽しみにして出掛けました。

今回はほりぶんとしてはこれまでで最も多い、
8人の女優さんの出演で、
牛久沼を舞台として、
色とりどりのワンピース姿の女優さん達が、
沼最後の天然鰻を巡って、
仁義なき奪い合いの闘争劇を壮絶に演じます。

会場のカナリアホールは、
カラオケや会合などで使用するような、
横長の集会スペースで、
演劇として使用するには、
何の色気もないような場所です。
前回ナカゴーの特別劇場で観た時には、
こりゃ、無理だよね、こんな場所じゃ、
という印象があったのですが、
今回は一応目隠しのボードを両側に置いて出入りに使用し、
横長の舞台を上手く使っていました。

女優さんのプロレスもどきの大暴れを観るには、
客席も向い合せの素舞台が、
動きに制約がなくて悪くありませんし、
ビジュアル的には色とりどりのワンピースというのが、
なかなか素敵なのです。
こういう中央舞台は通常の劇場でやると、
台詞が聞き取りにくくなって駄目なことが多いのですが、
今回は劇場も狭い上に、
全編声を張りまくっているので、
そうしたストレスも感じませんでした。

内容は中段で時間が巻き戻るまでは、
馬鹿馬鹿しくも楽しく、
鎌田ワールドを堪能しました。
後半はちょっと着地に迷いのある感じで、
少しモタモタとしてしまったのが残念ですが、
鎌田さんの作品は再演で良くなることが多いので、
この作品もまた今後の練り上げに期待をしたいと思います。

それでは次の記事に続きます。
nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

ひでほ

牛久沼というだけで、いま住んでいるところの近所なのでみてみたいです。下北沢も昔住んでいたところで、本多劇場ができるまえで懐かしいです。牛久沼にはもううなぎはいないらしいです。
by ひでほ (2017-10-23 22:07) 

fujiki

ひでほさんへ
面白いお芝居なのですが、
ほぼ牛久沼には関係はないです。
by fujiki (2017-10-24 06:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る