So-net無料ブログ作成

赤堀雅秋「鳥の名前」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
何もなければ1日ゆっくり過ごす予定です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
鳥の名前2.jpg
最近多方面で活躍をされている、
THE SHAMPOO HATの赤堀雅秋さんが作・演出を勤め、
新井浩文さんや水澤紳吾さんなど、
映像で活躍をされている曲者役者と、
荒川良々さんや村岡希美さんなど小劇場のプロフェッショナルが、
一堂に顔を揃えた舞台が、
今下北沢のスズナリで上演されています。

スズナリの小空間での舞台としては、
贅沢過ぎるような顔ぶれで、
かつての竹中直人さんの舞台のような、
客席の熱気がありました。

赤堀さんの作品はあまり良い観客ではなく、
THE SHAMPOO HATの公演は、
何度か観ようとは思いながら、
他の芝居と同じような時期に上演されることが多く、
何となく観る機会を逃していました。

赤堀さんが作品を書いた、
プロデュース公演には何度か足を運びましたが、
犯罪などを扱ったかなりドロドロした筋立にも関わらず、
まったりしたテンポで淡々と物語は展開し、
何処が山場かも分からないように話が終わってしまうので、
ウトウトしながらの気合の入らない観劇になってしまいました。

今回も不安を抱えながらの観劇となったのですが、
矢張り犯罪なども扱い、
まったりとしたテンポで物語は進むのですが、
小空間ならではの空気感と、
物語の密度とのバランスが良く、
赤堀さんの意図もかなり明確に感じられる舞台であったので、
結構面白く充実した気分で劇場を後にしました。

以下ネタバレを含む感想です。

愛すべきダメ男達の群像劇、
というタイプの1時間50分くらいの芝居で、
主演が誰かは必ずしも明確ではありませんが、
ボロアパートの大家で、
家賃収入でブラブラしている無職の新井浩文さんと、
その友人で会社員の時に痴漢を疑われて仕事を失い、
父親の自転車屋を継いだ赤堀雅秋さんを中心として、
物語は開始されます。

アパートの住人の村岡希美さんと、
赤堀さんを結婚させようと、
新井さんが2人の仲立ちをするのですが、
村岡さんは荒川良々さんにストーカーをされていると訴え、
それを止めさせようと新井さんがサウナに乗り込む辺りから、
得体の知れない闇の世界に引き込まれてゆきます。

親の遺産で食いつなぎながら、
それはいつまでも続くものではなく、
無為に人生を過ごしている中年男達に、
今の社会の閉塞感のようなものが見え隠れします。

「アウトレイジ」のたけしを彷彿とさせるような、
吃音のヤクザを演じる水澤紳吾さんや、
力士上がりの怪しい青年実業家の荒川良々さんの、
怪演技も楽しく、
根本宗子さんは地下アイドルとして物語に絡み、
ストーカーに斬り付けられ殺害されるという、
現実の事件をイメージした役柄を演じます。

ラストは村岡希美さんが嘘吐きの本性を現すのですが、
新井さんも赤堀さんもそれを呑み込んで安スナックの夜は更け、
オープニングで友達から2万円を返せと言われた新井さんが、
ヤクザからもらったお小遣いで、
それを清算したというオチが付いて、
物語は軽快に終わります。

狂気を孕んだ人物が沢山登場する、
という意味では松尾スズキさんの世界にも、
ちょっと似たところがありますが、
良くも悪くも登場するのは「小物」ばかりなので、
壮大な物語になることはなく、
事件としても新聞の1面に載ったり、
3面でも大きく載るような事件ではなく、
一般紙なら3面の片隅に、
小さく載るような哀れを誘うような事件が、
その中心に据えられています。

そして、同時代的な切迫感のようなもの、
将来への絶望と空しさと、
それでも小さな希望を追い求める切なさのようなものが、
観客の心に澱のように残るのです。

作者が意図したその「気分」のようなものを、
観客が共有出来るかどうかが、
こうした作品を楽しめるポイントだという気がしますが、
今回は意図もかなり明確で作品の密度も濃かったので、
充分にその「気分」を感じることが出来ました。

ただ、国会中継をラジオで流したりする、
なくもがなの演出もあって、
「私だって危機感は共有しているのですよ」
と言いたいのかも知れませんが、
その辺は正直余計だと感じました。
いつの時代の何処の場所でも成立する物語だと思うので、
その点は筋を通した方が良いのではないでしょうか。

赤堀さん演じる自転車屋が、
自分が痴漢で捕まった話をしたり、
地下アイドルの根本宗子さん
(彼女の今の立ち位置からすれば、
ちょっと気の毒な役回りに感じました)が、
大して意味のない調子で自転車屋に本音を語る場面などの、
一方向的な「告白」の虚しさに、
充分作品のテーマは感じられると思いました。

役者は手練れが揃っていますから勿論楽しく、
荒川良々さんのサウナでの大暴れなど、
お約束のようなサービスも盛り沢山で、
赤堀さんの僕が観た作品の中では、
最も楽しめる素敵な1本になっていたと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る