So-net無料ブログ作成
検索選択

「セールスマン」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

朝は選挙に行き、
夕方までは家にいて、
夜は「ゴキブリコンビナート」の本公演に、
わざわざお金を払って、
ひどい目に遭いに行きます。
汚れても良い服と合羽、
汚い靴を揃えて臨戦態勢です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
セールスマン.jpg
今年の米アカデミー外国語映画賞に輝いた、
イランのアスガー・ファルハディ監督による新作映画を観て来ました。

イランのテヘランが舞台になっていますが、
日本の高度成長期に近いような都市生活が描かれていて、
全く違和感はありません。

内容はある若いインテリの夫婦の関係性が、
ある事件をきっかけとして、
その根底から崩れてしまうという物語で、
そこにアーサー・ミラーの「セールスマンの死」を、
絡めてある辺りが面白く、
事件自体は妻が正体不明の人物に襲われて負傷する、
というもので、
その真相を夫が追求する段取りや、
後半に設けられた密室劇的なサスペンスは、
ヒッチコックの映画を彷彿とさせます。

巻頭、工事で自宅の高層アパートが崩れそうになるのを、
長回しで捉えた緊迫感も良いですし、
妻が襲われるシークエンスは、
静かに開かれたドアだけで暗示したり、
ラストは一転演劇を思わせる密室での、
緊迫した遣り取りと意外な展開も面白いと思います。

イラン映画ということで、
理解にややハードルが高いことを覚悟して観たのですが、
意外に語り口は親切で分かりやすく、
物語も謎めいていて魅力的なので、
グイグイと引き込まれます。

ラスト辺りの展開をどう感じるかで、
この作品の好き嫌いは分かれるという気がします。

人間が人間を罰することは出来ない、
というのがテーマの1つであることは間違いがないと思うのですが、
夫が悪いことは事実としても、
男の立場から見ると、
被害者の妻のその後の言動も、
あまりに一貫性がなくモヤモヤしているので、
こうした夫婦の関係性であれば、
仮に事件が起こらなくても、
いつかは同じような悲劇が、
2人を襲い断絶に結び付いたのではないか、
というようには思われます。

主人公の夫婦が、
演劇の舞台でも夫婦を演じていて、
映画とミラーの戯曲は、
それほど綺麗にシンクロしているとは思えないのですが、
夫婦関係は壊れていても、
その外見は維持し続けなければいけない、
という辺りの心情を、
舞台にすることで巧みに視覚化していたと思います。

演技や演出のクオリティも高く、
面白い映画だったと思います。

そこそこのお薦めです。

今日もう1本演劇の記事があります。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る