So-net無料ブログ作成
検索選択

シベリア少女鉄道「たとえば君がそれを愛と呼べば、僕はまたひとつ罪を犯す」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
シベリア少女鉄道.jpg
天井桟敷亡き後、
忽然と現れた最後の演劇実験室、
「シベリア少女鉄道」の新作に足を運びました。

ネタが勝負で役者さんは時に記号のように扱われる、
という特異な舞台なので、
感想はいつも公演終了後に書くようにしています。

上演中のネタバレは、
これはもう犯罪の域だからです。

今回の作品は現時点でのオールスターキャストで、
篠崎茜さんの王道ヒロイン復活に、
相手役をおとぼけ王子(おじさん)の加藤雅人さんが勤め、
昔のシベ少を体現する、
状況劇場なら大久保鷹さんに相当する吉田友則さんが、
いつもの医者役で我が道を行き、
浅見絋至さんと川田智美さんの強力コンビが、
冷徹な鬼畜芝居を演じます。
最近やや影の薄い小関えりかさんも踏ん張りを見せ、
ゲストアイドル枠の葉月さんも、
しなやかに脇を固めます。
ほぼ鉄壁の布陣です。

ただ、今回はキャストを立てて、
自由度を広く取ったのでしょうか?

話自体はいつものお芝居の約束事の1つを、
過剰に反復するという、
正直工夫のあまりないもので、
ラストには、
「1つの指輪を男が女に渡す」というだけの行為を、
世界を構成する歯車の全てが軌道して、
運命機械として成立させる、
という力業があって、
少し盛り上がりますが、
これも以前にもっと大掛かりな構想のものが、
沢山あったので、
何を今更、という感じは矢張り抜けませんでした。

土屋亮一さんも多分以前より役者さんに優しくなったのか、
非人間的にキャストを扱う部分が少なくて、
それだけ普通のお芝居に近くなってしまったような感じがありました。

お話はいつもの通りで、
前半は普通に進行しているお芝居を、
後半は徹底的に崩してゆくのですが、
今回は「きっかけがあると同じ段取りを続けてしまう」
というだけのことなので、
もうひとひねりは欲しいところですし、
舞台自体の仕掛けも欲しいところです。

ただ、以前の芝居では、
後半崩れてくると、
もう主筋を追うことが出来なくなってしまったのですが、
今回は崩しながらも主筋は分かる形で継続し、
ラストまでキチンと理解可能になっている点は、
技術的には以前よりレベルが向上していると感じました。

また以前のシベ少の舞台はほぼ全てソフト化不可能でしたが、
今回の作品などは別にDVDにしても問題はなさそうで、
今後はそうした方向も視野に入れているのかしら、
というように思わなくもありません。

エビ中やテレビなどのお仕事も見ると、
色々な意味で普通のお芝居にシフトしつつあるのかな、
というようにも感じます。
ただ、矢張りシベ少の本公演に関しては、
演劇実験室たる孤高を歩んで頂きたいと思いますし、
これはこれで良いとして、
また新たなる地平を目指した前衛的な芝居を、
是非お願いしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 1

ひでほ

シベリア少女鉄道という名前だけで、なんなんだろうと思わせてくれますね。小生も観劇いってないというか、ほとんど好きな女優さんのに行ったくらいで、たまに出かけてみたいと思います。
by ひでほ (2017-06-11 13:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る