So-net無料ブログ作成

クロムモリブデン「空と雲とバラバラの奥さま」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。
今奈良からの更新です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
クロムモリブデン.jpg
1989年に大阪で結成された老舗劇団クロムモリブデンの新作、
「空と雲とバラバラの奥さま」を吉祥寺シアターで先日観て来ました。

この劇団は初見です。
多くの公演を重ねていますが、
何となく観る機会を逸してしまい、
今更観るのもなあ、という感じになって、
これまで観ないで済ませてしまいました。

今回は丁度芝居でも観ようかなあという時に、
たまたま上演していたのでタイミングが合ったのです。

通常は結構シュールな作風のようなのですが、
今回の作品は1990年代の大人計画を思わせるような、
さびれた村でドロドロの人間模様が展開するというストーリーでした。

そもそもは婚姻という制度を、
考え直すという設定が、
元にあったようで、そうした要素も残ってはいるのですが、
どちらかと言えば因習に囚われた村で、
1人のよそ者の来訪者の悪意が、
村の秩序を粉々に破壊してしまう、という話です。

これをかなり抽象的でポップなセットで、
オリジナルな音効と共に、
やや様式的な部分のある演技で綴ってゆきます。

オープニングから中段までは、
語り口は分かりやすいですし、
役者さんの演技もまあまあなので、
ふんふんと思いながら観ていたのですが、
後半はあまり展開らしい展開がなく、
最後はビートの効いた音楽が大音量で鳴り響く中、
キャストが全員で行進しながら台詞を言う、という、
意味不明のちょっと誤魔化した感のある演出で、
何も解決しないままに終わってしまいました。

これには相当にガッカリしました。

総じて全てが中途半端な感じがありました。
セットも抽象なのか具象なのかはっきりしませんし、
衣装もリアルであるのか様式的であるのかはっきりしません。
役者さんの演技も決してリアルではないのですが、
統一された様式があるということでもなく、
個性を少し殺して芝居をしている感じですが、
それが効果的であるとも思えません。

まあこの劇団の作品としては、
今回はやや特殊な感じのものであったと推測されるので、
準備不足の面もあったのではないかと思いました。

個人的には特に後半はかなりきつい観劇で、
次を観るかどうかは、
難しい決断になるかなあ、という感想でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。
石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る