So-net無料ブログ作成

地下空港「サファリング・ザ・ナイト」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

久しぶりに駒沢公園まで走りに行って、
それから今PCに向かっています。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
サファリングザナイト.jpg
移動型演劇「サファリング・ザ・ナイト」を、
すみだパークスタジオで観て来ました。
上演は本日までです。
観たのは2日目でしたが、
内容の性質上早くネタバレしたり批評するのは良くないかな、
と思って本日の紹介となりました。

地下空港は劇団ではなく舞台芸術集団を名乗っていて、
伊藤靖朗さんという方が主宰です。

結構難しいことをお話になっているのですが、
2年前に1回公演を見に行って、
海の神様と人間が宝物を取り合って戦うという、
ティーンエイジャーが主人公のアニメか戦隊もののような話でした。

見ていて少し恥ずかしい感じがあり、
ちょっと僕には向いていないな、
というように感じました。
大分低い年齢層を対象としているのだな、
というようにも感じました。

今回の作品はぴあとの共同で、
アトラクション型というのか、
観客に一定の役割が与えられて、
それに沿って活動する、という形式になっています。

こういうものは嫌いではないので、
どんなものかしらと思って出かけてみました。

舞台は2045年に設定されていて、
そこはオベロンとタイタニアという2つのAIに支配されている世界です。
「火の鳥未来編」みたいな感じのあれですね。
そこで敵対する2つのAIを統合させるというような話が持ち上がり、
その会合に出席するメンバーが観客の1人1人である、
という趣向です。

チケットはオベロンとタイタニアに分かれていて、
それぞれのメンバーの1人として、
観客はまずミーティングのような場に招かれ、
そこで数人ずつのグループに分けられて、
そこにグループリーダーという役者さんが、
1人ずつついて観客を先導し案内します。

すみだパークスタジオは倉庫の連なりですが、
そのあちこちで同時多発的にドラマは展開されます。
最後は倉庫の屋上で終演となります。

スマホのアプリをダウンロードしておくと、
それが随所で活用されたりと、
色々と工夫のある公演でした。

ただ、僕の参加したのは2日目でしたが、
物凄く寒い日で、
外にいる時間が長いので、
寒くて寒くて物語に没入するようなことは出来ませんでした。

ディズニーランドやUSJのアトラクションではないので、
それほど舞台をお金をかけて作り込むことは出来ず、
壁にAIの映像を映したりはするのですが、
それがそう活躍するという感じにはなりませんし、
屋内もちょっと未来風の装飾があるくらいで、
基本的には元の倉庫のままです。

こういう性質のものは、
以前は野外劇や密室劇として、
寺山修司の天井桟敷が得意としていました。
最近ではゴキブリコンビナートの迷路密室劇が、
その作り込みの見事さで印象に残っています。

演劇の場合予算は限られているので、
大きな空間を別世界として構成することは、
基本的に無理があるのです。

それで、寺山修司は密室の完全な暗闇を、
それ自体としてセットとして利用し、
時空を超えるという幻想を表現しましたし、
野外劇ではその町の「事実」そのものを、
虚構化するという手法を取りました。
ゴキブリコンビナートも、
小空間を多層的な迷路として作り込み、
地下都市の幻想を表現しました。

その一方今回の地下空港は、
2045年の未来世界で、
周囲の風景は過去の東京をバーチャルに見せているのだ、
という趣向になっているのですが、
こういう大仕掛けな趣向は、
ディズニーランドのアトラクションなどの得意技で、
演劇ごときではどう考えても無理があると思うのです。

今回は果敢な挑戦だったとは思いますが、
矢張り無理だなあ、という感じを強く持ちました。

スマホのアプリが使用されているのですが、
ダウンロードしていない人は、
グループリーダーの役者さんのものを代わりに使用するので、
結局あってもなくても同じことになるのが、
最初から明らかなのが面白くありません。
もう少し別の工夫が必要だと思いました。

色々と文句は言いましたが、
意欲的な試みでしたし、
グループリーダーのお姉さんがなかなか魅力的で、
一緒に行動するという趣向は悪くありませんでした。

頑張って下さい。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る