So-net無料ブログ作成

少量のアルコールは健康に良いのか?(2016年の新知見) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
少量のアルコールは身体に良い、は本当か?.jpg
今年のJ Stud Alchol Drugs.誌に掲載された、
アルコールの少量摂取が本当に健康に良いのかを、
これまでのデータから再検証した論文です。

少量のお酒は健康に良く、
お酒をたしなむ人の方が長生きだというのは、
広く流布されている言説です。

これは決して根拠のないものではなく、
複数の疫学データや、
それをまとめて解析したメタ解析の論文などで、
ほぼ同一の結論が報告されています。

皆さんも聞かれたことがあるように、
概ね1日25グラムを超えないレベルのアルコール、
具体的には日本酒であれば1合まで、
ビールであれば中ビン1本くらいまで、
ウイスキーはシングルで2杯くらいまで、
であれば、
お酒を全く飲まない人よりも、
死亡のリスクは低い、
という結果が得られています。

日本では厚労省のe-ヘルスネットに、
日本のデータを元にして、
矢張り死亡リスクにおいては、
1日20グラム程度のアルコール摂取が、
最もリスクが低いというデータを公開しています。

ただ、この結果に疑問を呈する意見もあります。

これまでのデータを詳細に検証してみると、
アルコールを飲まない人の中には、
以前はアルコールを飲んでいて、
肝臓が悪くなって禁酒したような、
明らかに体調が悪くてお酒が飲めない、
というような人が多く含まれている、
というようなことが分かりました。

つまり、実際には少量のアルコールを飲んでいる人より、
アルコールを全く飲んでいない人の方が、
体調がそもそも悪いということが多かったのです。

そこで今回の研究では、
これまでの87の臨床データから、
トータルで3998626名のデータをまとめて解析して、
アルコールの摂取量と死亡リスクとの関連を、
再検証しています。

すると、
そのままメタ解析を行うと、
アルコールを完全に飲まない人と比較して、
1日1.3から24.9グラムの人では、
その死亡リスクは14%有意に低下していました。
(95%Ci:0.83から0.90)
そして、以前は飲酒していて今は禁酒している人は、
22%有意に死亡リスクは増加していました。
(95%CI:1.14から1.31)
つまり、これまでのデータと同じように、
1日25グラム未満の飲酒は生命予後に良い影響を与える、
というデータです。

しかし、これを患者さんの健康状態などを加味して再解析すると、
今度は1日1.3グラム未満の、
機会飲酒の人が最も死亡リスクは低く、
1日1.3グラムを超えるアルコールでは、
死亡リスクは有意ではないものの増加する傾向を示しました。
ただ、矢張り明確にリスクが増加するのは、
1日25グラムを超えたくらいからであることには、
違いはありませんでした。

要するに、
飲酒量が1日アルコール25グラム未満であれば、
機会飲酒の人とそれほど違いのない生命予後であること自体は、
間違いはなさそうです。
ただ、アルコールを少量飲むことが、
飲まないよりも健康的である、
というような意見については、
特に以前飲酒をしていて禁酒をしたような人は、
健康面に問題のある可能性も高いので、
データとしての信頼性はそれほど高いものではないと、
そう考えておいた方が良さそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る