So-net無料ブログ作成
検索選択

ビゼー「カルメン」(2016年N響定期公演 演奏会形式) [オペラ]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

先週も怒涛の感じで慌ただしく、
どうにかこうにか切り抜けた(?)
という感じでした。

日曜日の朝は、
色々とやらなくては、
と思いながらも、
どうも力が入らずボーっとしてしまう感じです。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
カルメン.jpg
NHK交響楽団は日本でオペラを演奏するオケとしては、
最高だといつも思っています。
ただ、実際にオーケストラ・ピットに入ることは、
特別の場合のみで、
通常は定期演奏会などでの、
演奏会形式のオペラ上演になります。

最近では東京・春音楽祭でのワーグナーが、
素晴らしかったですし、
NHK音楽祭での「アイーダ」も、
たぶんこれまで生で聴いた同作品の中で、
最も良かったと思います。

豪華なセットでの上演は、
それはそれで良いのですが、
変な読み替え演出で、
昔の話をわざわざ今の衣装で貧相に上演したり、
とてもとても似合わないような衣装を着て、
どう想像力を膨らませても、
その役柄には見えなかったり、
特に最近は日本にお金がないので、
中途半端に安っぽいセットでの上演が多いので、
そのくらいなら演奏会形式で、
音楽をじっくりと味わい、
後は想像力で場面のイメージを補完した方が、
どれだけ良いかと思うようになりました。

ですから、チケット代も割安になりますし、
最近はもっぱらオペラは演奏会形式が好みです。

演奏会形式にもいろいろあって、
歌手が全員ドレスアップして、
棒立ちのまま同じポジションで歌うのが、
昔ながらのスタイルです。
しかし、最近では、
ポジションも変えながら、
かなり演技もしながら歌うという歌手の方が多く、
イメージ映像を加えたりする演出もあります。

サントリーホールのホール・オペラというのがあって、
これは演奏会形式なのに中途半端に狭い舞台などを設置して、
その舞台の上や客席の通路など、
あちこちで演技をしながら歌うというものです。

ただ、ここまですると本来の演奏会形式ではなく、
貧相なオペラと同じになり、
かつ舞台も本格的なものではないので、
音響面でのバランスも却って悪くなります。
僕はこうしたスタイルは大嫌いです。

今回はN響の定期公演ですから、
敢くまでオケが主役という感じになり、
歌手はドレスやタキシード姿で、
ソロはオケの前、
合唱はオケの後ろでそのまま歌うというスタイルです。
ただ、結構歌手は演技はしていて、
カルメンとホセは抱き合う場面は舞台上で抱き合いますし、
カルメンはカスタネットでフラメンコも踊ります。

ビゼーの「カルメン」は、
現行のオペラ上演では屈指の人気作で、
ポピュラーなメロディーにも溢れていますが、
改訂版はフランスのグランド・オペラのスタイルなので、
間奏曲やバレエも入り、
かなり長大であまり初心者向きではありません。

音楽は非常に良く出来ていて、
聴きどころや見どころも多いのですが、
カルメンに圧倒的なカリスマ性がないと、
やっていること自体は意外に過激でもなく、
同じところをウロウロしているだけ、
と言う感じなので、
物語の軸が出来ません。
また集団場面が多いので、
集団シーンに迫力がないと、
見せ場が盛り上がりません。

今回の上演は歌手も世界で歌っている一流どころを揃え、
合唱も日本一の新国立劇場合唱団ですし、
指揮もデュトワなので、
音楽の完成度は非常に高く、
「ああ、カルメンというのはこういう作品だったのだ」
と改めて目から鱗の感じがありました。

カルメン役はケイト・アルドリッチで、
カルメンのイメージそのものというビジュアルと、
その蠱惑的な演技が魅力です。
今回もしっかり演技をしていて、
カルメンになり切った熱演でした。
衣装も深紅のカクテルドレスで通していて、
これぞカルメン、という感じがしました。
ただ、歌に関しては、
以前マスネのオペラで来日した時にも感じましたが、
あまりスケール感はなく、
ぼちぼちというレベルでした。

「カルメン」はオペラとしてセットで上演すると、
中途半端に貧相な感じでガッカリすることが多いので、
ワーグナーと同じように、
今の日本で聴くには演奏会形式の方が遥かにいい、
というのが今の僕の気分です。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 2

加藤嘉一

カルメン初めて見ました。
二幕のカルメン、ドン・ホセの掛け合いはまさに男女の駆け引き楽しい見どころでした。
何度かオペラの放送見ましたが演奏会形式はシンプルで良いですね。
舞台装置や演出ないお陰で決闘場面やカルメンの最後などさらっと流れて見やすかったです。
残念なのは一週目録画し損ねたのが悔やまれます。
by 加藤嘉一 (2017-03-14 03:11) 

fujiki

加藤嘉一さんへ
なかなか良い公演だったと思います。
「カルメン」は現行の演出ならば、
ゴタゴタとセットなど作るより、
演奏会形式の方がよほど楽しめるし、
集中出来ると思います。
by fujiki (2017-03-14 08:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る