So-net無料ブログ作成

川村毅「荒野のリア」(2016年再演版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
荒野のリア.jpg
2014年に初演された「荒野のリア」の、
一部キャストを変えての再演である、
吉祥寺シアターでの公演に足を運びました。

これはやや遅れてきた武闘派で理論派の演劇人、
元第三エロチカの川村毅さんが、
シェイクスピアの「リア王」を大胆に再構成し、
麿赤児(兒)さんがリア王を演じるという意欲作です。

作品は娘に追われて荒野をリア王が彷徨うという、
原作の第3幕から始まり、
原作の後半のみを、
休憩なし1時間40分のダイジェストで上演する、
という趣向です。

男性キャストのみの「リア王」で、
女性で唯一登場の不可欠なコーデリアは、
道化との2役で演じられます。

確かにストーリーを後半のみにすれば、
女性役は殆ど登場しなくても済みますし、
リア王の狂気を完全に主軸に据えることが出来るので、
社会で孤立し子供に捨てられた老人の狂気として、
普遍的で密度の濃い上演が可能となります。
それに加えてこの作品では、
矢張り子供に裏切られて盲目になる、
グロスターを手塚とおるさんに演じさせて、
その対比で狂気を対象化しているのもクレヴァーな工夫です。

演出も荒野を地球の外のように設定して、
大量の砂がキャストを押し潰すように落ちて来たり、
ラストに背後の幕に巨大な地球が映し出されるなど、
蜷川演出的な工夫もありますし、
リアの2人の娘を、
ヌードのピンナップガールの映像で処理したり、
戦いはバットの殴り合いで、
結構暴力的に処理しているのは、
如何にも川村さんの演出という感じもあります。

ただ、それでは心躍るような弾む舞台になっていたかと言うと、
必ずしもそうではありませんでした。

問題は主役の麿さんのポジションにあります。
麿さんは勿論稀代の怪優で、
僕は勿論大好きです。
その凄みのある風貌が年を重ねた今の姿は、
今回のリア役にはうってつけです。

ただ、麿さんは普通の台詞を、
普通のリズムで話すというようなことは、
出来るタイプの役者さんではなく、
そのまま台詞を喋ると、
物凄く間延びした、
へんてこりんな感じになってしまいます。

大久保鷹さんと同じように、
矢張り唐先生の台詞だと、
抜群にフィットして驚くようなリズムを持つのですが、
それ以外の台詞では、
どうも持ち前の不器用さ(決して悪い意味ではありません)が、
悪く作用してしまうのだと思います。

今回も演出の川村さんは、
非常に気を遣った演出をしていたのですが、
長台詞が有効に機能しておらず、
かなり間延びのした残念な感じになっていました。

今回は構成は大きく変えても、
台詞自体は原典を変えない、
というのが基本的なコンセプトです。

ただ、「何と言うつらい定めだ。この場で心が張り裂けてしまいそうだ」
というような、モロに翻訳調の台詞が、
これはキャストの全てに言えることですが、
短調な台詞廻しでリズムなく発せられると、
それだけでゲンナリしてしまうような気分になるのです。

今回の場合、
役者の藝質に合わせて、
台詞は書き換えるべきでは、
なかったのではないでしょうか?
松岡さんの翻訳は、
こうした演出の芝居には不向きだと思います。
勿論こうした台詞を違和感なくこなすような、
特殊な資質の役者さんもいるのですが、
麿さんを始めとして、
今回のキャストはそうではなかったと思います。

そんな訳で乗り切れない部分はあったのですが、
アングラの香気漂う意欲作であることは間違いなく、
出来ればもっと練り上げられた、
麿さんの持ち味を巧みにコントロールした、
次回作を期待したいと思います。
これではちょっともったいないです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 3

のりお

おはようございます。いつも先生のブログを拝見し勉強させていただいております。
本日のテーマとは無関係なのですが、先生の意見を頂けましたら幸いです。
麻疹についてなのですが、わたし、関西在住なので、先日、麻疹EIA-IgG抗体検査を受けました。
43年前に自然罹患しております。
抗体価が 10.6 でした。
かかりつけ医の先生は、8.0 以上あるのでワクチン追加接種は必要ないと仰られたのですが、ネットで調べると、環境感染学会のガイドラインでは、16以上となっていますし、先生のブログでも 12以下は追加接種を勧めると書かれておられますし、困惑しております。
現状として、ワクチン不足で当分は接種できない状況ですが、この16以上の数値は医療従事者向けで、私みたいな一般人は 8.0 以上あれば追加接種は不要と考えても良いのでしょうか?
ご意見を伺えませんでしょうか?
よろしくお願い致します。
by のりお (2016-09-25 09:57) 

fujiki

のりおさんへ
これは10程度ですと、
少し接触した程度では、
感染しない可能性が高いけれど、
家族内などで濃厚に接触した場合には、
感染する可能性は否定できない、
という数値とご理解頂けると良いと思います。
ただ、本当に以前の自然感染が確定と考えると、
通常はワクチンの免疫とは異なりますので、
ほぼ罹らないと考えて頂いても良いとは思います。
2度麻疹に罹るということは、
免疫の異常などがなければ、
基本的にはないと考えられるからです。
この辺はただ、以前の感染が麻疹ではなかった、
という可能性もありますので、
何とも言えないところです。
従って、慌ててワクチン接種、
という必要性はないのですが、
流行している状況では、
かかる可能性はゼロではない、
と考えて頂いた方が良く、
今後ワクチンに余裕が出たような段階で、
追加接種をして頂くのが安心かも知れません。
by fujiki (2016-09-25 13:45) 

のりお

お休みのところ早々にお返事頂けましてありがとうございました。
親の話と母子手帳を確認したところ、自然罹患は間違いないようです。年代的にワクチン接種がなかった世代なので、ワクチンも1回も受けたこともないようです。
でも、先生が仰られるように抗体を強化するために、ワクチン供給が落ちついたら接種しようと思います。
御教示ありがとうございました。

by のりお (2016-09-25 14:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る