So-net無料ブログ作成

「娼年」(作 石田衣良 脚本・演出 三浦大輔) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の演劇の記事になります。

それがこちら。
娼年.jpg
石田衣良さんの「娼年」と「逝年」を、
ポツドールの三浦大輔さんが戯曲化して演出し、
松坂桃李さんと高岡早紀さんが主演した、
見てビックリの舞台が、
今池袋の芸術劇場プレイハウスで上演されています。

三浦大輔さんは最近は舞台から、
映画などに軸足を移していて、
ポツドールのような活動はもうされないようですが、
今回はまあ期待された過激さを演じている、
という感じはあるもの、
ほぼ全編セックス描写のみが連続する、
という作品を臆面もなく上演していて、
普段は裸にはまずならないような役者さんが、
ほぼ全裸で次々と絡みを演じ、
勿論偽物ではありますが、
実際にザーメンが飛び、女性が放尿し、
フェラチオの効果音まで流れるという、
空いた口が塞がらないような作品になっています。

ストーリーラインはそれでいて、
正攻法の純愛と難病と少年の成長物語として成立していて、
後味は決して悪くはありません。

それほど舞台は出ていない映像のスターに、
何もこんな芝居をさせなくてもいいじゃないか、
という気はしますし、
これを本当に三浦さんがやりたいのだとすれば、
もっと小さな劇場で、
名前のそれほど知られていない役者さんでやった方が、
より完成度の高い伝説的な芝居になったのではないか、
という気もします。
劇場は大きすぎ、立派過ぎて、
客席の雰囲気も含めて、
今回のような煽情的な芝居を上演するには、
かなりの違和感がありました。
僕は2階の最前列での鑑賞だったので、
全体像を観ることが出来ましたが、
客席によっては、
「何をしているのか分からない」
という感じもあったのではないかと思います。
隠すところは隠さないといけないので、
死角が多く、
観客に不親切な舞台ではあったと思います。

ただ、前例のない作品であることは間違いがなく、
小劇場の劇団の多くが、
性を主題にした作品をしばしば上演していながら、
レオタードや露出の少ない衣装で、
腰の引けた絡みを演じている中で、
プロの凄みを見せたと言っても良いと思います。

内容は意外にオーソドックスで、
セックスシーン以外の場面の芝居も、
極めて普通に演出されています。
これはポツドール時代の三浦さんとは違いのあるところで、
かつては新劇的な芝居を拒絶するようなところがあったのですが、
今回は絡み以外は極めてオーソドックスで教科書的です。
破天荒なようで、
その辺のバランス感覚はなかなか的確だ、
という印象を持ちました。

メインのセックスシーンが、
作品として成立しているかというと、
それはかなり微妙なところで、
役者さんもこうした芝居は初めての人が多く、
何かたどたどしくぎこちない感じはあります。
こちらが気恥ずかしくなるような感じもあります。
腹を括ってセックスを主題にするのであれば、
もっと別の方法論もあり得たのではないか、
という気もしますが、
この気恥ずかしさが、
三浦さんの持ち味である、
という思いもあります。

そんな訳でかなり趣味的な作品なので、
とても一般の方にお勧め出来るような芝居ではありませんが、
三浦さん以外では、
まず絶対になしえなかった作品であることは間違いがなく、
再演なども間違いなくされないと思いますので、
ご興味のある方は一見の価値はあると思います。

怪作です。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る