So-net無料ブログ作成

男性ホルモン補充療法の長期効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は何もなければゆっくり過ごす予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
テストステロン補充療法の長期効果.jpg
今月のLancet Diabetes Endocrinology誌に掲載された、
男性ホルモン補充療法の長期効果についての論文です。

この問題については過去にも何度も記事にしています。
しかし、まだ結論は出ていません。

女性に更年期があり、
様々な体調不良の原因となるように、
男性にも更年期のような、
男性ホルモンの低下が加齢に伴って起こり、
それによって、
多くの体調不良が起こっているのではないか、
という推測は、
以前よりされてきました。

具体的には疲労感や抑うつ、
運動機能の低下、
性欲や性機能の低下などが、
男性ホルモンの低下と関連のある可能性を指摘されていました。

しかし、
それでは男性ホルモンの補充により、
そうした症状が改善するのか、
と言う点については、
性欲や性機能には一定の効果は見られるものの、
それ以外の症状については、
これまであまりポジティブな結果が得られていません。

それどころか、
心血管疾患のリスクが、
男性ホルモンの補充により増加するのでは、
という弊害を示唆するようなデータも発表されています。

日本では2007年にLOH症候群という名称の元に、
男性更年期を血液の遊離テストステロン濃度で診断し、
主に注射薬の男性ホルモン製剤で、
その治療を行なうというガイドラインを発表し、
一時的はテレビや週刊誌などでも、
画期的な治療として盛んに取り上げられました。

しかし、この日本の独自基準には多くの問題があり、
今ではあまりその通りに治療をされる先生は、
ガイドラインの作成に関わった先生の中でも、
あまりいらっしゃらないようです。

ただ、それではどんな場合においても、
高齢者に対する男性ホルモン補充療法が無意味で有害なのか、
というと、
そうは決してそうは言えないと思います。

男性ホルモンの使用により、
心血管疾患のリスクが増加するという知見にしても、
そうした増加はない、
という報告も存在しています。

2003年にアメリカ医学研究所(IOM)は、
男性ホルモン補充療法の厳密な検証の必要性を提言しています。

それを受ける形で、
2016年2月のthe New England Journal of Medicine誌に、
高齢者への男性ホルモン補充療法の効果についての、
精度の高い臨床研究が発表されました。

65歳以上で、
血液の男性ホルモンであるテストステロンの濃度が、
275ng/dL未満と低値であり、
うつ傾向や性欲低下、身体能力、疲労感などの指標が、
病気ではないものの低下を示していて、
男性更年期の症状が疑われる、
トータル790例を登録し、
対象者にも実施担当者にも分からないように、
くじ引きで2つのグループに分け、
一方はテストステロンのゲル剤を毎日塗布し、
もう一方は偽薬を塗布して、
1年間の経過観察を行なっています。

前立腺癌の既往や、
前立腺癌のリスクの高い場合、
3ヶ月以内の心筋梗塞や脳卒中の発症、
不安定狭心症や高度の心不全、
収縮期圧が160を超えるような高血圧、
顕性のうつ病などの患者さんは、
対象から除外をされています。
こうした項目に当て嵌る人は、
男性ホルモンの補充により、
リスクがあると想定されるからです。

その結果…

テストステロンゲルの使用により、
血液のテストステロン濃度は、
19から40歳の年齢層の基準値まで上昇しました。
このテストステロン値の増加は、
対象者の性欲や性衝動、勃起機能の改善と相関していました。
ただ、この性機能の改善は、
あまり持続的なものではなく、
勃起機能の改善は、
バイアグラのような勃起機能の改善のための薬剤の効果より、
低い有効性しか示してはいませんでした。

身体機能試験では、
解析法により若干の差が認められ、
活力試験では有意差はなく、
うつ尺度でも若干の差が認められました。

有害事象は副作用については、
両群で差がありませんでした。

男性ホルモン濃度の低い高齢者に、
男性ホルモンの補充療法を行なうと、
性欲の改善以外にも、
気力や体力に若干の改善が認められます。

ただ、その差は軽微なもので、
最も差が明瞭な性欲の改善についても、
勃起機能に限定すれば、
バイアグラのような薬剤に劣る程度の効果です。

1年程度の使用においては、
リスクのあるような事例を除外すれば、
比較的安全な治療だと考えられます。

ここにおいて問題になるのは、
1年を超える長期間の使用における安全性です。

今回の研究はカナダにおいて、
66歳以上の男性でテストステロンの補充療法を行なった、
10311名を、
年齢などをマッチさせた28029名のコントロールと比較して、
中央値で5年を超える経過観察を行なっています。

トータルで見ると、
テストステロンの補充療法継続群は、
未施行群と比較して、
総死亡のリスクが12%有意に低下していました。
(0.84から0.93)

ここでテストステロンの補充期間を、
その長さで3群に分けると、
補充期間の中央値が60日間の最小期間群では、
総死亡のリスクが1.11倍(1.03から1.20)、
心血管疾患のリスクが1.26倍(1.09から1.46)、
未施行と比較してそれぞれ有意の増加していました。

また、前立腺癌の発症リスクも、
補充期間の中央値が35ヶ月という最長期間群では、
未施行と比較して、
40%有意に低下していました。
(0.45から0.80)

つまり、
これまでの疫学データにおいては、
男性ホルモン補充療法は、
心血管疾患のリスクを高め、
死亡リスクにも悪影響を与え、
前立腺癌のリスクも増加させると考えられていました。

しかし、
今回のデータにおいては、
補充期間が2ヶ月程度の短期間では、
確かにそうしたリスクは増加しているものの、
3年以上という長期間においては、
総死亡のリスクも心血管疾患のリスクも、
更には前立腺癌のリスクも低下させている、
という意外な結果になっています。

これまでのデータは1年程度と、
確かに短期間のものでしたから、
これまでのデータとの整合性も保たれているのです。

ただ、これが事実であるとしても、
1年程度の短期間においてのリスク増加は否定出来ないため、
男性ホルモン補充療法においては、
矢張り心血管疾患や前立腺癌のリスク管理は、
重要であることは間違いがありません。

男性更年期の治療の是非は、
まだまだ確定的な答えが得られるものではないようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 2

47XYY

テストステロン治療ですか?
男性更年期の治療ではありません。
外見的な女性化は外科的にくいとめたのち、何故か放置されました。
20代から30代まで注射で補完していたのですが、基材にアレルギーを起こして注射は使えなくなりました。以来、ずっと錠剤です。
1日4錠までとか、厚生労働省のおかげ様で血中濃度がまったく上がりません。ほとんどが肝臓で解毒されるのでは。。。などと勝手に1日10錠以上経口してみたところ、みるみる値が上昇します。しかし、これも肝機能検査でひっかかるリスクが高く、肝機能改善薬を飲みながらでないと危険なのかな?と、仕方なく4錠経口に戻しました。
自分にはテストステロンを出せいうホルモンは存在していますし、微量のテストステロンがありますが、何も対処してないと常、更年期の女性状態になります。
テストステロン・エストロゲン、両方低値。
長年続けていたテストステロン経口を2年ほどやめていたのですが、あっという間に更年期状態に突入、というか余計ひどくなった感じ。体中わけのわからない症状に見舞われ、結局原因が特定できない腹痛が起こり、かつ、繰り返すようになり、性欲低下は当然ですが、疲れやすい、持続力が落ちたなどの諸症状が起こったのでやむを得ず治療を再開しました。
無いものは外から取らないといけないのだけれど注射は使えない。こうなると錠剤だけですが、肝機能と相談しながら治療しなきゃならない。
パッチ?ゲル?あったら是非使いたいものだ。
by 47XYY (2016-10-04 10:42) 

HR

47XYYさんへ、です(一般庶民の書き込み失礼致します)
はじめてコメント失礼いたします

論文は単純な年配者男性への治療かな?と思いますが、
47XYYのような人達も、年配男性が使えるゲルがあるなら
若い頃から使えたらいいですよね。47XYYの人でゲルなどを
使っている人達もいるでしょうか?
コピーして医師に見せたりすれば使えるようになるでしょうか?
とにかく、情報がより広まることを応援しています。
by HR (2016-10-06 05:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る