So-net無料ブログ作成

東京・春・音楽祭 歌曲シリーズvol17. タラ・エロート [コロラトゥーラ]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

本日は石原が研修会出席のため、
午前午後とも石田医師の担当となります。
受診予定の方はご注意下さい。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
タラ・エロート.jpg
東京・春・音楽祭の歌曲シリーズとして、
アイルランド出身のメゾ・ソプラノ、
タラ・エロートのリサイタルが1日のみ行なわれました。

エロートは今売り出し中の若手のメゾ・ソプラノで、
所謂ズボン役や、
ロッシーニのチェネレントラのような、
コロラトゥーラをレパートリーにしています。

今回の彼女のリサイタルは、
期待を遥かに超える素晴らしさで、
久しぶりに本物のドイツ歌曲の冷厳で豊饒な響きと、
本物のアジリタの至芸を堪能しました。

こうしたリサイタルを、
月に1回くらい聴く機会があれば、
もう芝居も映画も何もなくてもいいな、
というくらいに思ってしまいました。

このシリーズは歌手のチョイスが素晴らしく、
昨年のクールマンも絶品でしたし、
一昨年のマルリス・ペーターゼンも、
まさに待望の初来日でした。

ただ、歌曲だけのリサイタルになるので、
オペラで活躍している歌手の場合、
矢張りオペラアリアも聴いてみたいな、
という気持ちにはなるのです。

それが今回、タラ・エロートは、
ほぼオペラアリアと言って良い、
ハイドンのシェーナと共に、
プログラムのラストに、
本人が得意としている、
ロッシーニのチェネレントラのラストの大アリアを、
最初から予定に組み込んでいました。

僕の記憶では、
こうした大作のオペラアリアが、
この歌曲シリーズで歌われるのは、
今回が初めてではないかと思います。

勿論嬉しい驚きです。

それ以外はドイツ歌曲の名品が並ぶプログラムです。

彼女はドイツリートにはもってこいの、
硬質で深い響きのある美声で、
その歌い廻しも惚れ惚れとするような繊細さです。

それでいて声は強く声量もあって、
かなりダイナミックな表現も可能です。
シュトラウスも良いと思いますし、
ワーグナーも役柄によってはいけそうです。

アジリタはグルヴェローヴァやバルトリほど、
超高速という感じではないのですが、
早さや正確さも水準以上ですし、
何よりダイナミックな高揚感に満ちているのが魅力です。

チェネレントラの大アリアは、
少しダイジェストの感じはありましたが、
久しぶりにコロラトゥーラの素晴らしさを、
体感することが出来ました。

次は是非オペラの舞台で彼女の歌を聴きたいと思いますが、
なかなか実現は難しいかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る