So-net無料ブログ作成

認知症は減っている?(アメリカの大規模疫学データの解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
認知症の30年の発症率.jpg
今月のthe New England Journal of Medicine誌に掲載された、
アメリカの大規模疫学データの解析による、
この30年間の認知症の発症頻度の推移についての論文です。

認知症は言うまでもなく、
高齢化社会における大きな問題です。

認知症は病気ではありますが、
老化の1つの形態であると言うことも出来るので、
高齢化が進むにつれ、
患者さんの数も増加することが想定されます。

ところが…

実は最近認知症は減っている、
という予想外のデータが、
アメリカでは報告されています。

これは、総数が減っている、という意味ではなく、
特定の年齢層の認知症の発症率が、
年を追って減少傾向にある、
という意味です。

しかし、研究によっては、
その反対の結果も報告されており、
この問題については、
明確な結論が出ていない状態でした。

今回の研究は、
アメリカで最も有名な疫学研究である、
フラミンガム心臓研究の対象者に対して、
認知症に対するサーベイランスを行ない、
年代毎の認知症の発症率を比較検証しています。

その結果…

年齢性別で補正した、
各年代の認知症発症率は、
1970年代後半から1980年代前半には、
100人5年当たり3.6人であったのに対し、
1980年代後半から1990年代前半には、
100人5年当たり2.8人、
1990年代後半から2000年代前半には、
100人5年当たり2.2人、
2000年代後半から2010年代前半には、
100人5年当たり2.0人と、
年代が下る毎に認知症の発症率は低下していました。

1970年代後半から1980年代前半と比較すると、
2000年代後半から2010年前半の認知症発症率は、
実に44%低下していることになります。

この発症リスクの低下は、
学歴が高校卒業以上という、
比較的学歴が高い群に限って認められていました。

しかし、APOEのε4遺伝子の有無や、
他の心血管疾患のリスクなどで、
その低下は部分的には説明可能でしたが、
全ては説明することは出来ませんでした。

つまり、
少なくともアメリカにおいては、
この30年で認知症の発症率は低下していて、
その原因は現時点では不明ですが、
学歴の高いグループで低下率が高いという事実は、
生活習慣病の改善のための公衆衛生的な取り組みが、
一定の効果を認知症予防に対しても、
挙げている可能性を示唆している、
という結論に、上記文献はなっています。

本当にそうでしょうか?

正直疑問に感じるところがあるのですが、
このような傾向が日本にもあるかの検証を含めて、
データの蓄積とその解釈の進展に期待をしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(28)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 28

コメント 4

林檎

初めまして。だいぶ前の記事なのですが、好酸球性肺炎についての記事を読ませて頂きました。

3年前に好酸球性肺炎と診断されステロイド治療をしました。
一時的によくなるものの、冬になるとまた胸のあたりに違和感が出てきて少し息苦しくなります。病院に行くとレントゲンは白くもやもやしたものが写っており、血液や痰の検査でも好酸球の値が高いため、またステロイド治療に逆戻りしてしまいます。これを毎年くりかえしています。

そして今現在もまた胸のあたりに違和感を感じます。特に深呼吸をすると圧迫感があります。
ですが熱も咳もなく、症状といえは胸の違和感のみです。

症状が軽くても好酸球の値が高かったら好酸球性肺炎と診断されてしまうのでしょうか?
また自然に良くなることはないのでしょうか?

好酸球ノイローゼのようになってしまっていて、精神的にも不安定です…

お返事まってます
by 林檎 (2016-02-24 14:15) 

fujiki

林檎さんへ
好酸球性肺炎の診断は、
厳密には気管支鏡検査を行なって、
病変の部位で好酸球が増えていることの証明が必要です。
ただ、以前にそうした診断がされていて、
その後の症状の出方やレントゲン所見が同一であれば、
毎回気管支鏡検査は必要ではないと思います。
一般論で言えば、
好酸球性肺炎の治療には、
ステロイドを使用します。
ただ、これは一時的に使用して、
再発はしないことを前提としているので、
毎年繰り返すような病態で、
どのようにステロイドを使用するべきか、
という点はまだ結論が出ていないように思います。
季節性の経過であり、
自然に改善する可能性はあると思います。
レントゲン等の診断は、
矢張り行うべきだと思いますが、
肺炎の状態も軽度であれば、
主治医の先生ともご相談の上、
慎重に経過を見る、という選択肢も、
あるようには思います。
by fujiki (2016-02-24 16:33) 

Nagano

少しの時間が出来た時は先生のブログ訪ね、たくさん勉強させて頂いております。有難うございます。

内科診療や、認知症診療、訪問診療、ガンの緩和や看取りなど仕事でさせて頂いております。

環境の変化、栄養状態の変化、食べ物の変化など影響する要素は色々考えられる様に思います。
特に当地信州では長い冬の寒さの中、換気の悪い住居環境、生活スタイルになってきているにかかわらず、煙突なしのストーブ(都会でもあると思いますが、石油ストーブやファンヒーターなど)を焚いている家庭が多く、それにより慢性の低酸素脳症(行政のホームページでは、大気中CO濃度×暴露時間でダメージ蓄積、高齢者ほどダメージ受けやすいなどの情報公開あり)により認知機能障害(私が認知症疾患センターもしている当院の認知症外来に出させていただいていた時にも除外診断でしか診断出来ないアルツハイマー病様の症状ですが受診者の1割以上が、ガス・石油ストーブや豆炭こたつなどの影響による脳の障害と明らかに思う病歴経過をたどっている様に思われました)が出現しているのではと感じております。サッシの復旧による気密性の改善された住環境や高齢化、世帯の縮小化(部屋の出入りや開け閉めが極端に減ることにつながる)の中、冬はやはり火を室内で焚いていることが多いことが、生活習慣病の増加や高ストレス化社会の影響や高齢化以外で、日本での認知症増加の原因に寄与している要素になってないかと勘ぐっており、そういう影響による認知症患者さんは意外と、日常臨床で気付いていないだけで、隠れているのではないかという論文の発表を余裕があればしていきたいと考えております。
同じ日本国内でも、沖縄などと東京や長野あたりの認知症の割合や生活環境の違いを比べてみると良いのかもしれないと思ったりしています。
by Nagano (2016-02-27 22:55) 

fujiki

Naganoさんへ
貴重なコメントありがとうございます。
また研究結果など分かりましたら教えて頂ければ嬉しいです。
今後共よろしくお願いします。
by fujiki (2016-02-28 12:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る