So-net無料ブログ作成
検索選択

DPP-4阻害剤による心不全リスクについて(2016年のメタ解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
DPP4阻害剤の心不全リスク.jpg
今年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
DPP-4阻害剤という、
特に日本で広く使用されている、
2型糖尿病の治療薬に関わる、
心不全のリスクについての論文です。

DPP-4阻害剤は、
インクレチン関連薬というタイプの、
経口糖尿病治療薬で、
シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ)、
ビルダグリプチン(エクア)、
アログリプチン(ネシーナ)、
リナグリプチン(トラゼンタ)、
サキサグリプチン(オングリザ)、
テネリグリプチン(テネリア)、
アナグリプチン(スイニー)
などがそれに当たります。

このタイプの薬は、
海外では第一選択薬のメトホルミンに、
次ぐ第2選択薬の1つという位置付けです。
血糖降下作用自体はマイルドなのですが、
低血糖を起こしにくく、
使い易いことが利点です。
そのため、
日本ではより広く使用がされていて、
第一選択薬と言っても良いような使用のされ方です。

その一方で、
膵炎や膵臓癌のリスクを増加させるのではないか、
という報告と、
心不全のリスクを増加させるのではないか、
という報告とがあり、
その安全性について、
疑義が寄せられるようにもなっています。

2013年のNew England…誌に掲載された、
SAVOR-TIMIという大規模臨床試験の結果では、
DPP-4阻害剤のサキサグリプチンの使用により、
心不全による入院のリスクが、
1.27倍有意に増加していました。
その後行われたアログリプチンとシタグリプチンについての、
同様の診療試験では、
心不全による入院リスクの増加は認められませんでした。
つまり、DPP-4阻害剤に、
心不全を悪化させるような作用があるかどうかについては、
現時点で明確な結論が得られていません。

今回の研究は、
これまでの介入試験及び観察研究の結果を、
まとめて解析することにより、
この問題についての現時点での結論を、
得ようと試みたものです。

その結果…

心不全そのもののリスクを扱った、
38の介入研究と言われる精度の高い臨床試験のデータを、
まとめて解析すると、
心不全のリスクに、
DPP-4阻害剤と偽薬との間で、
差はないという結果が得られました。
一方で心不全による入院のリスクについて、
検討されている5つの介入研究をまとめて解析すると、
1.13倍(1.00から1.26)と、
非常にわずかながらDPP-4阻害剤の使用による、
リスクの増加が認められました。
介入試験よりは精度の低い、
観察研究のデータでは、
シタグリプチンの検討のみにおいて、
やや心不全入院リスクの増加傾向が認められましたが、
統計的には有意なものではありませんでした。

結論としては、
現時点で心不全による入院が、
DPP-4阻害剤により増加するという、
明確な根拠はないのですが、
データによってはやや増加した、
という結果は散見され、
特に心不全のリスクとなるような、
心臓の疾患を持っていたり、
そのリスクが高いような患者では、
よりその影響は大きいことが示唆されています。

従って、
現時点での判断としては、
心機能が低下していたり、
そのリスクが高いような患者さんでは、
DPP-4阻害剤の使用は、
より慎重に考えた方が良いのではないかと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る