So-net無料ブログ作成

中田秀夫「劇場霊」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
昨日レセプトを出したので、
今日は少しほっとしています。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
劇場霊2.jpg
恥ずかしいので内緒にしていたのですが、
ホラー映画と特撮映画を映画館で見るのが大好きなので、
気の迷いで見に行ってしまいました。

中田秀夫監督は、
間違いなくジャパニーズホラーのパイオニアで、
1996年の「女優霊」と、1998年の「リング」は、
それまでの怪談映画とは全く別物の怪奇映画を、
日本において開拓しました。

彼と鶴田法男監督は、
全く前例のない恐怖演出を考案したという点で、
間違いなく歴史に残ると思います。

1998年の「リング」と「らせん」の、
2本立てのホラー映画のロードショーは、
その内容の充実度と斬新さとで、
多くの観客の度肝を抜きました。

しかし、その後の中田秀夫監督の作品は、
ホラーとしては「女優霊」と「リング」を超えるものはなく、
「なんでこんな珍妙な作品になってしまったの?」
と画面に問い掛けたくなるような作品の目白押しです。

中田監督自身も、
あまりホラー映画に執着はないようで、
むしろ一般映画を主軸として活動しているのですが、
そちらの成果も、
全てを観ている訳ではありませんが、
正直かなり珍妙で疑問に思います。

今回の作品は、監督が注目されるきっかけとなった、
めちゃくちゃ怖い「女優霊」の続編的な宣伝がされていたので、
企画が秋元康さんで、
主役がAKBの島崎遥香さんという辺りに、
不安は感じたのですが、
騙されて見てしまいました。

結論的にはびっくりするほどレベルの低い作品で、
テレビのホラー企画的なものと、
殆ど違いがないか、
より低レベルの物語であり演出で、
中田監督は一体どういう心持ちで、
このような作品を世に出したのだろう、
監督は本当にこの作品の完成版を、
自分の眼で見たのだろうか、
と問い質したくなるような代物でした。

以下ネタバレがありますが、
この作品をお金を出して見ることには、
絶対に賛同は出来ません。

内容は人形怪談で、
ある人形師の妻が自動車事故で死亡し、
悲しんだ人形師はその妻の生首を埋め込んだ、
生き人形を作るのですが、
その人形が生きている人間に嫉妬して、
2人の娘を口から精気を吸い取るという方法で殺してしまいます。
それを知った人形師は生き人形を破壊しようとして、
その途中で警察に捕まり、
20年後に人形の首が、
演劇の舞台の小道具として使われることになったことから、
再び人形が次々と人間を殺すという事態になります。

主人公は島崎さん扮する売れない新人タレントで、
そのお芝居に出演することになったことから、
事件に巻き込まれるのです。
島崎さんをいじめたスタッフは皆人形に殺され、
最後に逆襲した島崎さんが、
杭のようなもので人形の首を突き刺してあっさり勝利し、
1年後には島崎さんは売れっ子になっている、
というハッピーエンドを迎えます。

まずは物凄く話が古めかしくて、
とてもリアルに怖がる気分になれません。
オープニングは中田監督得意の豪雨の中で、
20年前の人形による人形師の娘2人殺しが描かれるのですが、
あまりに凡庸で安っぽい描写なので、
これを真面目に見て欲しいのか、
それとも何かのパロディのつもりなのか、
いきなり当惑してしまうのですが、
話が進んでも凡庸で安っぽい描写はそのままなので、
その時点で殆ど画面に対する興味はなくなってしまいます。

おそらくは古典的な怪奇映画への、
オマージュのような感じを狙ったのだと思います。
黒沢清監督の「スイートホーム」のような感じです。
しかし、成功はしていません。
肝心の怪奇描写も何処かの物まね的なもので、
それも出来の悪い物まねになっています。
せめて、抜群に冴えていた、
かつての自分の演出の物まねなら良いのですが、
そうではないのです。
人形が精気を口から吸い取る場面は、
「スペースバンパイア」そのままです。
人形は最初こそ、
カクカクと、貞子のような動きを見せるのですが、
後半になると、
仮面を付けた女優さんがただ動いている、
という丸分かりのものになってしまうので、
「今時何をやっているの?」
と画面を叱りたくなってしまいます。
怖さの欠片もなく、センスの欠片もありません。
「あ、ここはちょっと冴えてるな」
と思えるようなところは、一瞬たりともないのです。

そんな訳で新春から、
とてもガッカリして劇場を後にしました。
もう中田監督は絶対に信用しません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い連休をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る