So-net無料ブログ作成
検索選択

ルメートル「その女アレックス」とフランス・ミステリーの世界 [ミステリー]

あけましておめでとうございます。
北品川藤クリニックの石原です。

今年もよろしくお願いします。

例年通りで今日から3日まで奈良に出掛ける予定です。

あまりお正月向きの話題ではないのですが、
今日はこちら。
その女アレックス.jpg
一昨年に最も注目を集めた翻訳ミステリー、
ピエール・ルメートルの「その女アレックス」を、
遅ればせながら読みました。

ルメートルはフランスのミステリー作家で、
これまでに3つの長編ミステリーと、
1つの普通小説が翻訳されています。

長編ミステリーを発表順で言うと、
「悲しみのイレーヌ」、
「死のドレスを花婿に」、
そしてこの「その女アレックス」ということになります。

このうち、
「悲しみのイレーヌ」の続編が「その女アレックス」で、
この2作はシリーズものですが、
「死のドレスを花婿に」は独立したノンシリーズです。

僕は年代順に3作品を読みましたが、
矢張り「その女アレックス」が抜群で、
この作品は警察小説やサスペンスの色々な要素を、
うまく1つにまとめていて、
一見水と油のような要素が、
巧みに結び付いて、
それが意外性となって読む者を魅了するのです。

特にラストの趣向は、
シリーズ物の警察小説の定番のものなのですが、
前半を読んでいる限り、
とてもこんな趣向に結び付くとは思えないので、
ある種のカタルシスがあるのです。

ただ、正直それ以外の2作品は、
標準的なフランス産ミステリーという感じで、
意外性も不発に終わっていると思いますし、
悪趣味で悪乗りの割に、
辻褄が合わないところが多いので、
あまり感心はしませんでした。

週間文春のミステリーのベスト10では、
「その女アレックス」に続いて、
今年は「悲しみのイレーヌ」がベスト1に輝いているのですが、
これは明らかに前年の作品に引きずられた結果で、
アンケート集計形式のベスト10の、
悪いところが出ていると思います。
とても、1位になるような作品ではないからです。

フランスのミステリーは、
かなり昔から欧米のミステリーに、
影響されているようなところがあるのですが、
それでも独特の屈折した感じや、
倒錯的なエロスの描写、
意外にトリッキーな部分などがあって、
僕は昔から大好きな世界です。

黄金時代のトリッキーなステーマンもいいですし、
ダークなノワールのシムノン、
絶望感満載のサスペンスのアルレーやモンテイエ、
トリックや叙述ミステリーとサスペンスを融合させた、
ボアロー&ナルスジャックやジャプリゾ、
コミカルな技巧派エクスブライヤ、
カーを敬愛する新本格派のアルテなど、
多士済々なのです。

そのフランスミステリーの名人の列に加わるには、
まだ何となく未知数の感じもあるのですが、
今後も翻訳紹介の継続をお願いしたいと思います。

これから読まれる方には、
どちらかと言えば「その女アレックス」のみを、
最初から読まれることをお勧めします。

それではそろそろ出掛けます。

今年が皆さんにとって良い年でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(24)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 4

末尾ルコ(アルベール)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

わたしも最近読みました。フランスのミステリ、ポップなのにねとっと人間を描くいているのが楽しいです。

                     RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2016-01-01 08:22) 

ちょんまげ侍金四郎

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
by ちょんまげ侍金四郎 (2016-01-02 16:07) 

ぼんぼちぼちぼち

あけましておめでとうございやす!
昨年はずいぶんたくさんの舞台を鑑賞されたのでやすね!
今年もいっぱい楽しまれてくださいでやす\(◎o◎)/
by ぼんぼちぼちぼち (2016-01-03 19:15) 

(。・_・。)2k

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します(^^)

by (。・_・。)2k (2016-01-05 12:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る