So-net無料ブログ作成
検索選択

桑原裕子「痕跡(あとあと)」(2015年再演版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は石原が講習会出席のため、
午前午後とも石田医師の担当となります。
また、午後5時で診療を終了とさせて頂きますので、
ご了承下さい。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
痕跡.jpg
桑原裕子さんが率いるKAKUTAにより、
2014年に初演された「痕跡(あとあと)」が、
今三軒茶屋のシアタートラムで再演されています。

鶴屋南北戯曲賞を受賞するなど、
作品としての評価も高く、
初演は観ていなかったので、
どんなものだろうと思い出掛けました。

これは非常に素晴らしくて、
シンプルでベタな話ですが、
素直に感動出来ます。

休憩なしで2時間20近い長尺ですが、
オープニングから完成度の高いセンスのある演出に、
「おっ!」と思いますし、
人物紹介がちょっとまどろっこしくて、
場面のお尻がだらっとした感じに長いので、
「おやおや…」と思うのですが、
個々の人物の心理が掘り下げられて来ると、
「ふむふむ…」という感じになり、
後半に決定的な名場面があって、
胸を熱いものがこみ上げると、
そこからは感動の涙で視界は曇り、
ラストまで一気に駆け抜けます。

ままごとの「わが星」とともに、
今年一番素直に感動出来た1本で、
演劇というものの、
シンプルに一番良い部分を、
正攻法で見せられた感じがしました。

上演は14日までですが、
ここまでの作品はざらにはありませんので、
ご興味のある方は是非。
心からの感動をお約束します。

以下ネタバレを含む感想です。
観劇予定の方は必ず観劇後にお読み下さい。

10年前のある雨の日に、
両親がけんかをしていた家を飛び出した少年が、
車にひき逃げされて、
そのまま行方不明になってしまいます。

その生死は不明のままで、
その後離婚した母親も、
半ば息子をあきらめていたのですが、
自分が癌で余命半年の宣告を受け、
最後に一度だけ息子に逢いたいと、
フリーのカメラマンと義理の妹と協力して、
息子を探し求める旅に出ます。

実はその少年は、
借金を抱えて自殺をしようとしていた中年男に助けられ、
記憶喪失であったために、
実の息子として育てられていました。

ひょんなことからその中年男と、
行方不明の息子、そして息子を探し求める母親が、
出会ってしまうので、
秘密を抱えながらそれまでは平穏であった、
中年男の日常は崩れ始めます。

その一方、
10年前に少年をひき逃げした、
サラリーマンにも人生があり、
それがまた運命のいたずらで、
犠牲者の少年の母親と出会ってしまうのです。

この極めてベタな物語を、
抑制的なタッチで描いて行きますが、
中年男の勤めるクリーニング店で、
母親は息子に再会し、
一目で母親は息子であると確信して声を掛けるのですが、
息子にも中年男にも、
中年男を守る店の経営者にも否定され、
自分の信念が揺らいだことに愕然として、
母はその場を去ります。

この場面が非常に素晴らしくて心に沁みます。
変にお涙頂戴にはならないところが良いのです。

ひき逃げしたサラリーマンの苦悩と、
決断出来ないまま全てを失うラストも、
厳しくて良いですし、
中年男の最後の決断も切なく胸に沁みます。

作劇としては、最後まで行方不明の少年が、
記憶を取り戻さない、という点が面白く、
ラストは映画のように、
母と子がすれ違った瞬間で幕が下ります。

要するに過去を忘却することが、
人間にとって幸せの一番の近道であるのだけれど、
過去はそれでも執拗に追い掛けて来るので、
そううまくはいかない、ということなのだと思います。

登場人物は多く、主筋以外にも、
外国人の偽装結婚の話などが絡みますが、
そうした脇筋と主筋との絡ませ方が極めて巧みで、
それぞれの人物にそれぞれの見せ場があり、
キャラクターが全て埋没していない、
という点に感心します。

演出はなかなかスタイリッシュで巧みなもので、
映像により雨や人物を表現する手法が活きています。
それでいてクライマックスは、
余計なことをせず、
シンプルに演技で見せている、
というところが良いのです。

役者も皆好演で、
所謂華のある人は出ていないのですが、
それを逆手に取ったように、
「冴えない人間達の葛藤」を、
リアルに演じて味があります。

中年男を演じた客演の松村武さんと、
母親役の斉藤とも子さんがとても良く、
ひき逃げ犯の苦悩を演じた佐賀野雅和さんも心に残ります。

総じて、
今ちょっと恥ずかしくてやりにくい、
「母子もの」を、
実際の事件などのディテールを絡めて重層的に構成し、
極めて真摯に舞台化した姿勢が素晴らしいと思います。

ご興味のある方は是非。
必見と言って良い水準だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る